毛利元就


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

毛利元就


毛利元就
誕 生 自サイトでは3月14日に何か
やっています
死 没 今年はともかく6月14日に
死ネタを書いてます
歴 史 歴史スタイリッシュアクション
ゲーム
「戦国バサラ」「戦国バサラ2」
「戦国バサラ英雄外伝」参照
生 涯 瀬戸内対決を経て、毛利元就
長曾我部元親のもとへ嫁入り
一 言 兵などしょせん捨て駒よ!!

参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

毛利 元就(もうり もとなり)は、室町時代後期から戦国時代にかけての安芸の国人領主・

戦国大名安芸国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大し、

戦国時代最高の名将の一人と後世評される。用意周到な策略で自軍を勝利へ導く稀代の

策略家として名高い。本姓は大江氏。家系大江広元の四男毛利季光を祖とする毛利氏

の血筋。寒河江氏などは一門にあたる。家紋は一文字三星紋。
安芸国吉田郡山城(現在の広島県安芸高田市吉田町)を本拠とした利弘元の次男。
幼名は松寿丸(しょうじゅまる)、仮名少輔次郎(しょうのじろう)。

 

    

             目次[表示] 
1毛利元就について
2その生涯
    1誕生から幼少時
    2元服と出逢い
    3合戦
    4四国に来るまで
3毛利元就に貢いだ金額  

                                                                                                              [長曾我部元親編集]


2009.04.01 個人サイトのパロネタです  CHOO!SOKABE PC版 / mobile版