※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「NSIndexSet Class Reference」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

NSIndexSet Class Reference」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 //0.下はいじらない
 Tags:&tags()
 
 //1.以下に続けてADCでの分類を書き込みリンクする。「NSHogeのクラスリファレンス」、まで書く
 &link_toppage(トップ) > [[リファレンス]] > データ管理:データ型とコレクション > NSIndexSet クラスリファレンス
 
 //2.リファレンス日本語名を見出し1で書く。wiki内のリンクで用いられるタイトルになる。翻訳元にもリンクする。
 *NSIndexSet クラスリファレンス [[翻訳元>http://developer.apple.com/mac/library/documentation/Cocoa/Reference/Foundation/Classes/NSIndexSet_Class/Reference/Reference.html]]
 
 //3.翻訳元の最終更新日を書く
 このページの最終更新:&date()
 ADCの最終更新:2009-08-28
 
 //4.以下、用語は頻繁に出てくる単語の翻訳ガイドラインを参照しながら翻訳する。
 //5.ある程度書き終わったらタグ(未完または完成、カテゴリ名×3)をつけて下線を引く(広告との境)。これで終了。それではGood Luck!
 //本文開始↓
 
 |BGCOLOR(#eef):継承するクラス|BGCOLOR(#eef):[[NSObject>NSObject Class Reference]]|
 |準拠しているプロトコル|[[NSCoding>NSCoding Protocol Reference]]&br()[[NSCopying>NSCopying Protocol Reference]]&br()[[NSMutableCopying>NSMutableCopying Protocol Reference]]&br()[[NSObject (NSObject)>NSObject Protocol Reference]]|
 |BGCOLOR(#eef):フレームワーク|BGCOLOR(#eef):/System/Library/Frameworks/Foundation.framework|
-|使用可能な環境|Mac OS X v10.0以降|
+|使用可能な環境|Mac OS X v10.3以降|
 |BGCOLOR(#eef):コンパニオンガイド|BGCOLOR(#eef):Collections Programming Topics for Cocoa|
 |宣言ファイル|NSIndexSet.h|
 |BGCOLOR(#eef):サンプルコード|BGCOLOR(#eef):AnimatedTableView&br()DemoMonkey&br()ImageKitDemo&br()iSpend&br()Sketch+Accessibility|
 
 **概観(Overview)
 ----
  NSIndexSetクラスは、その用法から&bold(){インデックス}として知られる符号なし整数の変更不能なコレクションを象徴しています。このコレクションは&bold(){インデックスセット}と呼ばれます。
  コード中ではインデックスセットはデータ構造の中にインデックスをストアするのに使います。例えば、NSArrayオブジェクトがあったとして、インデックスセットをその配列のサブセットを識別するのに使うことができます。
  インデックスセットにはそれぞれのインデックスは一つずつしか収容できません。これは理解すべき重要な概念であり、インデックスセットを整数値をストアするコレクションとして気ままに使用できない理由でもあります。これがどういう動作か説明します。NSIndexSetオブジェクトを4、5、2、5の値を渡して生成した場合、そのインデックスセットには4、5、2のインデックスしか収容されません。インデックスは常にソートされた順が維持されるので、実際に生成したインデックスセットの並び順は2、4、5になります。
  ほとんどの場合、整数値をそれぞれストアするよりもインデックスセットを使う方が効果的です。内部的には、NSIndexSetクラスはインデックスをレンジを使って表現しています。パフォーマンスと効率を最大限に引き出す為に、オーバーラップされたレンジはインデックスセット内で自動的に統合されます。つまり、レンジはオーバーラップされているというよりはマージされている、ということです。以上から、インデックスセットのインデックスがより連続的であるほど、インデックスを表すのに要求されるレンジがより少なくなる、ということになります。
  NSIndexSetクラスの指定イニシャライザはinitWithIndexesInRange:とinitWithIndexSet:です。
  NSIndexSetクラスのサブクラスを作ってはいけません。
  NSIndexSetクラスの変更可能なサブクラスは[[NSMutableIndexSet>NSMutableIndexSet Class Reference]]です。
 #co() {
 全体的に納得いかない訳...
 誰か修正してください。お願いします。
 }
 
 **採用しているプロトコル(Adopted Protocols)
 ----
 [[NSCoding>NSCoding Protocol Reference]]
 &space(4)– encodeWithCoder:
 &space(4)– initWithCoder:
 [[NSCopying>NSCopying Protocol Reference]]
 &space(4)– copyWithZone:
 [[NSMutableCopying>NSMutableCopying Protocol Reference]]
 &space(4)– mutableCopyWithZone:
 
 **このクラスでできること(Tasks)
 ----
 ***インデックスセットの生成(Creating Index Sets)
 &space(4)+ indexSet
 &space(4)+ indexSetWithIndex:
 &space(4)+ indexSetWithIndexesInRange:
 &space(4)– init
 &space(4)– initWithIndex:
 &space(4)– initWithIndexesInRange:
 &space(4)– initWithIndexSet:
 ***インデックスセットの情報の確認(Querying Index Sets)
 &space(4)– containsIndex:
 &space(4)– containsIndexes:
 &space(4)– containsIndexesInRange:
 &space(4)– intersectsIndexesInRange:
 &space(4)– count
 &space(4)– countOfIndexesInRange:
 &space(4)– indexPassingTest:
 &space(4)– indexesPassingTest:
 &space(4)– indexWithOptions:passingTest:
 &space(4)– indexesWithOptions:passingTest:
 &space(4)– indexInRange:options:passingTest:
 &space(4)– indexesInRange:options:passingTest:
 ***インデックスセットの比較(Comparing Index Sets)
 &space(4)– isEqualToIndexSet:
 ***インデックスの取得(Getting Indexes)
 &space(4)– firstIndex
 &space(4)– lastIndex
 &space(4)– indexLessThanIndex:
 &space(4)– indexLessThanOrEqualToIndex:
 &space(4)– indexGreaterThanOrEqualToIndex:
 &space(4)– indexGreaterThanIndex:
 &space(4)– getIndexes:maxCount:inIndexRange:
 ***インデックスの列挙(Enumerating Indexes)
 &space(4)– enumerateIndexesUsingBlock:
 &space(4)– enumerateIndexesWithOptions:usingBlock:
 &space(4)– enumerateIndexesInRange:options:usingBlock:
 
 **クラスメソッド
 ----
 
 **インスタンスメソッド
 ----
 
 **定数(Constants)
 ----
 
 
 ----
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|