■C#メニュー



トータル 今日 昨日
- - -












更新履歴

取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

dataGridViewで編集した内容をxmlに保存するには、
dataSetのWriteXmlメソッドを使います。

まず下準備として、dataGridViewとdataSetの関連付けをします。
フォーム上にdataGridView1とdataSet1とbutton1を貼り付けて

dataSet1のTablesに、適当な名前のテーブルを追加し、
Culumnsに列コレクションを作成します。


dataGridView1のプロパティを
 DataSource dataset1
 DataMember Table1 ←上で追加したテーブル名

button1のクリックイベントに
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    dataSet1.WriteXml("test.xml");
}

と記述すれば、dataGridViewで編集した内容がXMLファイルに保存されます。

dataSetの列情報なども一緒に保存する場合は
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    dataSet1.WriteXml("test.xml", XmlWriteMode.WriteSchema);
}
とすれば、保存されます。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー