※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

至高の電波。電波中の電波。



220 1/2 sage 2005/12/29(木) 16:31:06 ID:seBhiaQd

息子「とうさんーーーーーー!!!!!」
父親「わたしは倒産などしておらん!!」
息子「会いたかったよー倒産~~~~!!!俺、この801巻ずっと父さんのこと探してたんだ。こんなところに居たんだね、父さん!」
父親「解せぬ」
息子「解せないか」
父親「801巻が解せぬのだ。年に置き換えてあるとしても801とは如何な」
父親「くコ:彡←いか」
父親「私はイカだ」
父親「いや鳩だ」
息子「僕はイカですか鳩ですか父さん」
父親「…今日は天気が良いな息子よ。散歩にでかけてくるぞ。くるっくーーーーーーー(ばさばさばさ)」
息子「愛し合いましょう倒産」
息子「ばさばさばさ」
父親「追ってき」
父親「たー!」
息子「愛し合いましょう父さん」
息子「ばさーらばさーら」
父親「ところでこのまま行くと木にぶつかるな息子よ」
ぐさっ
息子「刺さった!」
父親「一体どこの部分で木に刺さってるんだ私達は…」
息子「しっぽ」
父親「破廉恥な想像をしてしまったぞ私は…」
息子「どんな想像ですか父さん」
父親「言えないな」
息子「いえないなら態度で示そうよ~」
息子「ほ~らみんなで」
息子「1・2・3」
父親「お前は母に似て人間の姿をしていると思っていたら、しっぽも羽もあるのだな」
息子「母さんは人間ですか父さん」
父親「学だ」
息子「学?」
父親「弟だ」
息子「弟と結婚したんですか父さん」
父親「できちゃった婚だった…」
息子「俺はどうやって生まれたんですか父さん」
父親「それを私の口から言わせる気か」
息子「俺だって家族のこと知りたいです父さん」
父親「ならばお前のいう通り態度で教えてやろう(服脱ぎ)」
父親「着てたの!?」
息子「着てたの?!」
息子「俺も着ぐるみ脱ぎます父さん(ぬぎぬぎ)」
父親「どうだ息子よ…これが私の真の姿だ!」
息子「ああ…っ父さん!格好いい!!!」
父親「ふふふ…お前もたくましくなったな…なでなで」
父親「さすりさすり」
息子「///どこさすってるんですか父さん!」
父親「もみもみ」
父親「こねこね」
息子「こね?!」
息子「どここねてるんですか父さん!」
父親「…ああもう辛抱できん。行くぞ息子よ!(刺し)」
息子「うっ?!何を刺したですか…とうさん…」
父親「ふふふ…私の特大ニンジン並みのビッグなあれさ」
息子「ああっ父さんの熱い……」
父親「…っ息子よっ…、お前の中も熱いぞ…蕩かされそうだ」
父親「しっぽ刺さった者同士どうやってるんだ」
息子「もう着ぐるみ脱いだからしっぽないです」
父親「…はぁっ息子つ…ちなみに私達は今木から落下中だな…うっ」
息子「あああっ父さん……」
息子「落ちるぅぅぅ」
父親「はっ…はぁっはぁっ、、ッ…!(←中出し。)←孕ませた」
息子「もう孕んだの?!早いよ!」
父親「さすがだろう(自慢気)」
父親「ふふ…お前もこんなに出して←指に絡め取り」
息子「なっ…父さん!///」
父親「←そして舐めさせ」
息子「んんんっ」
息子「すっぺーーーー!!!」
父親「←そしてキス←そして第2ラウンド」
息子「ああっ父さん!待って、もう…」
父親「すっぱい…何故すっぱいんだ息子よ-----(←腰打ちつけ始める)」
息子「うあっああっやめっ…あああああっ!」
息子「おとーさーん」

ぐしゃっ←落ちた。