IT系会社に入社前にやっておきたいこと(技術編)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

企業に入社前にやっておくと良い技術的なことを書いていこうと思います。
私の主観が入っているので間違っている部分もあると思いますが、現場にいて私が感じたことということを念頭において
これからの学習の参考にしてください。



プログラム言語


C言語

やはり一番仕事の話が多いです。勉強をしておけば、ここ数年間は間違いなく食べていくことが出来るかと

C++

たまに仕事の話を聞きます。
オブジェクト指向にまだまだ抵抗があるのか……ですがC言語で擬似的にオブジェクト指向を導入したりしているので、これからに期待の言語です。

C#

話にあまり出てきません。
まだ詳しい使い方に慣れてない方が多い気がします。

Java

C++と同じか、それ以上に仕事の話が出ていると感じます。
ネットワークだけではなく、アプリケーションに組み込み系などと幅広い分野で流行りを感じる言語です。
ただ、個人的な観念でC++の方が好きというプログラマが多いと感じます。

Ruby

マーチン・ファウラーが素晴らしいと推奨してから幾月が経ちますが、未だに話題に上りませんね。
ただ、IT系の勉強会で勉強をする機会が増えていますので、これから伸びるでしょう……が
最低でも後数年は経たないと主要言語にはならないかと思います。

Perl

あまり話は聞きませんがとある企業様では話を聞いたことがあったりします。

FORTRAN

こちらもあまり話は聞きませんが、特殊な計算をPCにさせる場合は使う言語ですので
数学系のプログラマになりたい方は必要かと思います。



データベース

かなり重要になってくる技術です。
小型な機械にも用量の大きいメモリが搭載されてきている時代なので、今までデータベースを乗せることが
出来なかった機械にも乗せて管理するという気風が出てきています。
勉強しておいて損はないかと



通信

通信関係も現在注目されている技術です。
携帯ゲーム機にも通信関係の処理がされている昨今、データベースと同じく小型な機器に通信技術を乗せることが多くなってきます。
通信方式に関しては、TCP/IPなどの一般的な方法から無線などの特別な方式などと独自の通信回路の場合もありますので
通信に関する基礎を学習しておくと良いかと思います。




ネットワーク

通信と違わないのですが、ネットワークエンジニア向けとしてネットワークを書きます。
新人としてネットワークエンジニアになる場合は、ルータやHUBを使ってネットワークの
構築を行ったことがあるかが、焦点となります。
どのような機器を使って構築したのかをしっかりと言えることが第一関門です。



サーバ

新人で入るとするならば、サーバの構築を行っておくと良いでしょう。
もちろん構築したサーバがどのような種類のサーバかしっかりと言えなければ
問題になってしまいます。
それとサーバを構築したならば、保守作業もしておくと良いかと
実際の業務では、最初はサーバの保守がメインになるので

会社でサーバを構築しただけでしょっと怒られたという人もいるようですしzzz



UNIX

開発環境でUNIX系を使っている会社もかなりありますので勉強をしておくと良いです。
一通りのコマンドが使えれば最初は問題ないかと。
Linuxなどでネットワークをいじった事があるとさらりと言えれば格好良いですね。
さらりというと、そのままさらりと流されてしまうこともありますがw



電気

IT系ですと、そこまで必要にはなってきませんがET系になると必須知識になります。
オシロスコープで電気的に信号がきているとかロジックアナライザーでテストが出来るなど
そのようなことが出来ればテスト関係の業務にすぐにつくことができると思います。

上記の機器は個人所有は難しいので、やったことがない方は回路図を読むことが出来ることや
最低でもオームの法則やキルヒホッフの法則が理解できることが必要となります。

…ちなみに、オームやキルヒホッフについて知りたい方がいますかね?
いるのでしたら、新しくページを作ったりするかも



2008/12/13現在の必要そうな知識
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。