※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


トップ > リファレンス > グラフィックスとアニメーション:2Dの描画 > NSAffineTransform クラスリファレンス

NSAffineTransform クラスリファレンス 翻訳元


このページの最終更新: 2010-02-07
ADCの最終更新:2009-07-15


継承するクラス NSObject
準拠しているプロトコル NSCoding
NSCopying
NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能な環境 Mac OS X v10.0以降
宣言ファイル NSAffineTransform.h
コンパニオンガイド Cocoa Drawing Guide
サンプルコード DockTile
FunHouse
SpeedometerView
WebKitPluginStarter
WebKitPluginWithJavaScript

概観(Overview)


 NSAffineTransformクラスはアフィン変換の生成、連結、適用の為のメソッドを提供します。
 変換とは、具体的にはある座標系から別の座標系への座標変換の方法のことです。アフィン変換とは、パスの位置関係は維持しますが長さや角度は必ずしも維持しない特別な変換のことです。拡大縮小、回転、平行移動はアフィン変換のサポートする操作ではもっとも多く使われますが、剪断変形をすることもできます。
注: Mac OS v10.3以前ではNSAffineTransformクラスは全てApplication Kit frameworkで宣言、実装されています。なので、MacOS v10.4ではNSAffineTransformクラスはFoundation KitとApplication Kitで分割されています。
 現在のグラフィックスコンテキストやNSBezierPathオブジェクトにアフィン変換を適用するメソッドはApplication KitのNSAffineTransform Additions Reference?に記述されています。

採用しているプロトコル(Adopted Protocols)



このクラスでできること(Tasks)


オブジェクトの生成(Creating an NSAffineTransform Object)

変換の蓄積(Accumulating Transformations)

データやオブジェクトの変換(Transforming Data and Objects)

変換構造体へのアクセス(Accessing the Transformation Structure)


クラスメソッド



インスタンスメソッド



定数(Constants)





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|