※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮澤賢治、長野まゆみ、文学者も愛する
天文に触れた幻想的電波です。



442風と木の名無しさんsage03/09/14 16:02 ID:UtbAIx6e
「今朝金星を見たよ」
「嗚呼、私が両目を塞いでいたのに貴方は」
「構わないのだ。氷点下の黄金に彼は燃えていたから」
「何を暢気なことを仰っているのです」
「ご覧。りりりりりりと大気が震えている」
「貴方を悼んでいるのです」
「愉快なものだ。あの溶け合った鴉は何処へ行くのだろう」
「骨を燃やしに行くのでしょう」
「さぁお前の姿を目に焼き付けていこう」
「ならば破片を掻き集めましょう」
「口付けをしておくれ」
「貴方は金星の風のにおいがする」


326 :長文スマソ :04/07/07 03:56 ID:dWwCv+Xt
受「おやこんなところにいたのだね攻」
攻「いや随分と前からここにいたよ受」
受「てっきり俺は君が木星にいってしまったかと思っていたよ」
攻「いやいやそれはないね。俺は高所恐怖症だから」
受「かってに出かけるなんてひどいな」
攻「なぁどうしてここに受がいるのだろう」
受「いまさらな質問だな攻。会いたかったから来たのだよ。たくさん探した」
攻「でも受け、ここはね。来てはだめなんだ」
受「金星の方向で電波受信したのだ。そうしたら攻がいた」
攻「みんなが待っているよ」
受「ガイア仮説をしっているかい。世の中はバランスなんだよバランス」
攻「いいから早くお帰り。もう送り出す準備は出来ているのだろう」
受「なんだいそう急かすなよ。俺はもう少しここにいるんだ」
攻「いったいこんなところでなにをするというのだ」
受「ノイズが鬱陶しいな。もうすこしだけこのままでいいだろう。久しぶりなんだ」
攻「はやくしないといけない。戻って早く」
受「いやだね。ああほら、今星が生まれた。聞こえただろう」
攻「やっぱりだめだ。帰るんだ受。ここにいてはいけない」
受「なら今度はいつ攻に会えるんだい」
攻「ん?」
受「だからいつ会えるのだと聞いているんだ」
攻「もうあえないよ。賛美歌を唄っただろう」
受「うそだね。お前が俺を置いていくはずがないのだ」
攻「ああそれが叶えられたらどれだけ幸せだったか」
受「永遠を誓ったではないか」
攻「なかったんだよ永遠なんて。ごめんよ受」
受「いつまでもここで俺を待っていてくれるかい攻」
攻「よろこんで待つよ受。木星の雨がやむまでね」

380 :風と木の名無しさん :04/07/26 02:24 ID:y8YcgKgh
受「あの星を一番最初にとってくれたのは父さんだった」
攻「プレヤデス星団、ヒヤデス星団、アンドロメダ、」
受「父さんは何でもできたよ。何でも」
攻「天の川に水を流すことも?」
受「できたよ。そんなこと簡単にできたよ」
攻「……アルキオネ…、カシオペヤ、スピカ」
受「夏には俺の手に白鳥座の羽毛を降らせた、」
攻「あ、デネブ」
受「冬は雪の上に、犬を二匹くれた」
攻「シリウスとプロキオンか」
受「でももらった星はすぐ溶けちゃったんだ。
  びっくりするくらい早く。
  ……見えた?俺の星。次、俺が見るよ」
攻「本当に、あるのか?二等星にしたんだっけ?」
受「あるよ。絶対ある。この俺が父さんにプレゼントしたんだから」
攻「見つけたら?」
受「こっから、手を振るよ。そしたら向こうも手を振る」
攻「おまえのこと、ちゃんと分かるかな」
受「いつだって父さんは俺を見つけたよ」
攻「じゃぁ俺も手を振ろう」
受「あ、」
攻「見えた?何が見えた?」
受「いた。あはは、すごい笑ってる」
攻「幸せで仕方ないんだよ」
受「あんなに、手ふってる。ちぎれるくらい」
攻「俺たちも振りかえそう?泣いてないで」

951 :風と木の名無しさん :05/06/22 23:19 ID:52qKSBne 
「それはちょうどあれやな、オリオンとサソリみたいなもんや」
「なにかっこつけたこと言うてんの。星なんかみたことないくせに」
「あるっちゅうねん星ぐらい。あっちの銀河つくったん俺やぞ」
「だからあそこの星は家帰る時ちっとも役に立たへんねや」
「どういうことやねん」
「光り方滅茶苦茶やもん。おかげでトンボの目玉3ダースはなくした」
「そんなもん背骨の神経ていねいに剥がしてったら一発やんけ」
「あーめっちゃ気に入ってたのに。8年分のキラキラを返せ」
「また一緒に探しにいったらええやん」
「…それよりここはどこやねんな」
「わからん。流れ星泣いとったから西なんちゃう」
「あれもお前が作ってんやろ?あてにならんなぁ」
「とりあえず手ぇつないどこうや」
「せやな。 追っかけっこはもう腹いっぱいやで、ほんま」