※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

345 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/04/28(金) 16:32:05.72 ID:7BJ6TsSxO
ID:mWObgatsO師には悪いが始めから

200X年5月25日
隕石衝突のデマ情報にもかかわらず、狂気乱舞と化した地上には核ミサイルの雨が振り注いだ・・・
水は枯れ
地は裂け
人類は絶滅したかに見えた

だが、人類は絶滅していなかった。
地上は再び暴力の支配する世界になった

チャララララララーテッテッテッテッ!・・・ユワシャー!愛で空が(略



564名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/29(土) 01:34:11.57 ID:V/ycB5x2O
「ヒャッハー!水だ~!!」
「食料もたっぷり持ってやがったぜ!」
そこには無惨に転がる死体。その側にアタッシュケース。中には紙幣が詰まっていた。
「こんなモンまで持ってやがったぜ!!」
「今じゃケツを拭く紙にもなんねぇのによ!プゲラ」


ここまで北斗の拳

567名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/29(土) 01:45:07.97 ID:LZVgrbEBO
564続き

「ちょっwwwお金勿体ナスww」
「んぁ、そっ、そうなんか;まだ使えるのかよ!早く言えよな」

夕凪の頃
「ふぃ~、さみぃー」
カチッ、カチッ…
パチパチ…
「あったけえwやっぱ万札が一番よく燃えるなwww」
文明の潰えたこの時代、お金は貴重な燃料として扱われていたのだ


793名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/29(土) 20:07:21.99 ID:V/ycB5x2O
兄者
任せますwwwコイツ等頃しちゃってもかまいませんwwwwwよろしこ

567続き

核兵器によって粉塵が巻き上げられ地球は常に冬の寒さ。

「誰だよやった奴www」
「アムロだって核の冬が来るぞ!って言ってたのに・・・」
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

「これからどうする?」
「とりあえずどっか行くべwwwww」


795名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/29(土) 20:29:13.23 ID:LZVgrbEBO
793続き

場所は変わって、ここはとある小さな村

「だっ、だ・れ・か…」

一人の男が行き倒れていた
「みっ、…味噌汁を…暖かいカレーを…テラサムスw」

ドサッ


「おい、ターバンかぶった変な奴が倒れてるぞ!」
「怪しい奴だ!!長老が帰ってくるまで牢屋にでもブチ込んどけ!」


801名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/29(土) 20:43:45.86 ID:V/ycB5x2O
795続き

男は目を覚ます。
「こっ……ここは…?」
隣には子供が居た。
「俺バットマンってんだ!」
「うぜ(;^ω^)」
…(´・ω・`)

その時、少女が食事を持ってきた。献立はコンソメスープとシチューだった。

803名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/29(土) 20:57:36.71 ID:LZVgrbEBO
やおい続き

「ちょっwww顔みて空気嫁!普通カレーだろ!ムキャー…ブツブツ」

「・・・」

ターバンの男はどうやら気に食わない様子で腹を立てていたが、少女は無言で困った顔をしている。

「いいか!コンソメスープとシチューじゃ、汁と汁だろうがっ:ゞ|p・・・」

男がウダウダと続ける話の腰を折るようにバットマンが言った

「その子、喋れないんだ…」
「っ!」
ターバンの男は言葉を失った

833名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/29(土) 21:50:54.77 ID:V/ycB5x2O
祝決定!

803続き

バットマン「喋れないんだ…」
ターバン「ヨカッタネ(´_ゝ`)」
バット万「ヒドスwwwww」
少女「(´・ω・`)ショボーン」

とりあえずターバンは食事をとる。
冷めきっていてバランスの悪い糞不味い食事にターバンは激怒する。


838名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/29(土) 22:05:00.15 ID:LZVgrbEBO
833続き

ターバン「まぁ、和食のなんたるかもわかってないような
糞不味い飯だったが一応礼をせねばな」

ターバンの男は格子からそっと少女のこめかみに指をやった

少女「!?」

バットマン「おまっwwwロリコンwwwww」

ターバン「違うわいっ;!じっとして」


841名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/29(土) 22:15:58.34 ID:V/ycB5x2O
838続き

ターバン「これで大丈夫、後はきっかけとか心の叫びとかの類のものがあれば。」

そうこうしてる内に外が騒がしくなっていた。
牢屋の前に息を切らした村人Aがやってきた。
村人「やっやつ…やつらが、やつらららららららパーン」
バットマン「しっ死んでる…」
ターバン「やべwww北斗神拳使いきたwwwww」


35名前: ゆん(兄者) ◆sAsXulrsw. 投稿日: 2006/04/30(日) 02:17:42.68 ID:ICSudB2XO
バットマン「ほくと?」

ターバン「あぁ、無数にある中国拳法を大まかに分けると陰と陽がある。
陽は外部からの攻撃。
陰は秘孔と言うツボに衝撃を与え内部から敵を破壊する一撃必殺攻撃。
その陰にあたる所の最強の拳法だ」

バットマン「なげぇよwww産業で」

村人B「ぎぃぁ~っっ!」
ターバン「話してる暇は無いようだ。いくぞっ」

バットマン「おぉっ、早く逃げようぜ」

ターバン「否、この村を助ける…」

ダッダッダッッ・・…

バットマン「ちょっ、おぃっ!置いてかないでくれよ」


37名前: やん(弟者) ◆kIuLDT68mM 投稿日: 2006/04/30(日) 02:25:38.62 ID:sKbr5e8yO
駆けつけると村人達の死体の山…。その側には男が立っていた。

ターバン「ヤ…ヤツは!?」
謎の男「へっへっへぇ~」
ターバン「なんだアビバか(´_ゝ`)プッ」


43名前: ゆん(兄者) ◆sAsXulrsw. 投稿日: 2006/04/30(日) 02:38:51.28 ID:ICSudB2XO
37続き

アビバ「んだと~っ!俺の名を言ってみろ~っ!」

ターバン「m9(^Д^)プギャーッさっき言ったじゃねーかwww」

アビバ「くぅおあれぉっ!俺を侮辱する奴はゆるさんんんんんっ!食らえっ、北斗神拳二丁ライフルM16祭り!」

ズガガガガガガガガガッ!

銃身が見えない位の腕の動きから繰り出されるライフルによる乱射
もはや、ターバンの死は確実かに見えた・・・

45名前: やん(弟者) ◆kIuLDT68mM 投稿日: 2006/04/30(日) 02:52:41.20 ID:sKbr5e8yO
43続き

だが所詮、偽りの天才。ターバンは銃弾を最小限の動きで回避しつつ一気に距離を詰める。
ターバンはターバンからナイフを取り出しアビバに突き付けた。

アビバ「たっ…助けて…」
ターバンはアビバに注意しつつ後ろを確認する。
後ろではバットマンが横たわっていた。ターバンが銃弾を避けたため流れ玉が当たったのだろう…。
ターバン「貴様ぁ!」

51名前: ゆん(兄者) ◆sAsXulrsw. 投稿日: 2006/04/30(日) 03:03:29.04 ID:ICSudB2XO
45続き

怒りの込み上げる中、ターバンはバットマンの傷を確認するために後退した

バットマン「だっ、大丈夫でぃ!足にかすっただけなんだからねっ!」

ターバン「(あぁ…よかった)」

アビバ「フエッヒィヤッヒャッwチャンスを逃したようだなぁ~wwww」
「見よ!独自に編み出したアビバ流北斗神拳『そうだねプロテインだね』~っ!」

そう言い放つと彼は自分の体に指を突き刺した


57名前: やん(弟者) ◆kIuLDT68mM 投稿日: 2006/04/30(日) 03:19:42.96 ID:sKbr5e8yO
ボコッ…ボコボコッ…ボコォ!
どんどんアビバの肉体が膨れ上がっていった。が・・・

ターバン「お前それ死亡フラグwwwww」
アビバ「えっ・・・・・?」
ターバン「あ~あ、やっちゃったな(´_ゝ`)」
アビバ「そっそんな・・・うわあぁぁぁぁ!」

アビバは半ば狂いながらライフルを乱射する。

ターバン「ちょっwwwwwデカくなった意味ねーじゃんwwwww」


61名前: ゆん(兄者) ◆sAsXulrsw. 投稿日: 2006/04/30(日) 03:32:45.37 ID:ICSudB2XO
アビバ「ぢぃぐそぉ~っ!死にたくねぇ」

その光景を見たターバンはあまりの笑いのカオスに包まれ笑い転げていた

プチッ…ブチャッ!ターンッ!ターンッ!ブシュュュュゥゥゥゥッ

アビバ「うががっ・・・あっ、あっ、アミバーーーー」

どうみても即死です。本当に(ry


64名前: やん(弟者) ◆kIuLDT68mM 投稿日: 2006/04/30(日) 03:45:11.12 ID:sKbr5e8yO
ターバン「終わったな…バットマン、立てるか?」
バットマン「おんぶキボン」
ターバン「(#^ω^)ビキビキ…わかった。ところで長老はどこなんだぜ?」
バットマン「アレか?」

長老は柱の陰からずっと見ていたようだ。ターバンが長老に話しかける。

65名前: ゆん(兄者) ◆sAsXulrsw. 投稿日: 2006/04/30(日) 03:56:39.16 ID:ICSudB2XO
ターバン「長老すまない。この村の住人を救えなかった」

長老「はぁ?うpまだぁ~?」

村女「長老ボケちゃってて;」

ターバン「(#^ω^)ビキビキ!」

「もういい!こんな村にいてもしょうがねぇ!俺はもう行く」

74名前: やん(弟者) ◆kIuLDT68mM 投稿日: 2006/04/30(日) 04:18:15.06 ID:sKbr5e8yO
ターバン「じゃあな>みんな」
バットマン「ネトゲかよwwwwwそれより俺も連れて行ってくれよ!」
ターバン「いいお(^ω^)」
バットマン「キタ━y=-(゚∀゚)・∵━ン!」
ターバン「しっ死んでる…」

その時であった。
少女「バットマァァァァァン!」
ターバン「!」

518名前: ゆん(兄者) ◆sAsXulrsw. 投稿日: 2006/05/02(火) 08:55:30.47 ID:IvlqUjr0O
なんと、バットマンの死を目の当たりにした少女が声をあげ叫んだのだ!
その時、小氷河期を迎えた灰色の空にはなぜか、コウモリをモチーフにした光の型が映し出されていた

ターバン「バットマンを思う心の叫びがこの子の声の呼び水になったようだな・・・しかし」

バットマン「・・・」

バットマンはピクリとも動かない


414名前: やん(弟者) ◆kIuLDT68mM 投稿日: 2006/05/03(水) 02:43:10.49 ID:CcmvkZ42O
少女「どうして…何故こんな事に…」
ターバン「いや、自爆ですからwww」
ターバンが少女を見て決意する。

ターバン「仕方ないな…。ピピピピっと…」
ターバンがバットマンの体をズボズボしている。
少女は若干、引き気味だ。


416名前: ゆん(兄者) ◆sAsXulrsw. 投稿日: 2006/05/03(水) 02:52:09.25 ID:eeuhz5igO
414続き

ズボッ・・・チュポンッ!

ターバン「よし、これで死にはしないだろう。少し指がンコ臭くなってしまったがなw」

少女はその指の臭いを嗅いだわけではないが一歩後ず去る
と、同時にバットマンが息を吹き返した。

バットマン「(///)うっ、奪われちゃった」

420名前: やん(弟者) ◆kIuLDT68mM 投稿日: 2006/05/03(水) 03:00:21.91 ID:CcmvkZ42O
416続き

ターバン「平気か?さぁ行こうかwww」
バットマン「……はい(///)」
少女「きめぇwwwwww」
こうして2人は次のステージへ旅立つ。
それぞれの想いを胸に秘めて・・・

425名前: ゆん(兄者) ◆sAsXulrsw. 投稿日: 2006/05/03(水) 03:12:21.74 ID:eeuhz5igO

バットマン「しっかし、ホントあん時は死んだかと思ったぜ~」

ターバンとバットマンはあの日の核で砂漠と化した広い関東大砂漠を歩き初めていた。

少女「・・・まっ、待って~!」

サクッサクッザクッザクッ
少女が彼らの後ろから、後を追ってきたのだ

少女「私リン・ミンメイって言うの。お願い連れていって」


432名前: やん(弟者) ◆kIuLDT68mM 投稿日: 2006/05/03(水) 03:28:43.13 ID:CcmvkZ42O
バットマン「今更、名乗るなよwww少女でいいじゃんwwwww」
ターバン「意外にお前ヒドいのなwwwwww」
リン・ミンメイ「(´・ω・`)」
ターバン「まぁいいよ、連れてく。」
リン・ミンメイ「やったぁ!はぁと」

そして3人は次の村を目指し歩き出す。リン・ミンメイ「(クックック…カス共が…)」


436名前: よん(兄者) ◆3Rt66u03z. 投稿日: 2006/05/03(水) 03:42:15.73 ID:eeuhz5igO

~関東大砂漠オアシス~

バットマン「テラサムスwww」

そう、砂漠と聞いて忘れている人もいるだろうが今は小氷河期なんだ

リン「ねぇ、ソロソロ休憩しない?(チャンスかもw)」

ターバン「ダメだ!ここではカレーのルーがないだろ#もう少しだけ歩こう」

リン「うんっ!そうだね(チッ!)」


440名前: やん(弟者) ◆kIuLDT68mM 投稿日: 2006/05/03(水) 03:56:59.86 ID:CcmvkZ42O
3人は再び村を目指す。
ターバン「せめて味噌汁だけでも欲しいよなぁ…」
リン「(チャンス目だ…)あ!あたしコンソメスープなら」
ターバン「死ね。氏ねじゃなくて死ね。」
バットマン「お前のその味噌汁への拘りはなんなんだ…」
リン「(こればかりはバットマンに同意だ…)」

そうこうしている内に村が見えてきた。


443名前: よん(兄者) ◆3Rt66u03z. 投稿日: 2006/05/03(水) 04:07:37.35 ID:eeuhz5igO
~関東大砂漠第三自治区ボブ村~

ターバン「ふぅ、やっと着いたな。疲れただろう」
バットマン、リン「うん」

村の入り口にさしかかった一向は疲労していた。が、
ターバン「おかしい」
リン「何が?」
ターバン「人の気配がしない。だが、殺意だけは感じる…それも独りじゃない」

バットマン「おっ、俺ユーレイとかダメなんだよ~ヤメテくれよ」

449名前: やん(弟者) ◆kIuLDT68mM 投稿日: 2006/05/03(水) 04:25:24.52 ID:CcmvkZ42O
ターバン「…。」
ターバンは精神統一し敵を探り始めた。

バットマン「お…俺、超怖ぇよぉ *1 )ガクブル」
ターバン「黙れ小僧!」
ドスッという音と共にバットマンは静まり返った。
リンミンメイ病というやつだ。
リン「少し前のあたしガイル(´_ゝ`)プッ」

その時であった!!

453名前: よん(兄者) ◆3Rt66u03z. 投稿日: 2006/05/03(水) 04:35:48.97 ID:eeuhz5igO

バットマン「ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク」

突如として?今までも震えていたが、バットマンがそのまま分子分解してしまうのではないかと思える程激しく震えだした

リン「キャアーっ(ナニコレw」
ターバン「離れろリン!」

バットマンは無言で白目を向き手も使わずゆらりと立ち上がった