ケルト語

特殊言語の一つで出番は冒険クエのみ。したがって、冒険家以外は不要。
しかも必要なクエ自体が片手で数える程度しかない。
やはりメモで代用可能…なのだが、地味にケルト語は独立した翻訳メモになっていてしかも翻訳家は売っていない。
言語学でメモを作れるが、必要な時に必ずしも売っているかは微妙なところなのでたまたま副官が持っていれば役に立つなんてこともある。
が、基本的にこれを目当てで副官を雇う選択はない。そもそもスキルが必要になる場所がロンドンや近辺なんで、素直にシェイクスピアのところに行って覚え捨ればいい。
一応、エジンバラとダブリンの言語であるが、両都市とも英語が通じるのでこの点でもメリットかというと…

習得副官

アイザック
エドガー
ライツェン
リサ

非優遇習得

都市:ロンドン(シェイクスピア)


名前:
コメント: