※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小ネタ


聖堂の抽象画


「ヘビ、クモ、コウモリ、とかげ、チョウ」が描かれている
黒い点、黄色い丸

チェルニアの丘で交わす、
蟻のような大きさの「チェルニア王」と「夜徒」の契約のシーン(?)
「夜徒」は竜のような姿だったと伝えられている
チェルニアアカデミーの校章は「竜」
ソニエラ家の家紋は「蝶」

古語で書かれた文章
「希い(ねがい)満ち、冥夜(よる)に至情の萌す(きざす)とき、冥夜に永久(とわ)の安寧(あんねい)を、朝に光の冠を」





~未確定~

名前の元ネタ?

参照・出典・引用元
http://ja.wikipedia.org/wiki/
http://www.dino-paradise.com/j/museum/gallery/expo_2002/afrovenator.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q105005140

エディアカラ
エディアカラ紀(エディアカラき;Ediacaran)とは、地質時代の区分のひとつ。新原生代クリオジェニアンの終わりから古生代カンブリア紀の始まりまでの約6億2,000万年前~約5億4,200万年前を指す。原生代の最後の区分である。

ウルカ・ルーフェン
uluca
ラテン語で「梟(フクロウ)」
ルーフェンゴサウルス(Lufengosaurus)はジュラ紀前期に生息していた古竜脚類の恐竜。全長は4.5~6m。

ユースミルス・カルノ・R・ウィンタテリウム
ユースミルス  学名(Eusmilus)哺乳類・食肉目
カルノ
カルノサウルス類は大型の肉食恐竜のグループであり、ジュラ紀および白亜紀に生息していた。カルノ(carno)はラテン語で食肉、サウルス(saurus/σαυρος )はギリシャ語でトカゲを意味し、肉食恐竜類とも訳された

メイオラニア・ウィリアム・ソニエラ
メイオラニア (Meiolania) は、人類時代初期まで現在のオーストラリアやニューギニアに生息していた大型の陸棲ガメ。
ウィリアムソニエラ(裸子植物)。絶滅した白亜紀の植物

ミンミ・ザミテス・アカハーテ
ミンミ (Minmi) は、白亜紀前期にオーストラリアに生息していた曲竜類の草食恐竜の一種。 体長は約3m。比較的原始的な種と考えられている。
ケープアカハーテビースト Alcelaphus caama caama は、偶蹄目ウシ科に属するアカハーテビーストの亜種で、南アフリカ・ケープ地方に生息していたが、すでに絶滅した。

バージェシア・ランフォリンクス
バージェシア(節足動物)カンブリア期
ランフォリンクス(Rhamphorhynchus=舳先の嘴、の意 ) は、ジュラ紀後期に出現した翼竜の一種。和名は嘴口竜(しこうりゅう)。翼を広げたときの長さは約40cmから175cmあった。

フォルスラコス・レ・ヴェルトラプトル
フォルスラコス(恐鳥類)
レヴェルトラプトル(Revueltoraptor lucasi)は三畳紀後期に生息していた獣脚類の恐竜の一つ。

ベナ・トラ・クルサフォンティア
アフロベナトール(Afrovenator abakensis)白亜紀前期、ニジェール。
クルサフォンティア(Crusafontia)は中生代の絶滅哺乳類の属。体長10cmでリスの様な姿と暮らしをしていたとみられる

ピカイア・トゥルカナ (ピット)
ピカイア (Pikaia) は、古生代カンブリア紀に生息していた海棲生物。バージェス動物群に属する。原始的な脊索動物。
トゥルカナ湖 (Lake Turkana) またはルドルフ湖 (Lake Rudolf) は、アフリカ大陸の大地溝帯にある湖である。大部分はケニア国内にあり、北部がエチオピアに属している。