ネットスフィア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実社会と同じか、それ以上に拡大してしまったネット社会。もう、ネットなしでは生活が成り立たない人類は、ネット上に一定の環境を保持しようとしたのだと思う。その時に完璧なOSを持った「世界」として、ネットスフィアが成立したのだろう。ネットスフィアは、もしかしたら当初じゃAIをもっていたかもしれない。が、論理矛盾状態を呈する社会を管理するプログラムに「個性」を与えれば、それも必ず狂ってしまう。だから、ある段階で管理のみが完璧に出来る、AI抜きの機能になる。ネットスフィアは、利用パスとして「端末遺伝子」を採用する。で、セーフガードがネットスフィアの機能とは独立して「取り締まり」を担当する事になる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|