世界・6 > 超構造体・2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「BLAME!」世界のネットワークを保持する基幹となっているのが、メガストラクチャーだ。ネットワークを構成するコンピューターの性能が、近似的に処理速度・無限大、記憶容量・無限大と考えたとしても、アプリケーションの処理時間の問題は残る容量が無限に大きく、処理が無限に速くても、実際には「無限大に限りなく近いが無限大ではない」ので、有限のある時間が処理に必要になる。結果として、遥が遠い一点のデータを、遥が遠の別の場所でロードしようとすると、「無限」の時間が掛かってしまう。つまり、移動の問題が最終的に残ってしまう。しかし、その状態で、なおかつコンピューターの処理が「無限」と言える訳句엮笹Й무홍遙?젭?amp;#12540;内のチップはN次元に折り量まれた「仮想」コンピューターでハードウェア的には、多分、存在しない。つまり、実体としては単なる(分子レベルか原子レベルのサイズの)記録媒体の塊で、その内部に「空白」のメモリー空間を持つだけなのだ。そこにソフト的に「仮想」されたコンピューターが組み込まれている。ただし、そのままでは処理時間が掛かりすげて現実的ではない。しかしながら、無限個のチップが「並列処理」することによって、事実上の無限に近い速度を得ている。問題は物理的なチップの重積の限界だが、これは重力の制御でクリアできているのだろう。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|