※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Hastur
ハストゥール
名状しがたきもの、星間宇宙を渡るもの、悪の貴公子

牧羊者の温厚なる、自然神、邪神、旧支配者、エントロピー

古代都市カルコサ近くの黒きハリ湖に幽閉されている。
又、セラエノを支配している。

まれに生物に乗り移ると、その生物は体が膨らみ鱗のようなものに覆われ、手足から骨が無くなり流動体のように変形してしまう。これはハスターが去っても永遠に治らない。

CoCのサプリメントの一つ、デルタグリーン・カウントダウンに拠れば、其の本質は“エントロピー”であり、全ての秩序を破壊する。

オーガスト・ダーレスの体系付けに拠れば旧支配者の一柱とされる。クトゥルフの異母兄弟である。四大のうち「風」を象徴し、「水」を象徴するクトゥルフと対立し、クトゥルーに敵対する者に力を貸すとされた。

リン=カーターによれば、ハスターはシュブ=ニグラスの夫とされる。

眷属


化身

黄衣の王
冷徹なる知性を其の両目に湛えた黒蛇

信仰

古代メキシコの神ミクトランテクトリ、古代エジプトの神セトはハスターの化身であるとされる。

登場作品

クトゥルフ神話より前から登場。
羊飼いのハイータ:アンブローズ=ビアーズ作。初出
黄の印(物語り)
クトゥルフ神話に登場したのは、闇に囁くものから。
ハスターの帰還

関連


タグ