※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

590 名前: ◆SPJ5GSENNs 投稿日: 2006/04/21(金) 14:17:54.53 ID:TsN1DEfyO
んじゃあここからおまけ(´・ω・`)あんまり期待しないでね


「先輩…胸…触っていいですか?」
「いいに決まってるだろ…優しく…してくれよ」
私の小さな膨らみの上を、木元の指がゆっくりと這う。
最初はただ撫でられているだけな感じだったが、指が乳首に触れたとたん、私の身体は敏感になる。
「っ…!」
無意識に身体がビクッとふるえ、くすぐったいのを強くしたような感じがする。
「先輩…痛いんですか?」
「いや、すごくくすぐったい感じがするんだ…続けてもいいぞ」
目を閉じ、触覚の快感に身を任せると、
「ん…んんっ……」
と、上ずったような声が出る。
しばらく胸を揉まれているうちに、私は下腹部が熱いことに気付いた。
「あ…れ?」
体を起こしてみると、秘所の下のシーツに、ほんの僅かだが愛液が染みているのが分かる。


594 名前: ◆SPJ5GSENNs 投稿日: 2006/04/21(金) 14:34:12.66 ID:TsN1DEfyO
「ああ…濡れてるな…」
「え…先輩の…」
木元が私のそれを見ている…そう理解したとたんに顔が熱くなる。
「触っても、いいですか?」
「当たり前だ!…何度も聞くな…ぁあっ!」
入り口に指が触れ、強い刺激が来る。
「ぁ…あんまり、中に入れるなよ…膜が…あるから…」
「は、はい…」
木元が慎重に入り口周辺だけをかき回すと、私は何度も声をあげた。
ほどなくくちゃくちゃと、十分に濡れたのを示す音がする。
「木元…濡れるのは…入れていいサインらしい」
「先輩…」
「来てくれ…私の処女は…お前のものだ」
「はい…」
私の上から木元が見下ろす格好になり、彼はすでにいきり立った逸物を右手で支えて秘所にあてがう。
「それが…木元のか」
「…は、はい」
「大きいな…さぁ…」
「先輩、入れますよ…」


595 名前: ◆SPJ5GSENNs 投稿日: 2006/04/21(金) 14:46:37.73 ID:TsN1DEfyO
木元が、ん、と声を漏らすと、さきっぽが入ってくるのが分かる。
「何か…熱いです。強く締まってて…いい…」
「ん…そうか…奥まで強く入れていいぞ…」
「はい…っ」
と、突き入れられた衝撃を感じた瞬間。
「あ……!」
突然、強い痛みを感じた。
「先輩!?」
「だ…大丈夫…続けてくれ」
木元は初めてながら丁寧に奥までそれを押し込んでいった。
「ぅ…あ…あぁ」
確かに、気持ちいい。しかし、痛みにかなうほどではなかった。
「先輩…血、出てますよ…痛いんでしょ?やめますか?」
「大丈夫だ…木元、もっとわがままになれ…お前が気持ち良くなるようにすればいい…」
「はい…」


597 名前: ◆SPJ5GSENNs 投稿日: 2006/04/21(金) 15:03:32.47 ID:TsN1DEfyO
「あっ…あ、あぁ…っ」
しばらくすると木元も慣れたのか、奥までいれて、手前に引いてをスムーズに繰り返すようになる。
「先輩の…すごく熱くて気持ちいいです!」
「あぁ…私も…っ!…あつくて…気持ち良いぞ…ふあぁっ!…」
痛みとせめぎあう快感に、私の身体は飲み込まれていく。
結合部からは、ぴちゃぴちゃといやらしい音が響く。
そして木元の動きは、だんだんその早さを増していく…

「あぁ…先輩!ダメです!もう我慢できません!出ますっ!」
「どこに…出したいっ…」
「中がいいです!」
「じゃあ…っ…責任は取れよ…」
「はい!先輩と、ずっと一緒にいますから!先輩…先輩…っ!!」
激しく打ち付けられた直後に、私の中を熱いものが駆け巡る。
彼にしがみついて、その余韻を感じる。
「ん…あ………あっ…あ……あ……」
射精の波は幾度か起き、そのたびに無意識に声が出る。

「先輩…出しちゃいましたね…」
「責任取るなら…別に良いさ…」


599 名前: ◆SPJ5GSENNs 投稿日: 2006/04/21(金) 15:19:33.36 ID:TsN1DEfyO
木元はかなり疲れているようだ。射精というのは男性にとってのエクスタシーなのだから仕方ないのだろう。
しかし残念ながら、私は絶頂に達することはできなかった。聞いていた通り、初体験で達することは難しいらしい。
「先輩、抜きますよ」
「あぁ」
木元が逸物を引き抜くと、ごぽっ、という音がして薄いピンク色の液…おそらく、精液と愛液と…血が混ざったものが私の膣からとろりと流れる。
「先輩、体拭きますね」
自分で拭く、と言おうとしたが、疲れているのか動けず、そのまま拭いてもらった。
「ごめんな…シーツ、汚しちゃって」
「いえ…せ、先輩」
「ん?」
「ありがとうございました」
「いや…かまわんよ。…シャワー浴びに行くか?」
「あ…はい」
木元がゆっくりと私を起こしてくれる。
まだ入れられたところが変な感じがするけど、数日すれば大丈夫だろう。
とにかく、私はこれから木元の彼女になるのだ。いい彼女になれるように頑張らないとな…

「あ…」

立とうとした瞬間、二人はまたベッドに倒れこんだ。
「どうした?木も…」
ああ、木元が疲れて寝てしまったのか…
ふと、私にも強い眠気が襲ってきた。私も疲れたようだ。
「ずっと…一緒、か…」

おやすみなさい。