※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


トップ > リファレンス > Data Types & Collections? > NSObject プロトコルリファレンス

NSObject プロトコルリファレンス 翻訳元


このページの最終更新: 2010-02-15
ADCの最終更新:2008-12-22


準拠しているクラス NSObject
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能な環境 Mac OS X v10.0以降
宣言ファイル NSObject.h
コンパニオンガイド Cocoa基礎ガイド
Cocoaメモリ管理プログラミングガイド

概観(Overview)


 NSObjectプロトコルは全てのObjective-Cオブジェクトの根幹をなすメソッドをまとめています。
 このプロトコルに準拠しているオブジェクトは、ファーストクラスオブジェクトであると考えることができます。このようなオブジェクトには以下のことが要求されます。
  • クラスであること。クラス階層内での位置づけ。
  • プロトコルに準拠していること。
  • 特定のメッセージに反応できること。
 また、このプロトコルのretainreleaseautoreleaseメソッドを実装しているオブジェクトは、ファンデーションで定義されているオブジェクトの管理と解放の仕組みの中に組み込むことができます(詳細については、Cocoaメモリ管理プログラミングガイドなどを参照してください)。要するに、NSObjectプロトコルに準拠しているオブジェクトはNSArrayNSDictionary?等で定義されるコンテナオブジェクトを使って管理できるようになるのです。
 CocoaのルートクラスであるNSObjectはこのプロトコルに準拠しているので、NSObjectを継承する全てのオブジェクトはこのプロトコルに記述された性質を持っています。

このクラスでできること(Tasks)


クラスの識別(Identifying Classes)

        – class required method
        – superclass required method

オブジェクト比較の関係(Identifying and Comparing Objects)

        – isEqual: required method
        – hash required method
        – self required method

リファレンスカウンタの管理(Managing Reference Counts)

        – retain required method
        – release required method
        – autorelease required method
        – retainCount required method

オブジェクトの継承関係、機能、準拠の確認(Testing Object Inheritance, Behavior, and Conformance)

        – isKindOfClass: required method
        – isMemberOfClass: required method
        – respondsToSelector: required method
        – conformsToProtocol: required method

オブジェクトの記述(Describing Objects)

        – description required method

メッセージ送信(Sending Messages)

        – performSelector: required method
        – performSelector:withObject: required method
        – performSelector:withObject:withObject: required method

ゾーンの決定(Determining Allocation Zones)

        – zone required method

プロキシの識別(Identifying Proxies)

        – isProxy required method

インスタンスメソッド





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|