※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


トップ > リファレンス > Data Management: Data Types & Collections > NSNull クラスリファレンス

NSNull クラスリファレンス翻訳元


このページの最終更新: 2010-01-31
ADCの最終更新:2006-05-23


継承するクラス NSObject
準拠しているプロトコル NSCoding
NSCopying
NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能な環境 Mac OS X v10.0以降
コンパニオンガイド Number and Value Programming Topics for Cocoa
宣言ファイル NSNull.h
サンプルコード AnimatedTableView
GeekGameBoard
MyPhoto
SimpleCalendar
Sketch+Accessibility

概観(Overview)


 NSNullクラスは(nilが使えない)コレクションオブジェクトにおいてnull値を表すのに
使われるシングルトンオブジェクトとして定義されています。

採用しているプロトコル(Adopted Protocols)


   - encodeWithCoder:
   - initWithCoder:
   - copyWithZone:

このクラスでできること(Tasks)


インスタンスの取得(Obtaining an Instance)

   + null

クラスメソッド


null

NSNullクラスのシングルトンインスタンスを返します。
+ (NSNull *)null
戻り値
  • NSNullクラスのシングルトンインスタンス。
使用可能な条件
  • Mac OS X v10.0以降
サンプルコード
宣言ファイル
  • NSNull.h



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|