※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

The State of Rhode Island and Providence Plantations

州の愛称: 海洋の州 The Ocean State
州都 プロビデンス
最大の都市 プロビデンス
州知事 ドナルド・カーチェリ
公用語 不文律: 英語
面積
総計 4,002 km²
陸地 2,707 km²
水域 1,295 km² (32.4%)
人口(2003年)
総計 1,076,164人
人口密度 268.91人/km² 全米第43位
合衆国加入
順番 13番目
加入年月日 1790年5月29日
時間帯 UTC -5 / DST -4
緯度 北緯41°18' - 42°1'
経度 西経71°8' - 71°53'
幅 50 km
長さ 65 km
標高
最高標高 247 m
平均標高 60 m
最低標高 0 m
略称 (ISO 3166-2) US-RI


独立時の13州の1つ。全米50州の中で最小の州であり、Little Rhody(リトル・ローディー)という愛称を持つ。もっとも、より一般的な愛称は、地形的な理由、すなわち、州内の陸地の奥深くまでナラガンセット湾が入り込んでいることから、観光用パンフレットでよく使われる The Ocean State であり、これは自動車のナンバープレートにも記されている。

公式名称は、全米で最も長い State of Rhode Island and Providence Plantations である。日本語訳すると、「ロードアイランド及びプロビデンス・プランテーション州」となる。プランテーションを「植民地」や「農園」などと訳す人はいるが、ロードアイランドの方を「ロード島」と訳す人は見かけない。ロードアイランドは、ナラガンセット湾の島で、現在はニューポート郡に属する。プロビデンス・プランテーションは、ロードアイランド州の起源となった植民地集落の名で、ここを中心に、ロードアイランドなどの周辺地域に農地を広げていった。

歴史

1636年1月、イギリス国教会およびアメリカン・インディアンの土地の強奪に対する強烈な批判を行ったためマサチューセッツ湾植民地を追放されたロジャー・ウィリアムズと4人の信奉者が、ナラガンセット湾の北部沿岸の土地をアメリカンインディアンから購入して、集落を作った。ウィリアムズは、ここをバプテスト開拓者のための宗教的自由の地と宣言し、プロヴィデンス(神の摂理)と名付けた。

ロジャー・ウィリアムズが去ったマサチューセッツ湾植民地では、今度は、アン・ハッチンソンという女性が、反律法主義の立場から聖職者たちの地位を否定する信仰を説き、多くの民衆の心を掴んだため、聖職者や施政者から危険視され、ついには1638年3月に追放された。彼女は夫と数人の弟子と共に、プロヴィデンスへ向かったが、彼女の信仰は受け入れられず、ロードアイランドへ渡り、現在のポーツマス町を設立した。

その後、プロビデンスのロジャー・ウィリアムズらは、バプテストだけに限らず、広く信教の自由を認めるようになり、クエーカー教徒、ユダヤ人、カトリック教徒などを受け入れ、完全な信教の自由を保障する唯一の植民地として発展した。

1652年5月18日、北アメリカで最初に、奴隷を禁止する法律を制定した。

1663年7月8日、イギリス国王チャールズ2世は、ジョン・クラークに対して、4つの植民地を統合した「ロードアイランド及びプロビデンス植民地」の勅許状を与えた。

1776年5月に独立を宣言し、同年7月、13植民地合同で独立を宣言した。

中央集権化に反対するロードアイランドは、1787年の合衆国憲法制定会議をボイコットした。合衆国成立後も憲法の批准をためらっていたが、連邦からは外国と宣告され、他州との交易品に関税が課せられることの危機感から、1790年5月29日に批准した。

地理

ロードアイランド州はマサチューセッツ州と北及び東に接し、コネチカット州と西を接し、南はロードアイランド・サウンド(ロードアイランド海峡、w:Rhode Island Sound)及び大西洋に接している。ここはニューヨーク州との境界を水上で共有している。南から北へ州内に大きく食い込んだナラガンセット湾(Narragansett Bay)はこの州の地形の主要な特徴である。ビーチが有名なブロック島は、本土の南部海岸からおおよそ12マイル (19 km) 離れた、ロードアイランド・サウンドをはさんだ所にあり外海に面している。

ナラガンセット湾内部に、多くの市町村がある30以上の島が点在する。最大の島はニューポート、ミドルタウン、及び ポーツマスの自治体によって共有された、アクイドネック島(別名ロードアイランド、 Aquidneck Island )である。この湾内の主な大きな島はアクイドネック島とコナニカット島(Conanicut Island)、プルーデンス島(Prudence Island)の三つであり、ほかにホープ島(Hope)、及びディスペア島(Despair)などがある。

ロードアイランド州は北部植民地 (別名 "ニューイングランド" 植民地) の1つである。

人口動勢

1790年 68,825人
1800年 69,122人
1810年 76,931人
1820年 83,059人
1830年 97,199人
1840年 108,830人
1850年 147,545人
1860年 174,620人
1870年 217,353人
1880年 276,531人
1890年 345,506人
1900年 428,556人
1910年 542,610人
1920年 604,397人
1930年 687,497人
1940年 713,346人
1950年 791,896人
1960年 859,488人
1970年 946,725人
1980年 947,154人
1990年 1,003,464人
2000年 1,048,319人
2005年 1,076,189人

2005年次、

この州の人種的関係は:
81.9% 白人
8.7% ヒスパニック
4.5% アフリカン・アメリカン
2.3% アジア
0.5% 先住民
2.7% 混血

ロードアイランド州内の5つの大きな祖先グループは:イタリア系 (19%)、アイルランド系 (18.4%)、イギリス系 (12%)、フランス系 (10.9%)、ポルトガル系 (8.7%)。

ロードアイランド州の人口の6.1%は5歳以下、18歳以下が23.6%と報告され、14.5%は65歳以上である。女性は人口のおおよそ52%である。

ロードアイランド州はイタリア系アメリカ人 (プロビデンス市に集中する) の比率が高くこの国の中で他の州よりもポルトガル系祖先 (ブリストル郡で目立つ) のアメリカ人の比率が高くなっている。フランス系カナダ人はアイルランド系アメリカ人がニューポート及びケント郡に最大に存在するのに対してプロビデンス郡北部の一部で最大である。イギリス系祖先はこの州内に同じように、特にワシントン郡内に存在している。

宗教

ロードアイランド州の住民の宗教関係は:

キリスト教 – 81%
ローマ・カトリック – 52%
プロテスタント – 28%
Episcopal – 8%
バプテスト – 6%
他のプロテスタント – 14%
他のキリスト教 – 1%
ユダヤ教 – 2%
他の宗教 – 1%
無宗教 – 16%
ロードアイランド州は州内で大きなイタリア系、w:French Canadian、アイルランド系、ポルトガル系、プエルトリコ系、及びカボベルデ系コミュニティーによる国の中でカトリック系が高い比率となっている。

都市及び町

ロードアイランド州には39の都市及び町が設置されている。

これらの都市はプロビデンス、イーストプロビデンス(East Providence)、ニューポート(Newport)、Warwick、Cranston、セントラルフォールズ(Central Falls)、Pawtucket 及び Woonsocket である。

これらの町はBarrington、ブリストル(Bristol)、 Burrillville、チャールズタウン(Charleston)、 Coventry、Cumberland、East Greenwich、Exeter、Foster、Glocester、Hopkinton、ジェームズタウン(Jamestown)、Johnston、リンカーン(Lincoln)、Little Compton、ミドルタウン(Middletown)、Narragansett、New Shoreham (Block Island)、North Kingstown、ノースプロビデンス(North Providence)North Smithfield、Portsmouth、リッチモンド(Richmond)、Scituate、スミスフィールド(Smithfield)、South Kingstown、Tiverton、Warren、West Greenwich、West Warwick、及び Westerly である。

プロビデンス郡: 1703年設置。1729年に、プロビデンス・プランテーション郡から改称。中心地は、プロビデンス。
ニューポート郡: 1703年設置。1729年に、ロードアイランド郡から改称。中心地は、ニューポート。
ワシントン郡: 1729年設置。プロビデンス・プランテーション郡から分割。1781年、キングス郡から改称。中心地は、ウェスト・キングストン。ワシントン郡は、一般には、サウス郡と呼ばれることが多い。
ケント郡: 1750年設置。プロビデンス・プランテーション郡から分割。中心地は、イースト・グリーンウィッチ。
ブリストル郡: 1747年設置。植民地間の境界論争の結果、マサチューセッツ植民地のブリストル郡(1685年設置)の一部を取得。中心地は、ブリストル。

政治と法律

大統領選挙では、伝統的に民主党が優勢である。

経済

ロードアイランド州の2000年の州総生産はアメリカ合衆国内で45番目に位置する、330億ドルであった。この2000年の一人当たりの収入はアメリカ合衆国内で16番目の、29,685米ドルであった。

ロードアイランド州の農業生産は苗床台、野菜、酪農製品及び卵である。ここの産業生産はファッション装身具、加工金属製品、電気設備、機械、造船及びボート製造、並びに観光業である。

教育

プロビデンスはブラウン大学、Rhode Island School of Design、及びProvidence Collegeを含む多くの学校の本拠地となっている。

ロードアイランド州は州の南部の一角キングストンに位置するロードアイランド大学、プロビデンス市内にあるロードアイランド・カレッジ等、いくつかの州立単科/総合大学がある。

単科/総合大学

w:Gibbs College
ブラウン大学
w:Bryant University (a w:business school)
w:Johnson & Wales University
w:Naval War College
ニューイングランド工科大学
w:Community College of Rhode Island
w:Providence College 
ロードアイランド・カレッジ
ロードアイランドデザイン学校
ロジャー・ウィリアムス大学
w:Salve Regina University
ロードアイランド大学

芸術・文化

スポーツチーム

ポータケット・レッドソックス, マイナーリーグ ボストン・レッドソックスの傘下。
プロビデンス Bruins, AHL (minor league hockey) Boston Bruinsの傘下

外部リンク

ウィキメディア・コモンズに、ロードアイランド州に関連するマルチメディアがあります。州政府(英語)
在ボストン日本国総領事館
ロードアイランド日米協会