※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

458名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/04/18(火) 19:38:09.43 ID:91ZSf7Uq0
人間はもともと無感情な子孫を残していきる動物と同じ生態だったのです
しかし、人間はとても強く、地球で一番つよい動物になってしまいました
困り果てた神様は、人間に感情を与えました、感情を与えれば殺し合いをし、いずれ絶滅するだろうと
思ったからです、感情を与えられた人間は、だんだん規模を増やしていきました
失敗か!このままでは地球が!と神様は焦りましたが、なんと人間は戦争をしはじめました
ナイス!と神様は喜びました。
殺しあいをしまくり、大量の人が死にいく行方を神様はよろこんでいました
しかし、戦争が終わってしまいました
なんでー?神様は困りました
なんと人間は陸地ごとにグループわけし
同じ陸地にいる人間とはいっさい戦わず、いっしょに暮らしているのです
なんとも予想外なことに神様はあきらめ、地球を捨ててしまいました
人間は地球をすきかってし、今にいたるのです
神様はというと宇宙の神様になりました
しかしとんでもないことが起こったのです、人間は宇宙にまで手を出してきました
神様は気を失いそうになりました
そこで神様は思いつきました、隕石を落とし地球を破壊しようと。。。
そこで神様は5月25日に隕石をおとすことにしました。
これで人安心(←だじゃれw)と神様はほっとしています