※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 /
子丑寅卯辰巳午未申鳥戌猪子丑寅卯辰巳午未申鳥戌亥
================================================
大江戸あーるぴーじー"あやかし"
『本所七不思議~血染めの片葉葦~』第二夜
================================================
甲乙丙丁戊己庚辛壬癸甲乙丙丁戊己庚辛壬癸甲乙丙丁
/ 
 ORIDE(GM):    それでは新たな被害者が出た翌日、さあどうしようかっと言った所からです>ALL
 ORIDE(GM):    常念寺で作戦会議とかかな?
 ORIDE(GM):    あるいは夕刻まで針を進めて、見張りとかもありですかね。
 春庵:    現段階では見張るにも場所の当たりを付けられなさそうな気がするのですが。
 ”風神”真九郎:    軽く話し合いはしておきませう>ALL
 ORIDE(GM):    明け方、例の笠侍が町方に報告すると「また例の」と噂で持ちきりになりますが。
 ORIDE(GM):    今頃は岡引、同心に野次馬でごった返している頃でしょうね。まあ既にかぶりつきで見聞した後ですから関係ないか。
 蘭:    あの夜鷹に会いに行ってみます?夜しかいないかしら・・
 ORIDE(GM):    まあ…昼日中から見世構えてると同心が五月蝿いでしょうね(きっぱり)
 ORIDE(GM):    まあ本所辺りの長屋から日が暮れると出張ってきているのでしょう。>蘭
 春庵:    とりあえず情報交換……は夜のうちに済んでるか。作戦会議かな?
 ”風神”真九郎:    んだねえ>春庵
 蘭:    はーい
 ORIDE(GM):    んじゃとりあえず常念寺の本堂に集まったって事で>ALL
 ”風神”真九郎:    「まあ、やっぱり今のところ妖しいのは、現場近くにいた夜鷹だなあ。」>ALL
 春庵:    「たしかに怪しいですね。辻斬りと聞いても顔色も変えず、何やら怪しげな技まで使うとは」
 春庵:    (この面子も十分怪しい技の使い手なのはキニシナイ(ぇ)
 ”風神”真九郎:    (ウチの流派の技はアヤシクありません(キッパリ(笑))
 蘭:    「確かにそのお方なら、見張りのお侍様が足音など聞かなかったことも説明がつきそうですが・・」
 蘭:    (えーと、爺やはあやしくありませんよ?(笑))
 ORIDE(GM):    (みんな最初はそういうんだ…)
 春庵:    (いや、十分怪しいからっ(笑)>真九郎、蘭)
 ”風神”真九郎:    とりあえず、今までの殺害現場の場所知りたいなあ、共通点とか方位とかからも考えたい>M
 ORIDE(GM):    んー、そういう情報だと町方同心とか捜査関係者に聞くしかないですねー>真九郎
 春庵:    何か似たような伝承ないかを調べてみたいような気もするなぁ>片葉葦
 ”風神”真九郎:    んーそれでもいいけど、さるお方から住職にそういう前情報ないの?>M
 ORIDE(GM):    住職が聞いた限りではそういった術師の琴線に響く条件はなかったそうです>真九郎
 ”風神”真九郎:    ふむ。
 ORIDE(GM):    場所的には分っている限りでは「本所の葦原の側」に集中しているらしい。
 ”風神”真九郎:    うい、それが聞ければありがたい(笑)>M
 ”風神”真九郎:    だとすれば、あとは、本所の葦原の側で心中騒ぎやなんか今までなかったか噂話集めるかな>M
 春庵:    「血染めの片葉葦に見立てた殺害」「物盗りに偽装する程度の知恵はある」「微妙にやり口が残忍」てなところですな現状。
 蘭:    あとは「あやしい夜鷹が近くにいた」かぁ・・
 ORIDE(GM):    真九郎先生は聞き込みですね?>真九郎
 ORIDE(GM):    他の人は?
 ”風神”真九郎:    です>M
 春庵:    うーん、こちらは本所ではなく診療所で仕事(本業)しつつ噂を集めてみますか>M
 蘭:    夜鷹さんが気になるので・・本所の葦原の側で仕事してる夜鷹さんの噂について集めてみたいのですが・・
 ORIDE(GM):    こちらも聞き込みというか受身で聞き込みですな>春庵
 ORIDE(GM):    キーワードを変えて調査活動ですね>蘭
 ORIDE(GM):    了解。

★りさあち・ふぇいず

 ORIDE(GM):    じゃあ真九郎先生から解決していきましょうか…
 ”風神”真九郎:    へいへい
 ORIDE(GM):    【心魂能動:聞き込み】で判定ですね>真九郎
 ORIDE(GM):    (なんか挙動が遅い…>今日のぱそこ)
 ”風神”真九郎:    博識足してOK?
 ORIDE(GM):    それはどんな感じの使用法を?>真九郎
 ”風神”真九郎:    色々聞いた噂話を、博識で分析まとめる>M
 ORIDE(GM):    んー…ちょっと苦しいのでアウト>真九郎
 ”風神”真九郎:    じゃ、能力の5Dのみ
---21:50 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで5D6を振りました 5+5+4+4+1=19---
 ORIDE(GM):    霊力ゲットですな。
 ”風神”真九郎:    19で確定、1GET
 ORIDE(GM):    了解。
 ORIDE(GM):    えーと…心中事件はまあ無くはないですが…最近とか、今回の事件に絡んで何か琴線に響くような情報ってのは無いです。というか「例の七不思議のアレ」の方がヒットしちゃって邪魔になるというか・・・>真九郎
 ”風神”真九郎:    了解>M
 ORIDE(GM):    (ようは片葉葦のエピソードの武士と芸者の不義密通の件ね)
 ORIDE(GM):    んじゃ春庵先生の方は…
 ORIDE(GM):    やはり【心魂能動:聞き込み】かな。何か統合できそうな技能があればどうぞ>春庵
 春庵:    んー、特になさそうなので素の5D6で。
---21:55 春庵 が投げやりに5D6を振りました 6+3+4+4+6=23---
 春庵:    おー、31とな。
 ”風神”真九郎:    (さすが先生、放っておいても情報が集まってくるw)
 蘭:    (慕われてますねーw)
 春庵:    (でも霊力貯まらねー(笑))
 ORIDE(GM):    話題の中心はどーも「呪われたお侍」のようですね。どうも「芸者を切り殺した呪いで気が狂い、大川に身を投げた」説が有力のようです。
 春庵:    ふむふむ。
 ORIDE(GM):    今でも夕暮れ時になると三途の川の水でびっしょり濡れた体を引きずって河原を徘徊し、切り殺す女を捜しているという…
 春庵:    なるほど。
 ORIDE(GM):    年頃の娘に「人気のない所に注意しろ」っていう戒めを与える為の作り話って気もしますが
 ORIDE(GM):    …まあそんな話>春庵

★予期せぬ対面…あるいは「個別行動は各個撃破」

ORIDE(GM):    えーと…最後にお蘭さんですね。
 蘭:    はーい
 ORIDE(GM):    仕事仲間から「例の夜鷹」の情報を聞きこむって事ですよね?>蘭
 ORIDE(GM):    仕事仲間って「例の夜鷹の」ですが。
 蘭:    はいー
 春庵:    (夢吉姐さんいればなぁ)
 ORIDE(GM):    これも【心魂能動:聞き込み】ですね。
 ORIDE(GM):    判定どぞ>蘭
 蘭:    まゆつばを使えますか?
 ORIDE(GM):    ふむ…嘘を見破れるから…なるほど。OKです。>蘭
 蘭:    ありがとうございます、えーと
 蘭:    3D+1Dで4Dかな
 ORIDE(GM):    どぞ。
---22:03 蘭 が上品に右手で4D6を振りました 3+1+3+1=8---
 蘭:    (ばた)
 ORIDE(GM):    ・・・リローる?
 蘭:    (こくこく)
 ”風神”真九郎:    (だが稼いだ!)
 ORIDE(GM):    どぞ。
---22:03 蘭 が上品に右手で4D6を振りました 6+4+2+2=14---
 ORIDE(GM):    (稼いだはしから使う・・・(笑))
 ORIDE(GM):    あ。けっこ高い。
 蘭:    確定でー
 ORIDE(GM):    んーと14+4で18っすね>蘭
 蘭:    はいー
 蘭:    (たまらない霊力・・;;)
 ORIDE(GM):    了解。>蘭
 ORIDE(GM):    えーと…
 ORIDE(GM):    まああからさまに看板出す商売じゃあないので…ちょっと鎌掛けられたり、素性を疑われたりしましたが…
 蘭:    やっぱり・・^^;
 ORIDE(GM):    ちょっと何刻も掛って歩き回る羽目になりますが良い?>蘭
 蘭:    はい、覚悟の上です
 ORIDE(GM):    今日の昼間はそっちに掛かりきりになったって事で>蘭
 ORIDE(GM):    どうも…
 ORIDE(GM):    元深川芸者の百介姐さんってお人のようです。ちょっと年増の退職間際というか…実務より助言の方がメインになっているおばあさんから聞いた話で>蘭
 蘭:    おお、特定できた
 ORIDE(GM):    流行り病で体を壊して芸者勤めは足を洗ったそうですが、手元不如意で身を持ち崩した女らしいです>蘭
 ORIDE(GM):    在所は知られてませんが、例の事件にも関わらず「手に掛けられたらそれまでよ」と同じ所で見世を構えて春を売っているそうです>蘭
 ORIDE(GM):    と。
 蘭:    百介姐さんの過去のお話とか他には何かなさそうです?人間関係というか恋愛関係とか
 ORIDE(GM):    その話を聞いてお礼して、貧乏長屋の門を潜ると…婀娜な笑みを浮かべた女性が手招きを>蘭
 蘭:    「はい?」
 ORIDE(GM):    百介「ちょいとわっしをおさがしでは?」>蘭
 蘭:    「あなたが百介姐さまですか?」
 ORIDE(GM):    百介「…存知よりがわっしをお探しの人がいたと耳打ちしたものでねえ。もしやと思い婆の所に…あい、その通り」>蘭
 ORIDE(GM):    百介は道端の大八車に腰を下ろし、にっこり笑って蘭を観察していますよ>蘭
 ORIDE(GM):    百介「………」にこにこ>蘭
 ORIDE(GM):    (ふと…昔の教訓を思い出した。「個別行動は個別撃破」(笑))
 蘭:    百介姐さんの前に立って、お辞儀をしてから(ってぎゃーー@@)
 春庵:    (うん、これは思いっきり各個撃破パターンだよなと思った(笑))
 ”風神”真九郎:    (思っても我々は言ってはいけない(笑))
 春庵:    (まぁGMが言った後だから(笑))
 ORIDE(GM):    (そして誰もいなくなった(おい))
 蘭:    「お蘭と申します。昨夜の・・本所の人斬り事件についてお話をお聞きしたいのですが」
 蘭:    (すとれーとにいく・・;;)
 ORIDE(GM):    百介「おやおや、物騒な…なんぞわっしにお役に立てる事がありんすか?」>蘭
 蘭:    「いつも、あちらの方で見世をかまえられているとのこと・・何か見聞きしたこと無いかとおもいまして」
 ORIDE(GM):    ちょーど夏の日差しが遠のき…少しづつ黄昏てくる時分。蝉の声がやみ…百介の婀娜っぽい声が揶揄するように響きます。
 ORIDE(GM):    百介「生憎、わっしは身動きするのに大変難渋する身の上でねえ…なーんにも見ておりませんのさ」と悔しそうに>蘭
 ORIDE(GM):    【機敏受動:知覚の技能】判定>蘭
---22:22 蘭 が上品に右手で5D6を振りました 6+1+1+3+3=14---
 蘭:    18確定で
 蘭:    霊力げっと
 ORIDE(GM):    百介「ほんに憎たらしいねえ」とギリギリと奥歯を噛む百介。そこには真の怒りが感じられます。
 ORIDE(GM):    そして百介の右足が怒りに身震いしているのが分りますが、左足はちいーっとも震えていない>蘭
 ORIDE(GM):    ガタガタと大八車の部品が鳴っている。
 蘭:    「失礼ですが・・足が?」
 ORIDE(GM):    百介「おっと…ええ、まあ立て付けの悪い事でねえ。この脚が不自由してなければ…まだお呼びがありましたでしょうに」>蘭
 ORIDE(GM):    【心魂受動:まゆつば:20】判定>蘭
 蘭:    4D+1D=5Dいきます
---22:26 蘭 が上品に右手で5D6を振りました 3+5+1+4+6=19---
 ”風神”真九郎:    (OK!w)
 蘭:    23と霊力!
 ORIDE(GM):    さっきの台詞のどこかは分りませんが、どこか一部に「嘘」というか「ごまかし」を感じました>蘭
 ORIDE(GM):    百介「見ればごく普通の…町人のようですのに…同心のてか(手下)でも勤めてらっしゃいますので?」>蘭
 ORIDE(GM):    百介「わっしのような片輪でもよければ案山子でも撒き餌でも勤めますが?」にっこり>蘭
 蘭:    にこやかに笑います「まさか。単なる好奇心・・といっても信じてくださいますかしら?」
 ORIDE(GM):    百介「どんな理由かは存じませんが…一日もはよう、外道が居なくなる様に浅草様にお祈りしてございますのさ」と生真面目に返す>蘭
 ORIDE(GM):    百介「御用は他にござんすか?」
 蘭:    「あと一つだけ。失礼ですが、足はいつから・・?」
 ORIDE(GM):    百介「ほんの六十年ほど前から」ぽそ
 ORIDE(GM):    百介「えーとひのふのよの…六年ばかり前になりますやら」>蘭
 春庵:    (何年生きとるんだ婆様っ)
 蘭:    「そうですか・・ありがとうございました」
 ”風神”真九郎:    (本人の弁を取れば60年ですな・・・w)
 蘭:    (60ちゃい以上ですね・・・)
 ORIDE(GM):    百介「どうぞお気をつけて」と会釈して立ち上がる>蘭
 蘭:    足と大八車を観察しますー
 ORIDE(GM):    百介は片足を器用に押えてひょこひょこと大川(墨田川)の方に立去ります>欄
 ORIDE(GM):    あ。ごめ
 蘭:    あ、いえー
 ORIDE(GM):    立去ります>蘭
 ORIDE(GM):    【機敏受動:視覚】>蘭
---22:40 蘭 が上品に右手で5D6を振りました 3+4+2+3+3=15---
 蘭:    確定ー
 ORIDE(GM):    百介は体こそひょこひょこ泳いでいますが、まるで不具でないかのように…健常者と同様の速度で立去ります。
 ORIDE(GM):    ふと気がつきましたが…一日歩き回って、時間も経って空腹が一気に押し寄せてくる(笑)>蘭
 蘭:    「・・・おなかがすきました・・・はぁ(苦笑)」
 ORIDE(GM):    まーるで蘇ったかのように一気に胃の腑が要求を出し始めます(笑)
 蘭:    「(それにしても、爺やと同じ妖魂の方なのでしょうか・・?)・・・・お、お団子屋さんは・・」
 ORIDE(GM):    んなものはこの時間にはとっくに…
 蘭:    きゃー(笑)
 ORIDE(GM):    んじゃ他の二人の時系列が追いつくまで、放置もとい、空腹を抱えて舞台裏にどうぞ(笑)
 ORIDE(GM):    で。
 蘭:    はーい(笑)
 ORIDE(GM):    真九郎さんと春庵さんですが…
 ”風神”真九郎:    へいへい
 春庵:    ほいほい。
 ORIDE(GM):    蘭はどっかいったまま帰ってこない(笑)
 ORIDE(GM):    そして翌朝の大川で変わり果てた姿に…(嘘)
 蘭:    (まってーーーー?!w)
 ”風神”真九郎:    (ひどいGMだ…w()
 ORIDE(GM):    えーと夕飯時になれば帰ってくるけどそれまでに何かしておく事はありますか?>真九郎&春庵
 ORIDE(GM):    (わーい、ほめられちった…>非道いGM)
 ”風神”真九郎:    瓦版屋つかまえて本所の話聞いてみるかな>M
 ORIDE(GM):    本所の話って…どの?>真九郎
 ”風神”真九郎:    心中話を>M
 ORIDE(GM):    特に何か聞きたい部分はありますか?>真九郎
 ”風神”真九郎:    最近の話で琴線に感じなかったから、昔の話に絞ろう
 ”風神”真九郎:    お偉い侍さんと女の心中<かなり昔の話でもいい
 ORIDE(GM):    んーぶっちゃけ一杯ありすぎて漠然としている。何かキーワードがあれば検討してみますが>真九郎
 ”風神”真九郎:    『死霊』<キーワード
 ORIDE(GM):    何が聞きたいとか、こういう事件は無かったかとか…但し、データベースのない時代劇の中の話ですけん。
 ”風神”真九郎:    心中した人が化けて出たとか、そんな話を
 ORIDE(GM):    例の「片葉葦の侍が夜な夜な辻斬りしている」って話に収束しますね>真九郎
 ORIDE(GM):    まあ…実際、そんな人は実在しない訳ですが。
 ”風神”真九郎:    そうですか。>M
 ORIDE(GM):    です>真九郎
 ORIDE(GM):    えーと。他に何か>真九郎&春庵
 春庵:    こっちは能動的には何もしませんというかできません(ぇ
 ”風神”真九郎:    ないです
 ORIDE(GM):    んじゃ夕刻。ぺこぺこに腹を減らしたお蘭と遭遇できる…という事で>ALL
 蘭:    お腹すきました・・(じっ)
 ★百介を追え(真九郎・お蘭)

”風神”真九郎:    「いよう、どうしたお蘭?」>蘭
 春庵:    「おや、なんだか元気がありませんねお蘭さん」
 蘭:    「ごはん・・ごはんくださ・・(ぐるぐるまわるー)」
 ”風神”真九郎:    蕎麦屋の屋台あれば、駆け込むw>ALL
 ”風神”真九郎:    「お、おい。しっかりしろい。」がしっと>蘭
 ORIDE(GM):    蕎麦屋「へい、いらっしゃい!」>真九郎
 蘭:    「お・・そ・・ば・・・くださ・・(ぐるぐる~~」
 ”風神”真九郎:    「親父、かけを頼む」>蕎麦屋
 ORIDE(GM):    蕎麦屋「へい、かけ一枚で二八の16文也!」>蘭&真九郎
 蘭:    もー倒れる寸前なので風見様にお財布渡します(笑)
 ”風神”真九郎:    財布受け取る前に二人分払っておこうw>ALL
 ORIDE(GM):    蕎麦屋「おお、こちらさん、いー食べっぷりだね」>蘭
 ORIDE(GM):    蕎麦屋「毎度あり!」>真九郎
 蘭:    ひとまず落ち着いたらしい(笑)
 ORIDE(GM):    (笑)
 ORIDE(GM):    で。食い終わったら報告会かな?
 ”風神”真九郎:    「ごっそさん。んで、落ち着いたか?」(笑)>蘭
 蘭:    「はい、大変助かりました。どうにも時間を忘れて話を聞いてしまったようで・・」
 蘭:    と、今日あったことをかくかくじかじかしますーw
 ”風神”真九郎:    「なるほどねえ。お蘭すまないが、後で、その百介姐さんの絵描いてもらえるかい?」>蘭
 春庵:    「なるほど……お疲れ様でしたね」
 蘭:    「はい、すぐにでも」
 春庵:    こちらも一応「呪われたお侍」の話をかくかくしかじか。どうにも作り話っぽいというところまで含めて。
 蘭:    手持ち道具に絵描き道具と紙があるので、話聞いている間にさらさらさらーっと
 ORIDE(GM):    【機敏能動:浮世絵】かな?
---23:14 蘭 が上品に右手で5D6を振りました 4+6+6+5+5=26---
 蘭:    無駄に高い(笑)
 ORIDE(GM):    しんこんだった・・・>絵を描く
 蘭:    あw
 ORIDE(GM):    いや。そのまま行こう(笑)
 春庵:    「……という訳で『呪われたお侍が夜な夜な川原を歩き回っている』という噂は聞けたのですが……どうにも作り話っぽいんですよねぇ」
 ”風神”真九郎:    (得意としているものは出目は大きいほうがいいですよ・・・w)
 蘭:    んじゃ34確定で^^;すいません
 ORIDE(GM):    34だからすげえリアルな出来だと思いねえ。
 春庵:    (浮世絵なのにリアル……(笑))
 ORIDE(GM):    で、当然、それは辻斬りの現場からちょい離れた所で真九郎がサシで対面した夜鷹の姐さんです>絵
 ORIDE(GM):    (特徴を捉えた…というべきか?)
 ”風神”真九郎:    「やっぱり…昨夜会った夜鷹の姐さんだ。」>ALL
 蘭:    「この方、とても人斬りについて怒っていらっしゃったのですが・・何か嘘もいってらっしゃいました」
 ”風神”真九郎:    「へえ。そんなことがあったのか。」>蘭
 蘭:    「ええ・・あとは・・左足はぽつっと60年前からと言っておられたのに、言い直されてましたが・・」
 ”風神”真九郎:    「60年前ねえ…。」
 春庵:    「本当なら、ずいぶんと長生きな方のようですね」
 蘭:    「憑いている方、の方かもしれませんけれども・・」
 蘭:    「確証はありませんしね」
 ”風神”真九郎:    「そっちの方だろうな、脚が不自由ってのも合致するし。」
 蘭:    「60年前・・そんな事件が隠されたのでしょうか・・?でも話を聞けども作り話しか・・」
 ”風神”真九郎:    「俺の方も結局はそこの話にいっちまったよ。」>蘭
 春庵:    「……こちらでも。ですが、ひょっとしたら……」
 春庵:    「奉行所などに当たれば、記録が残っているかもしれませんね」
 ”風神”真九郎:    「奉行所かあ…。そう簡単には見せてもらえるわけもねえし。和尚通じて頼むが一番早いな。」>春庵
 ORIDE(GM):    んーと、方針が決まったら行動宣言をどうぞ。
 春庵:    「まぁ、そうなりますね」>真九郎
 蘭:    「今晩も・・起きるでしょうか・・?」(ぽつっと本所の方角を見ながら
 ”風神”真九郎:    和尚に60年前の記録調べてもらうように奉行所(さるお方)に口きくように頼んで
 ”風神”真九郎:    こっちは本所で張り込みかなあ・・・>ALL
 蘭:    そうですねー、できたら百介のあねさんを見張りたいところでは
 ORIDE(GM):    んー和尚がその話を聞くならこういうよー。「話が漠然としているから、誰か実際に足を運んで読むしかないであろう」と>真九郎&あLL
 ORIDE(GM):    例えば…「25年前、武士階級○○の娘、××が心中した。その記録」とかなら代行も可能かもしれないけど、
 ORIDE(GM):    ちょっと今の状態ではPC自身で行って調べないと判定自体難しいと判断する。
 春庵:    絞り込みで与えうるキーワードは「60年前、夜鷹(の百介)、左足」くらい?
 蘭:    ですねぇ・・。ちなみに、奉行所で調べるならやっぱり昼は人が多いから夜ですよねぇ?w
 ORIDE(GM):    ぶっちゃけ「さるお方」に頼んで"南町奉行所の通用門"を開けておくので、門番に"耳袋を拝見したい"と言うなら書庫に入れてやろう」くらいの手はずはしますが…
 春庵:    んー、そうすると行くのは私かな?
 ”風神”真九郎:    かなあ、さすがに奉行所なら各個撃破は可能性低いだろうし
 ORIDE(GM):    1.大川周辺に夜回りに行く 2.依頼人を通じて奉行所の記録を見せてもらう 3.安らかに寝る くらいか?>行動選択肢
 春庵:    情報分析系の技能も多いしな>春庵
 蘭:    3は却下ですねww
 ”風神”真九郎:    私は1でー>ALL
 蘭:    私も1で
 春庵:    では2で行きましょうか。
 ”風神”真九郎:    誰かがそっちも調べないといけないからねえ、よろしくー>春庵
 蘭:    よろしくお願いします、春庵先生w
 ORIDE(GM):    んじゃ…1の人は連れ立って行動するか、個別行動するか…片方は主・片方は従になって埋伏するか>蘭&真九郎
 春庵:    (危なくなったら魂突っ込んで式を大量生産します(ぇ))
 ORIDE(GM):    また、こういう趣向でとか、こういう所を主に回るとかあればどうぞ>真九郎&蘭
 ”風神”真九郎:    一緒に行動でいいですかの?>蘭
 蘭:    個別行動は避けたい所存・・下手したら蘭は生き餌のよーに思うのでw
 蘭:    一緒でお願いします^^;
 ORIDE(GM):    了解>真九郎&蘭
 蘭:    回るところ・・百介のいる周辺・・?
 ORIDE(GM):    では夜回り組からいきますか。
 ”風神”真九郎:    そうだねえ、百介結構においの強い白粉使ってるから多少はなれても風下なら位置わかるかも
 ”風神”真九郎:    ほいほい
 蘭:    了解ー
 ORIDE(GM):    【機敏能動:視覚or嗅覚】を>真九郎&蘭
 ”風神”真九郎:    技能はなし、6Dで
 ORIDE(GM):    (いたらいやだ…>所持技能:味覚・臭覚・視覚・聞き耳なきゃら)
---23:49 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで6D6を振りました 3+1+1+1+6+4=16---
 ORIDE(GM):    ぶ。
 蘭:    技能なし2D・・受動でないとなぁ
---23:49 蘭 が上品に右手で2D6を振りました 2+4=6---
 ”風神”真九郎:    20で1獲得か。。。(考え中
 ”風神”真九郎:    リロール>M
 ORIDE(GM):    了解。
 ”風神”真九郎:    霊力>4に
---23:50 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで6D6を振りました 6+6+3+1+2+2=20---
 ”風神”真九郎:    上がった。28で確定>M
 蘭:    私は確定で・・(諦め)
 ORIDE(GM):    了解。
 ORIDE(GM):    そうすっと…ぷうんとした匂いと共に百介の姿を発見>真九郎
 ORIDE(GM):    ちょと寂しげな横顔で堀の石垣に足をぶら下げて…右足だけぷーらぷーら揺すっています>真九郎
 ”風神”真九郎:    「いた…。」>蘭
 蘭:    「はい・・寂しそうですね・・」
 ”風神”真九郎:    「しばらく、このまま様子を見ることにしよう。」>蘭
 蘭:    「わかりました」
 ”風神”真九郎:    張り込み開始>M
 ORIDE(GM):    了解>真九郎
 ”風神”真九郎:    ちなみに左足は全く動いてない?<百介
 ORIDE(GM):    【機敏能動:隠れ身】で対抗判定>真九郎&蘭
 ORIDE(GM):    いえす>真九郎
---23:56 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで6D6を振りました 2+1+1+4+5+4=17---
---23:56 蘭 が上品に右手で2D6を振りました 3+3=6---
 蘭:    ど、どうしよう・・・(汗)
 ”風神”真九郎:    霊力4>5 17で確定
---23:57 ORIDE(GM) が祈りながら4D6を振りました 4+6+4+3=17---
 ”風神”真九郎:    (その為に一緒にいるし気にすんなー!>蘭)
 ORIDE(GM):    了解>真九郎
 蘭:    (はいー@@)
 ORIDE(GM):    (今、ふっと思ったんだけど・・・)
 蘭:    (はい?
 ORIDE(GM):    (監視が目的なら水鏡の術でよかったんじゃあ…)
 蘭:    (は!Σ)
 ”風神”真九郎:    (術でも気付かれる時は気付かれるし・・・)
 ORIDE(GM):    (…すまぬ。しなくても良い指摘をしてしまった…)
 蘭:    (・・・・・・・もーしわけない・・・・(ばたり)<ALL)
 ORIDE(GM):    じゃ。
 ORIDE(GM):    川面を見つめる百介をじーっと監視中。
 春庵:    (春庵がそっちにいれば式鬼使役の霊符とゆー手も)
 ORIDE(GM):    百介の様子に変化は見られません>真九郎&蘭
 ORIDE(GM):    ・・・・・・・監視中
 ORIDE(GM):    ・・・監視中
 ORIDE(GM):    ・・・監視中。
 ORIDE(GM):    真夜中過ぎて…雲が出てどんどん月が陰りはじめました!>真九郎&蘭
 ORIDE(GM):    まるで幕を引くように周囲が暗くなっていきます。
 ORIDE(GM):    と、百介に動きが!
 ”風神”真九郎:    「…!」
 蘭:    「・・・?」
 ORIDE(GM):    クルリと振り返ると、真九郎と蘭の潜んでいる物陰にむかってまっつぐと。不自由な足を引きずって歩いてきます>真九郎&蘭
 ORIDE(GM):    百介「お努めご苦労さまで」小声>真九郎&蘭
 蘭:    「(見つかってしまいましたでしょうか・・?)」
 ORIDE(GM):    百介「や、奴が来ますよ」なまじりを吊り上げつつ…彼方を見る>真九郎
 ”風神”真九郎:    「そっちは何か変わりあったかい?」>百介
 蘭:    「今晩は(にこにこ)」
 ”風神”真九郎:    「ほー。」<奴
 ORIDE(GM):    百介「あちらですよ」と強張った表情で大川端の通りを指す>蘭&真九郎
 蘭:    何か見えますか?
 ORIDE(GM):    【心魂受動:恐怖の耐性】で判定を>ALL
 ”風神”真九郎:    百介に注意は払ってる
 ORIDE(GM):    了解>真九郎
 ORIDE(GM):    あ。ごめ。春庵先生はいないし・・・
 ORIDE(GM):    真九郎と蘭だけ判定>【心魂受動】
 蘭:    恐怖への耐性つかえます?そしたら
 春庵:    (こう、春庵の出番待たずに終わったりしてな(ぇ))
 ORIDE(GM):    判定は…?
---0:08 蘭 が上品に右手で4D6を振りました 4+6+3+3=16---
 ”風神”真九郎:    POD2点消費
 蘭:    リロードします
---0:08 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで6D6を振りました 1+1+2+6+3+2=15---
---0:08 蘭 が上品に右手で4D6を振りました 3+4+5+1=13---
 蘭:    ぎゃー
 ”風神”真九郎:    稼いでリロード、霊力5変わらず
---0:08 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで6D6を振りました 6+5+5+4+1+2=23---
 ”風神”真九郎:    27で確定>M
 蘭:    りろーど!
 ORIDE(GM):    了解>真九郎
 ORIDE(GM):    どぞ>蘭
---0:09 蘭 が上品に右手で4D6を振りました 5+1+3+4=13---
 蘭:    厳し・・
 ORIDE(GM):    どする?>蘭
 蘭:    残り3点かぁ・・
 蘭:    もう一回リロードします
 ORIDE(GM):    どぞ。
---0:10 蘭 が上品に右手で4D6を振りました 3+5+2+2=12---
 蘭:    (ばた)
 ”風神”真九郎:    (生きろ!><)
 蘭:    諦めた。確定で・・・
 ORIDE(GM):    ファイナルアンサー?
 蘭:    FA
 ORIDE(GM):    了解。
 ORIDE(GM):    月が翳ると同時に…川面から薄く靄のような物があがります。しかし…
 ORIDE(GM):    その靄は墨のように黒い。
 ORIDE(GM):    墓所の土を思わせる匂いが吹きすさぶと真夏にも関わらずゾクリとした冷気が肩を震わせる>真九郎&蘭
 ”風神”真九郎:    刀に手を・・・
 ORIDE(GM):    その靄が百介が見つめる先で凝り集まるように漂っていて…アヤカシともいえない「物の気」のような「浮遊霊」のような物が風となって漂ってきます>真九郎
 ORIDE(GM):    蘭はまっくらになって霧の中を彷徨っているような状態で、風鳴りと亡者の声が交じり合ったような幻聴で混乱に>蘭
 蘭:    「く・・・?!」
 ORIDE(GM):    その靄の中から…ざ、ざ、っと不規則な足音で歩んでくる武家成りの人間が一人見える>真九郎
 ”風神”真九郎:    「落ち着け、お蘭。すぐに片付ける。」>蘭
 ORIDE(GM):    百介「やはり…みえませぬ」ぼそ
 ”風神”真九郎:    「姐さん、知ってる人かい?」>百介
 ORIDE(GM):    格好は長旅のように煤けて汚れており、みすぼらしい有様だが白銀と赤黒い染みが混ざった血刀を抜き身で下げている>真九郎
 ORIDE(GM):    百介「恥ずかしながら修行不足で…にくいあんちくしょうの気配すらわっちには見えませんのさ」>真九郎
 ”風神”真九郎:    「知っているわけか…。」>百介
 ORIDE(GM):    百介「業が深すぎて、真っ黒黒介、五里夢中。姿形も分りませんのさ」
 ORIDE(GM):    その無様な衣装の武家は深く呼吸しているが…見通せるのは爛々と血走った目のみで顔形は靄に包まれています>真九郎
 ”風神”真九郎:    武家の格好の人は?
 ”風神”真九郎:    家紋とか残ってる?<服
 ORIDE(GM):    無紋ですね>服
 ”風神”真九郎:    うい
 ORIDE(GM):    靄を纏った武士は片足を引き釣り、不規則な歩みで川側を進みます。
 ”風神”真九郎:    「お蘭、歩けるか?」>蘭
 ORIDE(GM):    あたりは冥土の三途の川の側にでも化したかのようにシーンと静まる中、亡者のうめき声だけが低くなり続けます>真九郎&蘭
 蘭:    「な、なんとか・・」
 ”風神”真九郎:    「あの武家姿を追うぞ。」>蘭
 蘭:    「はい・・・!」
 ”風神”真九郎:    武家姿を追います>M
 ORIDE(GM):    【心魂受動:尾行】を>真九郎&蘭
 ”風神”真九郎:    POD1使用
 ”風神”真九郎:    残り18
---0:26 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで6D6を振りました 5+6+6+4+6+6=33---
 ”風神”真九郎:    ぶっ!w
 春庵:    (なんつー達成度(笑))
 ORIDE(GM):    すばらすぃ(笑)
---0:26 蘭 が祈りながら右手で4D6を振りました 2+4+6+6=18---
 蘭:    すごーい^^;
 ”風神”真九郎:    えーと…49!(笑)
 蘭:    26かな^^;
 ORIDE(GM):    完全なる隠形といって良いかもしれない(笑)>49
---0:27 ORIDE(GM) が祈りながら4D6を振りました 5+2+3+4=14---
 ORIDE(GM):    リロール。
---0:27 ORIDE(GM) が祈りながら4D6を振りました 2+6+5+3=16---
 ORIDE(GM):    20か…
 ORIDE(GM):    しゃあねえ。確定。
 春庵:    (4Dで26超えもまず無理があるしなぁ)
 ORIDE(GM):    一瞬、振り返った靄男は今宵の犠牲者を求めて彷徨いはじめます>真九郎&蘭
 ”風神”真九郎:    (あれ、リロールできたっけ?<GM側)
 ORIDE(GM):    (えとシナリオ的に黙秘権を行使する)
 蘭:    (りょかい)
 ”風神”真九郎:    (そういうことなら了解)
---0:29 ORIDE(GM) が祈りながら4D6を振りました 3+5+1+2=11---
---0:29 ORIDE(GM) が祈りながら4D6を振りました 5+2+5+1=13---
 ORIDE(GM):    しばし彷徨う謎の男。次第にじれて来たか徐々に刀を差し上げてまるで刀をアンテナのように突き出しながら…女の姿を探します>靄男
 ORIDE(GM):    そうすると…
 ORIDE(GM):    まるでひょっと迷い出たかのようにどこからとも無く、ちょっとやつれ気味の莫蓮女といった女が現れます>真九郎&蘭
 ORIDE(GM):    まるで夢遊病のようにきょとりとして間近に近づく男に気付く気配すらない>莫連女
 ”風神”真九郎:    「まずい!」
 ”風神”真九郎:    女と武家の間に割り込む>
 ”風神”真九郎:    M
 蘭:    「あぶない!」
 ORIDE(GM):    【機敏能動:疾走:25】と要求しよう>真九郎
 ”風神”真九郎:    疾駆足して7D。おけ?>M
 ORIDE(GM):    どぞ
---0:35 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで7D6を振りました 4+5+3+1+5+2+3=23---
 ”風神”真九郎:    稼いでリロール
 ORIDE(GM):    お。
 ORIDE(GM):    どぞ
 ”風神”真九郎:    霊力5変わらず
---0:35 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで7D6を振りました 2+3+1+5+4+6+6=27---
---0:35 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで7D6を振りました 4+4+5+3+1+1+3=21---
 ”風神”真九郎:    失礼35で確定
 ORIDE(GM):    27+8のみ有効ですね?
 ”風神”真九郎:    ダイスみんが誤爆した
 ORIDE(GM):    了解。したら…赤黒い武家の魂を振りかざした靄男が女に殺到する直前!
 ORIDE(GM):    紫電のように走りこんだ真九郎が男の不意をつく>真九郎&蘭
 ORIDE(GM):    男は一瞬、躊躇したが「にやり」と笑みを浮かべた気配と共に刀を振り翳して真九郎に攻撃を開始>真九郎
 ORIDE(GM):    イニシアチブ>真九郎
---0:39 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで5D6を振りました 2+5+6+4+1=18---
 ”風神”真九郎:    霊力5>6 22で確定
---0:40 ORIDE(GM) が祈りながら4D6を振りました 6+1+6+3=16---
 ORIDE(GM):    24で先手。
 ”風神”真九郎:    「来るか」
 ORIDE(GM):    上段から斬撃。
---0:40 ORIDE(GM) が祈りながら7D6を振りました 2+1+1+4+3+5+5=21---
 ORIDE(GM):    21で攻撃>真九郎
 ”風神”真九郎:    POD2点使用
 ”風神”真九郎:    18>16
---0:41 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで7D6を振りました 3+2+4+1+1+1+4=16---
 ORIDE(GM):    ふ。
 ”風神”真九郎:    獲得リロール
---0:42 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで7D6を振りました 4+3+6+4+5+1+4=27---
 ”風神”真九郎:    31確定
 春庵:    (がんばれ先生~)
 ORIDE(GM):    そうすると辛うじて交わした直後に…赤鰯のような穢れた刃が走り抜ける>真九郎
 蘭:    「風見様!」
 ”風神”真九郎:    「太刀筋は確か…か。」
 ORIDE(GM):    太刀筋の見極めを行うなら【心魂能動:剣術】で21以上>真九郎
---0:44 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで5D6を振りました 6+2+5+5+5=23---
 ”風神”真九郎:    27で確定、クリア
 蘭:    (さすが先生)
 ORIDE(GM):    恐らく…初手の不意打ちで太刀筋を偽装するのがおろそかになったか…神道流の正上段の太刀を我流に崩した物と見た>真九郎
 ”風神”真九郎:    了解>M
 ORIDE(GM):    真九郎が交わしたのを見て…靄男はゆらーりと足を極端にまげて猫背になり、刀を横一文字に突き出した…剣先が低くとても遣りずらい感じだ>真九郎
 ORIDE(GM):    真九郎が突撃した辺りから…靄男の周辺の気が乱れて…陰陽大極図のように減少し…人影くらいはうっすらと見えてきます>蘭
 ORIDE(GM):    そちらの後攻はどうしますか?>真九郎
 ”風神”真九郎:    「低い斬撃…そこからか。」
 ”風神”真九郎:    攻撃しますよ>M
 ORIDE(GM):    どぞ>真九郎
 ”風神”真九郎:    とりあえず、普通に居合いで斬ってみやう
---0:50 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで7D6を振りました 2+3+6+2+5+4+3=25---
---0:50 ”風神”真九郎 が最初からクライマックスで7D6を振りました 5+6+1+1+3+4+1=21---
 ”風神”真九郎:    ああゴメン何度も
 ”風神”真九郎:    最初の29で確定
---0:50 ORIDE(GM) が祈りながら7D6を振りました 5+5+3+1+3+5+3=25---
 ORIDE(GM):    リロール
---0:51 ORIDE(GM) が祈りながら7D6を振りました 5+6+1+3+3+4+4=26---
 ORIDE(GM):    靄男を捕らえた!とおもいきや、不自然な身のこなしで辛うじて斬撃を交わす。>真九郎
 ORIDE(GM):    闇の中で相手は真九郎を見定めるように観ているのを感じる>真九郎
 ”風神”真九郎:    こっちも様子見です。
 ORIDE(GM):    ちなみに一つ質問>真九郎
 ”風神”真九郎:    うい?
 ORIDE(GM):    衣装か印籠に家紋入れてる?>真九郎
 ”風神”真九郎:    入れてないねえ>M
 ORIDE(GM):    ちいい残念。
 ORIDE(GM):    そうすっと・・・
 ORIDE(GM):    鵺が泣いたか、女子が絞め殺されたかというような軋るような音を残して…男が大川の葦原に跳躍!>真九郎
 ORIDE(GM):    ずぼっと極端な猫背のまま腰高の葦原に全身が隠れる>真九郎&蘭
---0:55 ORIDE(GM) が祈りながら7D6を振りました 2+1+2+3+2+5+2=17---
 ORIDE(GM):    剣客の用心として基本ですが…跳躍した地点から蛇行気味に位置を変えてから・・・シーンと気配を殺します>靄男
 ORIDE(GM):    追跡する?>真九郎&蘭
 ”風神”真九郎:    夜はあけそう?>M
 ORIDE(GM):    まだまだっす>真九郎
 ”風神”真九郎:    んー蘭もちょっと気に当てられたっぽいし
 ”風神”真九郎:    追わない
 蘭:    私は深追いできないですね・・
 蘭:    しても後ろからずば、で終わりますねー(涙)
 ORIDE(GM):    では徐々に雲が晴れる頃には邪気も晴れて…靄男の姿はありません。
 蘭:    「申し訳ありませんでした、風見様」
 ORIDE(GM):    そろそろ。その頃の春庵先生の方に撮影機を移します(笑)。
 春庵:    (というか二人とも寄せられてきた女のことも気にしようよ……)
 春庵:    へい(笑)
 蘭:    (あーw)
 ”風神”真九郎:    「気にするな、とりあえず今晩の所は相手に会えただけで良しとしよう。」>お蘭
 春庵:    (しかしこー、なんとなく「相手はツキガミ使い?」と直感が囁く)

★ないとみゅーじあむ

ORIDE(GM):    と、その頃…>春庵
 ORIDE(GM):    南町奉行所に赴き、門番に秘密の合言葉を囁くと…何故か記録庫に入れます>春庵
 春庵:    山と積まれた捜査記録と格闘中(笑)
 ORIDE(GM):    でですね>春庵
 ORIDE(GM):    夜分、遅くにですが。
 ORIDE(GM):    廊下に人の気配が>春庵
 春庵:    ふむ。
 ORIDE(GM):    ?「ご精が出ますな」と上品な面持ちの60歳くらいの男性が書庫に入ってきます>春庵
 春庵:    んー、声に聞き覚えは?
 ORIDE(GM):    男性はしばらく幾つかの本を手に取ると…少しだけ興味深げにあなたの方をチラリと>春庵
 ORIDE(GM):    無いと思う>春庵
 春庵:    了解。
 春庵:    「ええ。今のところはまだ行動で手掛かりを集めるしかありませんのでね」>?
 ORIDE(GM):    男性「お邪魔致しますよ」と断って少し離れた場所に手燭を置いて書物を読み始める男性。
 ORIDE(GM):    ・・・・・・読書中。
 ORIDE(GM):    ・・・・読書中。
 ORIDE(GM):    ・・・読書中。
 ORIDE(GM):    ・・・
 ORIDE(GM):    ・・・
 ORIDE(GM):    チラリ
 ORIDE(GM):    ・・・
 ORIDE(GM):    ・・・
 ORIDE(GM):    ・・・
 ORIDE(GM):    ・・・
 ORIDE(GM):    ・・・
 ORIDE(GM):    チラ
 春庵:    「(………はて?)」>視線
 ORIDE(GM):    えーと検索内容は60年前、夜鷹(百介)、心中だっけ?>春庵
 春庵:    ええと、最後のキーワードは「左足」と言うてますね。
 ORIDE(GM):    そかそか。
 ORIDE(GM):    【心魂能動:博識:20】くらいかな。とりあえず。>春庵
 春庵:    では普通に。
---1:10 春庵 が投げやりに6D6を振りました 2+2+1+3+3+4=15---
 春庵:    ええいリロールっ
 ORIDE(GM):    どぞ
---1:10 春庵 が投げやりに6D6を振りました 3+2+5+2+3+3=18---
 ORIDE(GM):    ・・・
 春庵:    ありゃ?
 春庵:    もう一度っ
 ORIDE(GM):    どぞ。
---1:10 春庵 が投げやりに6D6を振りました 3+3+5+2+4+3=20---
 ORIDE(GM):    ・・・・・・今までのツケ?(笑)
 春庵:    なんか妙に出目が……。20で確定。
 ORIDE(GM):    了解。
 ORIDE(GM):    調べてすぐに分りますが…
 春庵:    (獲得4/残り2)
 ORIDE(GM):    現在・・6年前・・・60年前に至るも「百介」という名の「元深川芸者」という人間は人別にありません>春庵
 春庵:    ふむ。
 ORIDE(GM):    じーーっくり調べますが…百介の昔語りと引き合うような?重なるような事件記録もなさそうな按配…>春庵
 春庵:    ほほう。
 ORIDE(GM):    かなり集中して調べていたのか眉間に皺を寄せていたらしく…男「思わしくありませんか?」と尋ねてきます>春庵
 春庵:    「そうですね。あまり思わしいとは言えません」
 ORIDE(GM):    男性「あまり真剣なご様子についお声を掛けてしまいました。もし宜しければお手伝いしましょうか?」>春庵
 春庵:    「いえ、お気づかいだけ有り難く」>男性
 ORIDE(GM):    なんかちょっと残念そーにしぶしぶ自分シートに戻って読書再開。
 蘭:    (か、かわいい・・?!(笑))
 春庵:    (これがお奉行とか言わんよな?(笑))
 春庵:    「さて、とはいうもののそれらしき事件記録はなし、ですか……」ぼそ
 ORIDE(GM):    男性「事件記録?」
 ORIDE(GM):    キラン
 ORIDE(GM):    男性「私はこの書庫には些か通っておりますのでお役に立てるかと思いますぞ」>春庵
 春庵:    (何かスイッチ踏み抜いたっ?)
 ORIDE(GM):    男性「特に北町筋の事件も置いてあるとはいえ、一部、抜粋のみの案件もありますので注意が必要ですぞ」じりじり>春庵
 蘭:    (ほんまにかわいいなぁ・・(笑))
 春庵:    「え、ええと、それではご助力をお願いします」押し切られた(笑)
 ORIDE(GM):    男性「私の事は…そう、榊銀杏乃介と申します」>春庵
 ”風神”真九郎:    (先生が負けた?!w)
 春庵:    (レンほどのらくら型じゃないのよ(笑))
 ORIDE(GM):    えれえ偽名臭いですが。
 ”風神”真九郎:    (のらくろ?(まてw)

*)榊 銀杏乃介=当然、偽名です。気になる方はアヤカシのルールブックの人名録から誰の偽名か推理してみてください。
 ORIDE(GM):    榊「何年前の事件ですかな?」聞き聞き>春庵
 春庵:    「それでは、榊殿……およそ60年前、深川芸者が左足に重度の障害を残すことになった事件を探しているのです」
 ORIDE(GM):    榊「ふむ…さすれば…町屋の開業医かもしれませんが、療養所の記録も当たってみた方が良いかな…まてよ…記録するに当たらず…という判断で…」思考中
---1:25 ORIDE(GM) が祈りながら6D6を振りました 2+1+2+1+1+1=8---
 ORIDE(GM):    ぶ。
 春庵:    (ある意味すげぇ(笑))
 ORIDE(GM):    すげえ…
 ORIDE(GM):    リローる。
---1:26 ORIDE(GM) が祈りながら6D6を振りました 4+1+5+3+6+2=21---
 蘭:    こんどはがんばったw
 ORIDE(GM):    榊は一旦、しくじった様ですが…まるで神仏に祈るように一念発起すると手早く効率的に頑張って調べを進めます>春庵
 ORIDE(GM):    榊「無いようですな…そもそも"足に障害"というのも色々あるのですが…まあ火傷や事故ならまだしも…病となると哀れですな」>春庵
 ORIDE(GM):    榊「実は知己の子息に神道流の免許皆伝を受けた俊才が居ったのですが…成人直前に病で足がはれ上がりましてな」
 春庵:    「……ほう?」(目がきらりん)
 ORIDE(GM):    榊「知人も大変悩んだとは思うのですが…跡継ぎに病が現れては役目に障ると…跡継ぎから外しましてな」>春庵
 春庵:    「なるほど。そのご子息はさぞ無念だったことでしょうね」
 ORIDE(GM):    榊「部屋住みとして養っていこうと思っていたそうですが…剣士としても旗本としても役立たずの烙印を押されたと道を踏み外しましてね」>春庵
 ORIDE(GM):    榊「ある日…元の道場仲間を切り殺して出奔したそうです」
 ORIDE(GM):    榊「今頃、どこで何をしておるやら…」
 ORIDE(GM):    榊は懐から手帳を取り出して痛ましげに何頁か繰ります>春庵
 ORIDE(GM):    表紙に「みみぶくろ」とかかれているようです>手帳
 ORIDE(GM):    榊はある図面を出します>春庵
 春庵:    ふむふむ?
 ORIDE(GM):    榊「漢方医は"人面痕"だと申しましたが…まあそう見えなくもないといった所。恐らく人の体の仕組みが狂った時、ごくまれに起こる不幸な病ではないかと思うのですが…」>春庵
 ORIDE(GM):    醜く爛れて引き連れた男性の足の素描です>手帳の図
 春庵:    ええと、それは医術と蘭学のコンボで調べてみたいところですが>M
 ORIDE(GM):    榊「知人は加持祈祷を行う山伏の所に相談に行ったとか」
 ORIDE(GM):    【心魂能動:蘭学・医術:20】ですな>春庵
 春庵:    では7D6で。
---1:39 春庵 が投げやりに7D6を振りました 6+6+4+2+4+1+5=28---
 春庵:    36。更に1点獲得
 ORIDE(GM):    そうですねー、漢方では分りにくいですが蘭学的には血筋に纏わる難病で術式を用いても治癒は困難とされている筋萎縮症の一種でしょう。」>春庵
 春庵:    なるほどー。
 ORIDE(GM):    全身に病が回る場合と…特定部位に集中する場合があるそうですが、どうもこのクランケは後者のようです>春庵
 ORIDE(GM):    正しい理解と診断があれば書見や内勤なら問題なかったんでしょうがね。
 ORIDE(GM):    武家方・・・剣士の資質・・・名誉を気にする旗本の家柄・・・病の原因不明・・・その辺りが過剰な対応を招いたんでしょうが、この時代にはよくあった事よくあった事>春庵
 ORIDE(GM):    なんかそんな脱線してる間にそろそろ時間が来たよーですね。
 ORIDE(GM):    質問が無ければ「謎の侍・榊銀杏乃介の助力で念入りに調べたが探していた資料は見つからなかった」という事で・・・。
 春庵:    「そのご子息のお名前を伺っても?」>榊
 ORIDE(GM):    あ、榊さんから「資料探しに疲れたら、奥の間に夜勤の同心が横になる部屋がありますよ」と
 ORIDE(GM):    おお。
 ORIDE(GM):    榊「名を柳原源蔵と申しました。そのしなやかな太刀捌きから"柳の"源蔵とまで異名をとった腕前だったのですが」>春庵
 春庵:    「柳原源蔵殿ですね、ありがとうございます」>榊
 ORIDE(GM):    榊「いえいえ、お役に立てれば幸い」>春庵
 ORIDE(GM):    では榊の好意を受けて、仮眠して早朝木戸が開き次第撤収…という事で良い?>春庵
 春庵:    OKです
 ORIDE(GM):    んじゃ今日の所はこの編で一旦切りましょう。
 ORIDE(GM):    ================================================続
 ”風神”真九郎:    おつかれさまでしたー
 蘭:    お疲れ様でしたー
 ORIDE(GM):    お疲れ様でした>ALL
 春庵:    お疲れ様でした~