※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

英雄点

PCは作成時に、英雄点を6点与えられる。
英雄点を消費して、以下の特典を得ることができる。
特記されていない限り、各種特典は既存の能力や、複数取得により単純に累積する。
英雄点はキャラクター作成時に全てを使わず、残しておくことができる。

1ポイント

  • 任意の能力値に+2ボーナスを得る
  • 任意の技能ランクに+4ボーナス
  • 入手する経験値に+20%ボーナスを得る
  • ダメージ減少2/アダマンティンを得る
  • エネルギー抵抗(任意の一つ)10を得る
  • 種族HDを1減少させる(マイナスにはならない)
レベルアップ時に種族HDを再取得した場合、使用した英雄点は払い戻される
  • サイズを一段階小さくする
  • 前提を満たす特技を1つ取得する
  • 属性を善に変更する(悪の来訪者を含む)

  • WoC社製のルールブックを1冊使用できる
  • Dragon誌、Dungeon誌を1冊利用できる
  • WEB記事(http://www.wizards.com/~)を全て利用できる

2ポイント

  • LAを1減少させる(マイナスにはならない)
  • 任務毎/レベルアップ毎に、準備金としてECL*1000gpを得る
 (10レベルを超える1レベル毎に、+10000gp)
  • 一つのエネルギーへの完全耐性を得る。

  • d20ロゴの付いたルールブックを1冊使用できる
  • Dragon誌、Dungeon誌を全て利用できる

  • CR+1のテンプレートを一つ適用(モンスターのみ)

5ポイント

  • サイズを一段階大きくする

NPCの英雄点

  • 腹心、使い魔、動物の相棒、特別の乗騎、サイクリスタル、招来、招請されたモンスター、アストラルコンストラクト、エフィギーは、3ポイントの英雄点を持つ。
  • 購入された動物は、英雄点を持たない。
  • 準備金の特徴を取得した場合、計算には主人のECLを使用し、入手タイミングも主人のレベルアップまたは、任務開始時となる。
  • 準備金の特徴を、招来、招請されたモンスター、アストラルコンストラクトが取得した場合、呪文の持続時間終了後に、全ての資金・装備は失われる。持続時間中に、この特典により得られた資金で買い物をすることは禁止する。
  • 主人とNPCの使用ルールは別々に取得する。どちらの英雄点で取得するか判断が微妙な場合、DMに個別相談。

モンスターの英雄点(邪悪点)

  • モンスターは、3ポイントの英雄点を持つ。
  • 追加英雄点2点を得るために、CRを+1してもよい。
  • 準備金の特徴を取得した場合、ECLの代わりに、CRで算出する。

モンスターの英雄点を、混沌点、邪悪点と呼ぶことがある。

英雄点の入手

  • 英雄点はセッションの参加によりPLに与えられることがある。
  • PLは所有している英雄点を、自分のPCに与えることができる。
  • 高レベルセッション参加者は、参加特典を英雄点2点に変更できる。

Q&A

経験値優遇を複数取得したらどうなりますか
例えば、英雄点6点を消費した場合、+120%となります。中レベル域で、+2~+3レベルとなります。
LAがもともとマイナスのテンプレートを使用した場合はどうなりますか
例えば、LAが-4のミニチュアテンプレートを使用した場合、経験値ゼロの初期状態(ECL1)の段階で、クラスレベル5を得ることができます。

英雄点修正案