※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


トップ > リファレンス > Data Management: Data Types & Collections > NSData Class Reference

NSData クラスリファレンス 翻訳元


このページの最終更新: 2010-02-02
ADCの最終更新:2009-10-13


継承するクラス NSObject
準拠しているプロトコル NSCoding
NSCopying
NSMutableCopying
NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能な環境 Mac OS X v10.0以降
宣言ファイル NSData.h
コンパニオンガイド Binary Data Programming Guide for Cocoa
Property List Programming Guide
サンプルコード CocoaHTTPServer
CocoaSOAP
ImageClient
QTMetadataEditor
Sketch-112

概観(Overview)

 NSDataクラスとその可変サブクラスであるNSMutableDataクラスはデータオブジェクトを提供します。つまり、バイトバッファをオブジェクト指向でラッピングします。データオブジェクトは単純な確保された領域(これにはポインタは含まれません)をFoundationオブジェクトとして扱えるようにします。
 NSDataクラスは静的なデータオブジェクトを、NSMutableDataクラスは動的なデータオブジェクトを作成します。NSDataクラスやNSMutableDataクラスは特にデータストレージに使われ、アプリケーション同士のオブジェクトのやり取りにおいても有用であり、データオブジェクトに収容されたデータはアプリケーション同士で移動したりコピーしたりすることができます。
 32ビットCocoaでは、データサイズは理論上2GBの制限(実際には、メモリ領域は他のオブジェクトに使われているはずなのでもっと小さい数字になります)がかけられています。64ビットCocoaではこのデータサイズの上限は理論的には約8EB(実際にはこの制限を要因[?]にすべきではありません)です。
 NSDataクラスはCore Foundationの対応するオブジェクトと「toll-free bridged」です。これはつまり、Core Foundationのオブジェクトは関数やメソッドの呼び出し内のFoundationオブジェクトと相互に交換可能だということを意味しています。したがって、メソッド内のNSData *パラメータにCFDataRefを渡すことも、 関数内のCFDataRefパラメータにNSDataインスタンスを渡すこともできます(コンパイル時の警告を回避するにはキャストする必要があります)。これはNSDataのコンクリートサブクラスにもいえます。詳しくは、「toll-free bridgeにおいて交換可能な型の詳細」を参照してください。


採用しているプロトコル(Adopted Protocols)

   – encodeWithCoder:
   – initWithCoder:
   – copyWithZone:
   – mutableCopyWithZone:


このクラスでできること(Tasks)

データオブジェクトの作成(Creating Data Objects)

   + data
   + dataWithBytes:length:
   + dataWithBytesNoCopy:length:
   + dataWithBytesNoCopy:length:freeWhenDone:
   + dataWithContentsOfFile:
   + dataWithContentsOfFile:options:error:
   + dataWithContentsOfMappedFile:
   + dataWithContentsOfURL:
   + dataWithContentsOfURL:options:error:
   + dataWithData:
   – initWithBytes:length:
   – initWithBytesNoCopy:length:
   – initWithBytesNoCopy:length:freeWhenDone:
   – initWithContentsOfFile:
   – initWithContentsOfFile:options:error:
   – initWithContentsOfMappedFile:
   – initWithContentsOfURL:
   – initWithContentsOfURL:options:error:
   – initWithData:

データへのアクセス(Accessing Data)

   – bytes
   – description
   – getBytes:length:
   – getBytes:range:
   – subdataWithRange:
   – rangeOfData:options:range:
   – getBytes: Deprecated in Mac OS X v10.6

データの確認(Testing Data)

   – isEqualToData:
   – length

データの保存(Storing Data)

   – writeToFile:atomically:
   – writeToFile:options:error:
   – writeToURL:atomically:
   – writeToURL:options:error:


クラスメソッド



インスタンスメソッド



定数(Constants)





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|