※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


トップ > Cocoa > Getting Started with Cocoa

Cocoaをはじめよう(翻訳元)


このページの最終更新: 2008-04-11
ADCの最終更新:2006-10-03


技術概観

Cocoaは迅速で効率的な商用レベルのアプリケーション作成をお手伝いします。驚くほどわずかなコーディングで複雑なソフトウェアを作れる先進的で成熟したオブジェクト指向の開発環境がCocoaです。ツールとCocoaAPIがスムーズに統合された環境では、ユーザーインターフェイスのデザインや組み立てとはウィンドウやボタンなどをパレットからドラッグし、これらの特性(attributes)を初期化し、他のオブジェクトと接続する程度のものです。

ノート:Cocoa-Javaは現在Javaを使っているデベロッパのための学習環境です。よってアプリケーションの開発にはお勧めできません。Cocoa-Java APIは後進のObjective-C APIと同様に維持される環境ではないからです。

ここからはじめよう

まずはC言語の知識を得て、プログラミングの基本的な構造を知る事が肝要です。そして、コードを書く前に以下を読んでCocoa環境に慣れておきましょう。

もし時間があれば、基本的コンセプト、用語、デザイン様式、アーキテクチャを含むCocoaのソフト開発の方向性を知るためにCocoaファンダメンタルガイド?をすべて読んでも良いでしょう。

学習過程を知ろう

優れたCocoaプログラマーになるにはまず言語、ツール、インターフェイスに慣れる必要があります。その後で初めて、コードをCocoaアプリケーションに統合する必要に迫られるでしょう。【After that, you might want to integrate an existing code base into a Cocoa application.】

オブジェクト指向のプログラミングを学ぼう








|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|