セーフガード・2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まず、人工知能が誕生する。過程はわからないが、とにかく、近い将来、「HAL」は出来る。最初の1台じゃないかもしれないが初期型の名前の一つは「ハル」になるんじゃないかな?ある段階までは、これをOSに利用しようとするだろうが「HAL」の失敗を考えても分かる通り、まず不可能。鉄腕アトムみたいなのも生まれると思うが、あまり意味はないと思う。でも、インターフェイスには最適だと思うし、その利用法は続く。でも、それだけではもったいない。で、一番効果的な使用法が考え出された。対犯罪者用に使用するのだ。セーフガードの「敵」とは、ネットを悪用する犯罪者。ネット上に巣くう悪人。ネット難民。さらには、体を捨ててしまった「珪素人間?」。狂ったAI? これに対し、「機動隊」的に機械的に働くのが「駆除系」セーフーガード、つまり簡単なAIを載せた人工体。それ以外に、人間の不合理な行動に対応させた上級AIを載せた上位セーフガードがある。上位セーフガードは「論理矛盾」による機能停止の危機を避けるため、基本的には一定時間以上の長い期間、人間と続けて接しないようにしたのだろう。ただ、「登録」をしている、一部の「潜入捜宮」とは戦争しないようプログラムされていた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|