※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アウグストゥス金枝篇に拠って召喚した鬼械神

「レガシー」とは「遺産」という意味なので、直訳すると「黄金の遺産」となる。

黄金色をした、古代エジプトの意匠を伺わせる巨大な丸い物体に、人間の顔に似たものが1つ、生えている様な姿をしている。

丸い胴体の正面が展開して無数のビーム砲が現れる。
魔力を収束して放たれるビームも機体と同じく黄金色。
ニトクリスの鏡で反射できた事を考えると概念上はレーザーなのかも知れない。

召喚の際には、全13冊の本が同時に開き、其れ其れから生えてきた黄金の枝が、
伸び、絡み合い、拡がって、藝術を形作り、結実した。

武装

フレイザー砲(大・小)

登場作品