※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

356名前: 259投稿日: 2006/04/18(火) 07:19:10.42 ID:1fpt+5OE0
いちおう>>2からってことで

4月17日AM7:03

「ん…ふぁ~…もう朝かぁ……」
何とか二度寝したいという本能に打ち勝ち、うめき声とも欠伸ともわからない声をあげ俺は目が覚めた。
昨日のバイトのせいだろうか、酷く体がだるい。
自分の部屋からリビングに下りていくと早朝に出ていってしまう親が作った朝ご飯が置いてあった。
無言でそれを手に取りレンジで暖めると、PCの電源をいれる。
慣れた手つきでPCを立ち上げると迷わず2ちゃんねるにいく。
「……見事に今日もつまないスレばっかりだな…」
いつからか2ちゃんねるに行くのが、俺の朝の日課になっていた。

俺、橘 俊介(たちばな しゅんすけ)は何処にでもいる平凡な高校生だ。
引きこもりなわけでもなく、呪いの人形がいるわけでもなく、12人の妹がいるわけでもない。
幼馴染は・・・いちおういるが特に漫画やアニメの様なうれしい関係でもない。
本当になんて事のない高校生だ。

357名前: 259投稿日: 2006/04/18(火) 07:21:05.11 ID:1fpt+5OE0
俊介「ん…?なんだこりゃ……隕石?はあ?」
なんとなしにスレを見ていくとふと目に付いたスレで隕石がどうの、と書かれたスレを見つけた。
俊介「ははっ、隕石か、全くvipはこういうの大好きだなww」
そういいつつ、俺は自然とスレを開いた。
俺は平凡な高校生だがタイムマシンやら隕石やら予言といった、
ばかばかしい話が結構好なのである。
スレの内容はなんとも胡散臭い隕石落下についてがばかばかしくかかれていた。
俊介「こんなのほんとに信じてる奴いんのかよwww」
そう苦笑しながらもスレを見てる内に時間は過ぎていった。

          ピンポーン

突如鳴ったチャイムの音が俺を現実に引き戻す。
俊介「やべっ、もうこんな時間か…」
いつものように幼馴染みが迎えに着てくれる合図で俺はやっとのこと動き出す。
俊介「早く着替えねぇと、また夕(ゆう)が不機嫌になっちまう」
        ドタドタドタ
けたたましく俊介が階段を上っていくなか、
リビングで電源がつきっぱなしのテレビがニュースを伝えていた
「・・・次のニュースです。日本の気象衛星ひまわりは、18日正午よりデータ送信ができない状況となっています。
これに対し、気象庁はこれはただの故障でありしばらくすれば回復することが可能である、と発表しました。
また、ひまわりの故障中はアメリカの気象衛星、ブロンドフールのデータを元にするとのことです。
では次のニュースです・・・」

358 名前: 259 [sage] 投稿日: 2006/04/18(火) 07:22:54.39 ID:1fpt+5OE0
4月17日AM7:47

俊介「わりぃ、待たせたな」
そういいつつ家から出ると玄関前で俺の幼馴染みである相葉 夕(あいば ゆう)が首を横に振っていた
俊介「んじゃあ、行くか」
いつものセリフをいつもどうりに言うと
夕はまたコクリとうなずき俺の横について歩きだした。
夕は昔ある事件で両親無くして以来心に傷を負って喋れなくなってしまっている。
俊介「それにしても平和だなぁ~」
いつものようにくだらない話をしていると、ふと隕石のスレを思い出した。
俊介「知ってるか夕?5月25日に地球に隕石が落ちるらしいぜww」
夕は静かに微笑みを浮かべながら首を横に振っていた。
そうこうしているうちに俺達は学校着いた。

360 名前: 259 [sage] 投稿日: 2006/04/18(火) 07:24:53.25 ID:1fpt+5OE0

4月17日AM8:25

俊介「うあ~、今日も面倒な学校生活の始まりか~、さぼりてぇ~」
俺が間の抜けた事を言ってると横にいた夕が俺の頭にチョップをした。
夕 「……………(フルフル)」
俊介「はははっ、冗談だって、ここまで着たらサボらないよ」
そういうものの夕は疑いの眼差しを止めない。
翼 「おはよう、お二人さん、今日も仲良く夫婦喧嘩ですか、羨ましいですねこの野郎」
俊介「お…おぉ翼、おはようさん」
奥村 翼(おくむら つばさ)は俺の友達でいわゆる悪友ってやつだ。
そうこうしてる内に気が付けば夕は自分の席に着いていた。
翼 「全く仲がいいなぁお前らは……それよりもう見たか?」
俊介「なにをだ?」
翼 「VIPだよVIP、あの隕石の奴だ」
俊介「ああ、アレか…ってかお前あんなの信じてるのかwww」
翼 「おもしろいじゃねぇかよ隕石だぞ、隕石www」
翼は生粋のvipperでサイエンスオタクだった・・・・。科学系の話をしだすとキリがないのだ……。

367 名前: 259 [sage] 投稿日: 2006/04/18(火) 07:39:44.28 ID:1fpt+5OE0
翼は鞄からなにやら雑誌を取り出すと、嬉しそうに俺に見せてきた。
俺が見るのを渋っているのを気にもせず押し付けてくる、どうやら見ないとおさまりそうにないな。
渋々受け取ってやる、「月間アインシュタインメニア  コウガン社…………」
    (こんなモン何処で売ってんだ?)
そう思ったが、聞くときりが無さそうだからあえて聞かなかった。
教師「おまえら時間だぞー、とっとと席に着けー」
HRが始まり、俺は隕石の事を気にもとめず、いつもどうりの怠い授業いつもどうりにうけていた

駄文につきあわせて申し訳ない
俺もそろそろ時間なので
続きは夕方くらいになりそうなのでスレが残っている事を願いつつノシ
429 名前: 259 [sage] 投稿日: 2006/04/18(火) 17:46:53.95 ID:1fpt+5OE0
では駄文に失礼します、クオリティの低さには目をつぶってくださいw

 >>367続き

俺達はそれからも隕石の事など気にせずに毎日を平凡に過ごしていた。
だが少しずつ雑誌などで隕石の事が取り上げられるようになり、その平凡が崩れてきていた。

5月22日AM7:32

いつものように俺が朝起きてTVを見ていると、いきなり画面が緊急速報に変わった
TV「視聴者の皆様、先ほど重大な情報が入りました!
   どうかTVの電源を切らずにそのままで聞いていてください」
俊介「なんなんだ?」
俺は何事かと朝飯そっちのけでTVに注目した。
TV「いま入った情報によりますと、先日から各雑誌などにおいて噂されていた、73Pシュワスマン=
  ヴァハマン彗星の地球接近についてNASAの情報に偽りがあった事が発覚し、
  この彗星が約3日後に地球に衝突することが証明されました。
  日本政府はただちに…………」
(う…嘘だろ?そんなバカな……)

430名前: 259投稿日: 2006/04/18(火) 17:47:38.15 ID:1fpt+5OE0
緊急速報を最後まで聞かず、俺は急いでPCを立ち上げてVIPを開いた

1:隕石キタ――ヽ(゚∀゚)ノ――!!!!(432)
2:俺は隕石を止めてみせるぜ!(3)
3:最後の時までVIPクオリティ(612)
4:地球オワタ\(^o^)/(1)
      ・
      ・
VIP以外の板もどこもかしこも隕石祭りだった。
俺はふらふらイスから立ち上がるとソファに倒れ込んでしまった。
  (これからどうなっちまうんだろうな…学校ももう行かないでいいか……)
そんな事を考えているときに何故か夕の事が頭に浮かんできた。
  (そうだ、夕は……)
                ピンポーン
俺が深く考える間もなくチャイムの音にハッとして急いで玄関に向かった。
案の定そこには夕がいつもの姿でいつものように静かな微笑みを浮かべてそこに立っていた……

432名前: 259投稿日: 2006/04/18(火) 17:57:32.68 ID:1fpt+5OE0

5月22日AM7:52

俊介「…夕……、お前は…」
そこまで言ったところで夕が学校の方を指さした。
俊介「学校?でもそんなもん今さら行ったって何にも…」
夕は俊介の服の裾をクイッとひっぱった。
 俊介「………わかったよ、どうせ家にいてもする事ないし、行くか」
そういうと夕はうれしそうにコクリと頷いた。

434名前: 259投稿日: 2006/04/18(火) 18:21:18.03 ID:1fpt+5OE0

5月22日AM8:32

俺と夕は結局何も喋らないまま学校に付いた。
教室に入るとやはり生徒は4,5人しかいなかった。
俊介「まぁ、仕方ないな」
そうぼやきつつ自分の席に向かうと翼が歩いてきた。
翼「よぉ、俊介まさかお前が来るとは思いもしなかったぜ、朝のニュース見なかったのか?」
翼がなにげに失礼な事をいいながら話しかけてきた。
 俊介「それはこっちのセリフだ、俺もまさかお前が来るとは思いもしなかったぞ、
てっきり妹と一緒に家にいると思ってたのに」
翼には今年中学一年生になったばかりの妹がいるのだ。
  翼「まぁ、俺もそうしようかなとは思ってたけど、いざってときには学校の方が安全だろ?
んで、中学まで送ってからする事無かったから家より近いこっちに来たって訳だ」
 俊介「そうか、俺も夕に言われてくる事にしたからな……
…で、お前はこれからの3日間どうするんだ?」
  翼「どうしようもねぇよ、日本にあるシェルターとかは多分お偉いさんの親族とか金持ちが入って終わりだろう。」
 俊介「まぁ、そうだろうな……、でもお前あんまり喜んでないんだな、
雑誌とかに載ってたときはあんなにハシャいでたのに」
俺はてっきり翼が目を輝かせていると思っていたのだが、こいつの真剣な目に驚いた。
  翼「ギャンブルと同じようなモンだ、来る確率が低いから、ありえないから楽しめる、
だけど今は結果が見えちまったからな、この状態で現実でバカ騒ぎ出来るほど俺はすごくねぇよ」
 俊介「それにしても、担任くるのおそいな」
実際、決められた時間からはすでに20分はたっている。
  翼「教師っつったって人間だからな、来る方が少ないんじゃねぇか?」
結局いつまでたっても教師が来なかったので俺達はこれからの事を話し合いながら、昼には学校を出ていた。


ちょっと誤字とかあるかもしれないが気にせず
また時間がかかりそうなので雑談でもしていて下さい。
779名前: 259投稿日: 2006/04/19(水) 17:29:17.10 ID:ZqmyzDP+0

5月23日PM1:08

「さて、今日も担任こなかった訳だが、ここでぐーたらしているのも何だし、なんか喰いに行くか、相葉さんも来る?」
翼の一言で俺達は久しぶりに外で昼飯を喰う事になったが、当然こんな時に店が開いているわけもなく
普段はにぎわう町には、時折、自衛隊の車両が通る以外は誰も居なかった。
「まぁ、だいたい予想はしていたけどな、なぁ翼、家遠いならこれから俺の家来るか?どうせ誰も居ないし」
「んじゃあ、お言葉に甘えさせてもらうとするよ、相葉さんもくるだろ?」
翼の誘いに夕は首を横に振った。
「こいよ夕、家に帰ってもお前も1人だろ?ならみんなでいた方が楽しいだろうし、な?」
俺はそう言って夕の肩に手を置いた。
「………………(コクン)」
夕は顔を少し赤くして頷いてくれた。
「かぁ~っ、見せつけてくれるじゃねぇか、いいなぁ俺もこんな健気な幼馴染み欲しかったな~、
……っておい、おいてくなよ~」
後ろで嘆く翼をほっといて俺達はさっさと歩き出した。

780名前: 259投稿日: 2006/04/19(水) 17:32:07.80 ID:ZqmyzDP+0

5月23日PM6:32

「じゃあ俺はそろそろ帰るよ」
あれから俺達は俺の家で昼飯を喰って雑談しながら時間をつぶしていた。
「ああ、じゃあまた明日、学校でな」
「おう、んじゃ明日、ちゃんと来いよ俊介、バイバイ相葉さん」
夕は翼に小さく手を振った。
「俊介、ちょっと来い」
翼の手招きに応じて俺は玄関まで行った。
「なんだ?」
「2人っきりだからって相葉さんを襲うなよwww」
翼がにやけて言うと俺はつい熱くなってしまった。
「ばっ……!!」
俺が言い終わる前に翼は家を出ていった。
(まったくあのバカめ、明日しめるとしよう………さて、することないし、早めに飯でも作るか)
そう思い俺は心を落ち着かせて夕のいるリビングに戻ったって夕と一緒に夕飯を作ることにした。

782名前: 259投稿日: 2006/04/19(水) 17:46:45.05 ID:ZqmyzDP+0

5月23日PM7:42

俺と夕は2人であるもの作ったスパゲッティを食べ終わって
話をしていた。
「それにしてもどうなってんだろうな、どのチャンネルも写らないなんて…
ニュース位やってると思ったんだけど…」
何故か翼が帰ってからすぐにTVが写らなくなっていた。
俺が何度かチャンネルを変えているときに夕が俺の事を呼んだ
「どうした夕?……ああ、もうこんな時間か、じゃあすぐそこまでだけど送っていくよ」
そういって俺はソファから立ち上がっt………………」
……………………そこで目の前の世界が……すべてが変わった………………

783名前: 259投稿日: 2006/04/19(水) 17:47:15.21 ID:ZqmyzDP+0

5月23日PM8:13

俺は崩れかけの家の中で目を覚ました。
(アレ?なんでこんなことになってんだ?)
俺は目の前の状態や、さっき起きた事に意識が錯乱しつつ少しずつ思い出した。

5月23日PM7:48

俺がソファから立ち上がろうとしたとき、目の前が一気に揺れた。
爆音と共に全身に衝撃が襲って、俺は地面に立っていられなくなり、よろめいていると
食器の入っていた棚が倒れ、俺の頭に直撃した。
俺が地面に倒れたときに喋れないはずの夕が俺の名前を叫んでいる。
その声がだんだん小さくなり俺の意識はそこで途切れた。

5月23日PM8:18

(そうだ、夕は!?)
俺は夕の事に気付いて体を動かして、崩れかかった玄関前に向かった。
食器棚の下敷きにならずにすんだのは幸運だったと思いつつ、俺は這いながら夕を探した。
10名前: 259投稿日: 2006/04/20(木) 01:49:20.89 ID:cD3f3V/v0
1乙
んじゃ投下します

やっとのこと半壊している玄関前までいくと俺は夕を見つけた
「くっ・・・ゆ・・・夕・・」
玄関前で倒れている夕を見つけ、必死に名前を呼ぼうとするが全身が痛み上手く声が出なかった。
俺は悪態をつきつつ急いで夕のいる方に必死に這っていった。
全身の痛みに耐えながら、ようやく夕の所まで着いて夕が息をしているのに安心した、
どうやら気を失っているようだ。
だがそんな安堵もすぐに焦りに変わった。
今にも倒壊しそうなほど家がギシギシという音を立てている。
俺は急いで夕を背中に乗せて玄関から外の庭に出た。
「ゆう・・・夕・・頼む、起きてくれよ・・・夕」
俺は気を失ったままの夕を何度も必死に呼びかけた。
「・・・・ぅ・・・ん・・・・」
夕が小さなうめき声を上げて気が付くと俺はさらに強く夕を呼んだ。
「夕!聞こえるか?ちゃんと見えてるか?どこも痛くないか?俺が分かるか!?」
質問の洪水に夕は小さく頷いて俺の名前を呟いた。
「しゅ・・・しゅん・・・す・・・け」
昔から喋れないはずの夕が喋って、しかも俺の名前を呼んだ事に驚きを隠せなかった
「ゆ・・夕・・・お、お前・・声が・・・」
そういえば家が崩れる前にも名前を呼ばれていた事に気付き、俺はあっけにとられてフリーズした
「しゅん・・すけ・・、俊介、俊介、しゅんすけぇ・・」
夕は泣きながら俺の名前を呼んで俺にしがみついてきた。
しばらくフリーズしていた俺は気が付くと涙を流していた。
「ゆう・・・夕・・ゆう・・」
夕が喋ってくれた事、夕が俺の名前を十何年ぶりに呼んでくれた事、そして夕が生きていた事、
すべてがうれしくて、俺と夕はこの先の事も考えずに2人でお互いの名前を呼びつつしばらく泣き続けた。


11名前: 259投稿日: 2006/04/20(木) 01:55:15.69 ID:cD3f3V/v0

5月23日PM9:23

しばらくして俺はようやく安心したのか体の力が抜けて庭に倒れ込んだ、
だが、そこから見える夜空の異常さが俺を現実へと呼び戻した。
そのとき夜空は町中とは思えないほど異常なまでに澄んでいた。


12名前: 259投稿日: 2006/04/20(木) 01:56:10.58 ID:cD3f3V/v0

5月24日AM8:03

あれから俺と夕は緊張が解けたせいか、何かをする間もなくすぐに気を失うように寝てしまっていた。
朝になって俺は今が冬でない事に感謝しつつ、隣でまだ寝ている夕を起こした。
「ゆう・・夕、起きろ朝だぞ・・」
俺の声に反応して夕はゆっくりと起きあがった
「しゅん・・すけ・・」
夕が目をこすりながら俺の名前を呼んだ。
「おはよう夕、体は大丈夫か?怪我とかしてなかったか?」
「お・・・おは・・よう、体は・・だ・・だいじょうぶ・・」
夕は久しぶりに喋ったためか小さな声で呟いた。
俺はその様子を見ているとうれしくなって自然と顔が笑っていた。
「どこも怪我してないんだな、よかった…夕、立てるか?」
俺はそういいながら夕に手をさしのべると、夕はしっかりと俺の手を掴んで立ち上がった。
穏やかな心で立ち上がって塀の外を見ると、穏やかな心は一瞬にして戦慄へと変わった。
周りの家はほとんど倒壊しており、それ以外も半壊していて、燃えている所もあった。
以前TVでドラマで地震が起きて都市が滅茶苦茶になったシーンや、
もし地球に隕石が落ちたらという番組で隕石が落ちた後の町の状態がCGで描かれているのを見た事がある。
だが現状はそんなものを遙かに越えていた

耳を澄ますと遠くで誰かの泣き声が聞こえた、隣に住んでいた仲の良い老夫婦の家が跡形もなくなっていた、
目を凝らすと瓦礫の中で血だらけの腕が落ちていた、道路ひびだらけになって血の跡が残っていた、遠くから煙が上がっているのが見えた。

              ・・・・・この世界は俺達が今まで生きてきた世界ではなかった・・・・・・

13名前: 259投稿日: 2006/04/20(木) 01:59:49.29 ID:cD3f3V/v0

5月24日AM8:48

俺と夕はひびの入った道を歩きながら学校へ向かっていた
おそらく学校の体育館には人が集まっていて食料もあるだろうし、
もしかするとそこに両親や翼がいるかもしれない。
そう思い体育館裏に来た、俺達の通ってくる道ならいちいち校門からはいるより塀を越えて体育館裏に出た方が早いし、体育館裏の目立ちにくい扉は前に翼が鍵を空けていたのを知っていたから、そこから入ることにした。

俺が扉を開けるとそこには予想外の光景が見えた。
少かった・・・250人以上は軽くいると思った体育館にはたったが60人程度しかいなかった・・・
俺と夕で、その中から俺の両親と翼を捜したが結局、両方ともいなかった。
「どう・・するの?」
夕が俺に聞いてきた。
「俺は・・俺は翼を捜してくる・・父さんや母さんは結構離れた所で働いていたから、探しに行けないし
それなら翼だけでも見つける・・・・夕、お前はここで、安全な場所で待っていてくれ」
そういって後ろを向いて歩こうとすると夕が服の裾を掴んでいた。
「私も・・俊介と・・行く・・・」
小さな声だが真剣な目でそういった、本当は夕には安全な所にいて欲しかったが、昔からこの目になると夕は絶対譲らなかった。
「・・・わかったよ、じゃあ行くか・・」
おれはしぶしぶ折れて夕と一緒に体育館を出た。