※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


トップ > リファレンス > Core Services Layer > Foundation > NSMutableCopying プロトコルリファレンス

NSMutableCopying プロトコルリファレンス 翻訳元


このページの最終更新: 2010-02-03
ADCの最終更新:2006-05-23


準拠しているクラス 様々なCocoaのクラス
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能な環境 Mac OS X v10.0以降
コンパニオンガイド Memory Management Programming Guide for Cocoa
宣言ファイル NSObject.h

概観(Overview)


 NSMutubleCopyingプロトコルではオブジェクトの可変コピーの為のメソッドを宣言しています。「不変と可変」の区別をしているクラスのみ、このプロトコルを採用すべきです。このような区別を定義していないクラスは代わりにNSCopyingプロトコルに準拠すべきです。
 NSMutableCopyingプロトコルではmutableCopyWithZone:の一つのメソッドを定義していますが、可変コピーは基本的に簡易メソッドであるmutableCopyメソッドを呼び出して行います。mutableCopyメソッドは全てのNSObjectに定義され、単にmutableCopyWithZone:メソッドをデフォルトのゾーンで呼び出すだけです。
 サブクラスがスーパークラスからNSMutableCopyingプロトコルを継承していて、新たなインスタンス変数を宣言している場合、サブクラスは自信のインスタンス変数を適切に制御する為にmutableCopyWithZone:メソッドをオーバーライドし、スーパークラスの実装を最初に呼び出さなければなりません。

このクラスでできること(Tasks)


複製(Copying)

   - mutableCopyWithZone: required method

インスタンスメソッド


mutableCopyWithZone:

可変コピーをした新しいオブジェクトを返します。
- (id)mutableCopyWithZone:(NSZone *)&italic(){zone}
パラメータ
  • zone
    • 新しいインスタンスが確保されるゾーン。NULLであれば、新しいオブジェクトはNSDefaultMallocZoneで返されるデフォルトのゾーンに確保される。
解説
  • 送信者は返されたオブジェクトを暗黙のうちに保持し、リリースする責任を負います。返された複製は複製元が可変、不変どちらであっても可変オブジェクトになります。
使用条件
  • Mac OS X v10.0以降
関連項目
- copyWithZone: (NSCopying Protocol)
- mutableCopy (NSObject class)
宣言ファイル
  • NSObject.h



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|