※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

安全に着陸した私はとりあえず未知の土地を散策してみることにした。
この土地は全体的に荒廃していた。
30分ほど歩いた、生物が一匹もいない。
ピクミンもいない、チャッピーもいない
この星にいったい何が起こったのだろうか…
グウゥィーン ヒュウーヒュー
なにやら機械のような音が聞こえてきた。私はそこに向かった。
しかし私が近づくにつれて音は小さくなった。
私は落胆した。この星はもう死んでしまったのだろうか、そう思った。
日没が近づいていた、私の影も濃くくっきりとしてきた。
夕日が沈む前に帰ろう。そう思って宇宙船に向かった。
ドオオォォーーン
地震か?そう思った、しかしそのゆれは地震どころではなかった。
グウゥィーン ヒュウーヒュー
その音に振り返るとそこにはダマグモキャノンがいた。
私は全力で逃げた、しかしやつのスピードのほうが速かった。
わたしに標準が合わせられる。私は死を悟った。
ダダダダダッ
……………あれ
奴を振り返った、奴は地面を撃っていた。
いったい何をしているんだ?
するとそこから何かが飛び出した。
その、何かは紛れもなくピクミンだった。