■C#メニュー



トータル 今日 昨日
- - -












更新履歴

取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テキストファイルに文字を書き込んで保存する

StreamWriterを使って書き込むらしい。

StreamWriter file_test =
 new StreamWriter("C:\\test.txt",true,Encoding.GetEncoding(\"Shift_JIS\"));
file_test.WriteLine("うほ!!");// どんどん追加できる。
file_test.WriteLine("2行目のうほ!!");
file_test.Close(); // 開けたら閉める

newしたのにdeleteしないの?!とか、メモリの開放が気になってしょうがない人は以下のとおり
using(StreamWriter file_test = 
    new StreamWriter("C:\\test.txt",true,Encoding.GetEncoding("Shift_JIS")))
{
    file_test.WriteLine("うほ!!");// どんどん追加できる。
    file_test.WriteLine("2行目のうほ!!");
    file_test.Close(); // 開けたら閉める
}

usingはDisposeを自動で呼んでるらしいので、これでも同じはず。
C++的な感じが好きならこちらがいいのかしら?
usingの方がどこからどこまで!ってのがはっきり見えてスマートな気がする今日この頃
StreamWriter file_test =
new StreamWriter("C:\\test.txt",true,Encoding.GetEncoding("Shift_JIS"));
file_test.WriteLine("うほ!!");// どんどん追加できる。
file_test.WriteLine("2行目のうほ!!");
file_test.Close(); // 開けたら閉める
file_test.Dispose();// 明示的に開放


ちなみに、StreamWriterの第2引数は追加モードか上書きモードの指定。
trueで追加モード




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー