※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セキュリティとは…警備保障会社を想像してしまうのは 私だけ?security bond
securities(*複数形になると 保険か?とも) 

パソコンのセキュリティを考える

ソフトを導入したら守ってくれるのはどうして?
ホントは、それだけじゃなくて、使う人がある程度意識しないといけないんだよ。
「素人はわからん」と投げやりになられても…。
URLをクリックして、ソフトをDLしたり、(詐欺サイトの)ログインページで
パスワードを要求され『万が一』 入れてしまった場合、安全でないのは自明。

ウイルス対策

ネット繋がっていない時代は、コレだけで済んだのですがw。
いまは、コレだけじゃすまないのであります ケロケロ
パソコンのCドライブ、Dドライブ、CD、DVD、外部記憶USBメモリ、FD等をチェック。

パーソナルファイアーウオール

自分の利用しているパソコンに入れるもの、 (ブロードバンドルータ側の設定で←いまはないのかもしれない)
パーソナルというのはわけがある♪企業用ではないということ。 企業用の場合、ネットに出る
サーバ側にファイアーウオールを導入して、なおかつ PCクライアントでも入れているという2重の安全を
とることもあり。
ファイアーウオール=防火壁
http://securitylink.client.jp/firewall.html  ←まだメモですよ

フィッシング詐欺

受け取ったメールに対してフィッシング詐欺のメールや、迷惑のメールかどうかをしらべてくれたりする。
(Webブラウザ側で、このサイトは フィッシング詐欺のサイトだと警告する)

メール

有害サイトをブロック

個人情報保護


ソフトの中身をぶっちゃけると…(複数ソフトのマニュアル等を比較)

便利で安心なソフトですが、使い方を間違えると、「なんと不便なことをしでかすものだ!」
となりかねません。ソフトがしてくれていることがなんなのか「わかりにくい」とか…。

動作している間 PCの電源が入っている時:パソコンの動作を常に監視したり、
定期的にパソコンの中身を調べてくれています。

そして、不審なものが入って来たり、あやしいと思う動きを察知すれば
動きを止めたり、通信をブロック(止めます)します。
駆除できるものは、駆除。 隔離できるものは、隔離。
怪しい動きだけど、今のパソコンの状態で止めれないものには
警告を出して利用者に伝えます。

利用している方が、パソコンについて詳しくなく、(=ソフトの仕様についても)
知ったかぶりで設定をすると、困った事がおきるのもこの手のソフトではありがちです。
また、設定されなくても、新しいPCのソフトを入れた場合や、
OSをアップデート(Windows Update等)をされた後に
なんで、こんな目にあうのという事が起きやすいです。

なにか問題がおきたら、まよわず サポートの窓口に問い合わせ。
(原因を探してくれます) いろいろ聞かれて面倒だったり、
問い合わせる所が複数あるばあいは、どこにかければいいのかわからなかったり
窓口の、あまり忙しくなさそうな時間帯に電話をかければ、対応外の事もそれとなく
教えてくれたりします。


編集途中ですが めもめも…
めちゃめちゃ参考になる ポッドキャスト シマンテック様の分です(英語)
マイクロソフト(企業のシステム管理者向け)(英語 日本語)
withITという会社様のブログで セキュリティカテゴリー
http://blog.withit.jp/category/01/category-5/