※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

重度な負のエネルギー優勢

  • 毎ラウンド頑健セーヴ(難易度25)を行わなくてはならず、失敗するたびに負のレベル1を得てしまう

魔法の増強

  • 負のエネルギーを使用する呪文や擬似呪文能力は、威力最大化される。
  • 負のエネルギーを用いるクラス能力、例えばアンデッド威伏やアンデッド支配は、作用を受けるヒットダイスを決定するためのロールに+10のボーナスを得る。

魔法の阻害

  • 正のエネルギーを使用する呪文や、擬似呪文能力(キュア呪文を含む)は阻害される。
  • キャラクターはこの次元界においては、エネルギー吸収によってもたらされた負のレベルを回復するための頑健セーヴィングスローに-10のペナルティを被る。