旧まとめサイト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 2004年3月 漫画板でまとめサイトBLAME!@2ch*が開設される
319 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/01/28 07:03 ID:33Pt+3bo
   どっかにblameを分かりやすく解説してくれてるサイトはないのか?
   さっぱりわからん。
   結局、ネット端末遺伝子は見つからなかったんだろ?
   統治局やセーフガードが具体的にどんな存在だったのか、とか、
   キリイが最初に会っていた仲間みたいなのはどうなったのか?とか。

   もうわけわからんですよ。 

330 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/01/28 18:52 ID:9w3o0tpa
   >>319
   需要があるのなら作ってみようか?
   「ここわからん」っていう今までのレス、ほぼ全てを説明できるし。

   でもこういうことやったことないからなぁ・・・
   あまり期待せずに待っててくれるなら作るよ。 

341 :330:04/01/28 23:52 ID:aSzTaL9l
   では、需要もありそうなので作ってみます。
   取り掛かりは来週頭になると思うので気長に待っててください。

   >>336氏の発言を受けて言いたいのは自分の妄想垂れ流しサイトにはしたくないという事。
   「二瓶先生の“設定”は少なくとも存在するはずだから」という希望を追求してみたいなと。

   大した事はできませんがそういう場を提供できればと思います。
   出来上がったブツが気に入らなければ叩き潰して下さいな。 

713 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/18 00:48 ID:82mNjgOE
   >>694さん
   完成まで時間がかかりますがまだ存在しています。今のところ
   過去ログのまとめ
   様々な解釈・意見の紹介
   わかりにくい部分の解説
   などを作ろうかと思っています。他にも何か要望があればどうぞ。 

320 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 18:47 ID:J4RHcCRe
   FAQ形式のテンプレが欲しい
   つーかまとめサイトはどうなった?

332 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 22:53 ID:6xGuRqn6
   >>320
   今作ってます。ほんとにすまんね、遅れて

642 :332:04/03/08 00:32 ID:pRKLhAm1
   とりあえずどんな感じにするのか方向性が固まってきたので晒してみます。
   気に食わない部分などがあったら遠慮なくメールフォームからどうぞ。
   ・・・正直なところこれでいいのか不安なのでご意見頂けると幸いです。
   ttp://blame.web-zz.com/

   あと過去ログの編纂とかも軽くですがやってます。
   BLAME!に関する上代からの疑問・質問などもお送りください。
   過去ログと照らし合わせて優先的にQ&Aに載せたいと思います。 


統治局質問センターへようこそ


 ここでは2chのログなどから抽出した「BLAME!」に関する疑問に一定の答えを与えていきます。本編中にそれを明示する描写がある場合はそれを元に、推測が容易な場合もそれに従います。

 しかしほとんどの謎は本編中で明らかにされません。それらを個々人が自分なりの解釈で補完する、それが「BLAME!」の楽しみ方の一つだという見解は恐らく皆さんと一致しているでしょう。他人の脳内妄想なんぞ見たくも無いという方もいらっしゃいます。ですので「私自身の考察」というものは極力排除していくつもりです。配慮が足りない項目もあるかと思いますが、どうか大目に見てやってください。

 皆さんが「BLAME!」を楽しむ助けになることを祈って。


1スレ目

   * 1巻に出てくる感染前の遺伝子型だった、というのはなんだったのでしょうか?
   * これって人間の脳内を動き回るナノ生物の話なのですか?
   * 最初に出てきた犬と女性はなんですか?
   * 統治局とセーフガードと珪素生物の関係は?
   * ところで霧亥には生殖機能あるの?
   * そもそも霧亥は何故、命がけでネット遺伝子を探しているのですか?ネットスフィアと交信すると何がある?
   * 作中の各勢力の力関係がイマイチ判り辛いです。
   * この話の舞台は一体どこですか?
   * この物語の建物って現実的にどのくらいの大きさなのでしょうか。
   * シボがどうやってあんなところで10年も生きていけたかが気になります。
   * LOG1に出てきた男の子はなんであんな風に?そもそも珪素生物が彼のようなネット端末遺伝子をもった人間を付けねらう理由は?
   * 「統治局と戦っている」と言っていたやつらを殺した女の子の話はなんだったの?
   * セーフガードと珪素生物の言語基体がほとんど同じって言うのはどういうことですか?
   * 霧亥って記憶喪失なんですよね?
   * 乾人はなんで人間を襲ってたんですか?
   * 1巻で霧亥が朗読したあの文章に元ネタはありますか?
   * そもそも霧亥にネット端末遺伝子探索の使命を与えた連中って何者ですか?
   * シボはなぜ霧亥についていったのですか?
   * 「都市構造自体にネットスフィアのハードが内蔵されている」というのはどういうことですか?
   * キリイが食ってたトランクに入ってた棒状の食品は未来のカロリーメイトですか?
   * まじめな話シボが生きたり死んだりでっかくなったりちっちゃくなったりとんだりはねたりするのを誰かわかりやすく説明してください。
   * 重力子放射線射出装置撃った後、キリィがかなり疲労してたけど、あの銃のエネルギーってどこから来てるんでしょう?
   * 霧亥とかクスリみたいの打つよね。あれなんだろ。

2スレ目

   * 一巻で珪素生物なオッサンが駆除系を殲滅した兵器は何なんだろう
   * なぜ、セウの人格が戻ったのかわからなかったです。
   * 霧亥の銃にもセーフガードの頭部のものと同じ紋様が付いていますね?
   * 結局シボは何でも作ってくれる機械でもうひとつ何を作ったんだ?
   * 教団の幹部っぽい巨人達ってダフィネルリンベガに似てるね。先祖?
   * あの世界の30世紀後ってのはBLAMEの世界と同じ時系列上にあるのかなあ?
   * ノイズのラストの『ネットスフィアは増殖・・・』って何?あの舞台は基底現実とは別だったってこと?キリイの求めるネットスフィアは基底現実以上に酷いのか?人もいないし。
   * ヤキとクモイの関係ってなんだったんだろう?
   * ネット端末遺伝子の原理ってどんなんだろうね?その遺伝情報をもとに、なんか、ネットスフィアに接続するための特別な器官が体にできるのか、それとも、ネットスフィアへのアクセスを承認するための一種のパスワードみたいなのにすぎないのかな。
   * ところで、今のシボの本体はどうやってメガストラクチュアを越えたのか?
   * そういやなんで対大嚢王の時だけ禁圧解除できたんでしょーか?

3スレ目

   * シボは一体何を失敗したのでしょうか?
   * 結局、中性種とはなんだったのでしょうか。
   * 補助電源って何ですか?
   * なぜ教団は強力な装甲に守られたセーフガード仕様のボディを選ばなかったのでしょうか。
   * やっぱり結たんはサナカンなの?
   * 結を殺したのは誰?
   * 珪素生物が存在するためにはネットがカオス状態であることが不可欠、ってのは何故なんだろう。
   * エレベーターの蓋に潰されたのはブロンですか?
   * NOiSEが第四空洞の話だっていうのをどこかで見たんですが、これ、本当ですか?
   * サナカンとかは重力子撃ちまくってるけどドモがうっちゃいかんのは何故だ
   * NOiSEで構造体が月(のようなもの?)を取り囲んでいく絵があったけど。あれは月じゃなくて荒廃した地球だったのかな?
   * あれほど科学力が進歩してるのに端末遺伝子の合成ってそんなに難しいの?
   * 地球と月は、都市の材料になっちゃってもう無いのじゃないだろうか?建設者が使いきってもおかしくないと思う。
   * ネットスフィア内の人間って増えるのかな?
   * なんで非公式階層の緊急システムはシーラカンスとか薔薇とか作ったんだろう・・・

4スレ目

   * 基底現実ってほんまもんの現実なんだろうか。「珪素」とか「第二種混合プラスチック」とか素材名が出てくると現実のような気がするけど、ネットのカオスが正されると珪素生物があぼーんされる、ってのを見るとアレは全部ネット内のことじゃないかとも思えるし。
   * 珪素生物であるダフィが、スフィア内では人間形態である事が気になる。
   * あの端末使う仮接続は、生電社にしろ、ダフィネにしろ、なにゆえあんなぶっといプラグを使うのだろうか?
   * ドモチェフスキーの銃、弾丸が切れたのでビーム発射。最初からそっちで使えないのか?
   * わからんのは、最上級セーフガードのデータを盗んだのは、ダフィネル・リンベガなんでしょ?なのになんでシボが変身してるの?
   * サナカンは何で東亜重工の中に入れたんだろう。
   * サナカンって6巻で死んじゃったの?
   * シボのの遺伝子情報じゃ接続できないのかな?シボも人間なんだからネットに接続できるんじゃないのかな?
   * レベル9セーフガードがよくわからん。誰か教えてくだされ。ドモの首をあっさり飛ばしたのに、プセルを一撃で抹殺。??非公式超構造体ごと全ての存在を消し去るつもり?

5スレ目

   * 何故シボはドモを撃ったの?
   * もしダフィネルが仮接続に成功していたとして、具体的にどういう影響が出てくるんだろ。レベル9の生成→階層崩壊よりはましだったんじゃないのか。
   * 三途の川のダフィネル美形だよな。でもどういうシーンなのかわからない。
   * づるタンがシボに渡した初代シボの「情報の塊(脳)」はどうなったの?
   * ドモにやられたダフィネルは死んだの?その時ネット上に居たなら人格だけは残っててもおかしくないのに…
   * イコは「どの造換塔からも応答がない」と言ってたのになぜドモは構成体を召喚できたの?
   * なんでドモチェフスキーの銃ガヂガヂ空撃ちしたらプセルがグダグダになったの?

6レス目

   * 結局、「基底現実」ってどこなの?キリィがいる巨大建造物の世界?それとも「ネットスフィア」?NOISEで主人公がいる世界は上の2つとはまた別?
   * ところで、一瞬のシボとの接触によって統治局のジレンマは解消できたのだろうか?
   * 電装版についておしえて

7レス目

   * ふと、思った。統治局は物理的/基底現実のどこに存在するんだ?
   * 遍在するはずの統治局の扱いが変な状態だ。なぜ統治局はシボの所在を知らなかったのか?なぜコマリたんを直接シボのところに落とさなかったのか?統治局はなぜ霧亥に連絡してこないのか?霧亥はなぜ統治局に尋ねないのか?
   * 大きな疑問。「何で統治局はシボを殺さないの?」他の人間のことも守るようなことをするよね。セーフガードなら普通の人間は全員殺すんでしょ?セーフガード組織はネットの実権を握った時に統治局の改造をやらなかったんだろうか。それともセーフガードのシステム自体が外付けなんだろうか?



1巻に出てくる感染前の遺伝子型だった、というのはなんだったのでしょうか? ▲

 「感染前の遺伝子型」というのは壊れてしまう前のネット端末遺伝子の事だと思われます。霧亥はそれを探して探索を続けていました。1巻のLog1でそれが失われてしまった為、また探索が始まります。


これって人間の脳内を動き回るナノ生物の話なのですか? ▲

 それは無いと思います。私の知る限りでそのような事を匂わせる描写は無かったと思います。


統治局とセーフガードと珪素生物の関係は? ▲

 調査中です。


ところで霧亥には生殖機能あるの? ▲

 調査中です。


そもそも霧亥は何故、命がけでネット遺伝子を探しているのですか?ネットスフィアと・・・ ▲

 前者に対する答えですが、本編中にはっきりと明示する形での答えは出てきません。後者に対する答えはある程度推測する事ができます。まずネットスフィアの支配レベルである統治局との正常な交信が行えます。統治局は都市の暴走をまず止めたがっているのでそれに対する対処が行われ、どれだけの時間がかかるか想像もつきませんがしだいに暴走も収まる事でしょう。次に現状に対する組織の最適化が行われるものと思われます。結論を言えばBLAME!本編の混沌とした状況が改善される見通しがつく、といったところでしょう。


作中の各勢力の力関係がイマイチ判り辛いです。 ▲

 調査中です。


この話の舞台は一体どこですか? ▲

 1巻の一番最初に「MAYBE ON EARTH.」「MAYBE IN THE FUTURE.」と書いてあることから(恐らく)地球の未来を描いた物語だと思われます。地球にこだわる理由はありませんがとにかく私たちの文明レベルよりはるかに進んだ世界の物語であることは確かです。


この物語の建物って現実的にどのくらいの大きさなのでしょうか。 ▲

 「NOiSE」「9巻 LOG57 観測者」から妥当に判断するかぎりでは少なくとも地球のあった場所から木星軌道までの長さの都市が存在します。都市についてはいろいろと気になる所ですが、超構造体を核とする構造、重力制御(東亜重工内部のテクノロジー)などから推察するに問題は解決され、都市は無事存在しています。


シボがどうやってあんなところで10年も生きていけたかが気になります。 ▲

 この時の彼女の体はサナカンのものです。「内臓が無い体だ」というセリフ、体表から直接素材を摂取する描写から察するに、辺りから体を維持する為の物質を摂取し維持していたのでしょう。


LOG1に出てきた男の子はなんであんな風に?そもそも珪素生物が・・・ ▲

 端末遺伝子を保持していた男の子は珪素生物によって“あんなふう”になりました。恐らく珪素生物側も端末遺伝子の事を知るためにサンプルを取るだけとって(もしかしたらそれすらしなかったかもしれない)「処分」してしまったのでしょう。珪素生物がネット端末遺伝子保持者を付けねらう理由は現在の混沌とした状態を維持する為。ネットスフィアが正常に機能せず、統治局とセーフガードのつながりも不安定で都市も暴走中、そのような状況を望んでいるからです。「NOiSE」を見れば珪素生物の存在目的などが書かれています。ネットと人間が正常に交流するようになればネット内のカオスが全て消えるかと言ったらそうではないと私は考えます。しかし基底現実とネットスフィアの交流は少なくとも正常なものになり、統治局がセーフガードを指揮する事も可能になるでしょう。
 珪素生物が困るのは自分たちは都市にとって不要なものである事、ネット端末遺伝子を保持しない人間と一緒で本来ならセーフガードに排除されても仕方が無い存在なのだということです。そのあたりを騙し騙し勢力を拡大してきたわけです。


「統治局と戦っている」と言っていたやつらを殺した女の子の話はなんだったの? ▲

 彼女(彼?)はセーフガードだという見解が一般的です。二瓶先生の中の設定がまだ固まっていなかったから、と仰る方もいますが「あそこの階層の人達は統治局という存在のことは知っていてもセーフガードのことは知らなかった、混在させていた」とも考えられます。一応それでつじつまも合うと思います。


セーフガードと珪素生物の言語基体がほとんど同じって言うのはどういうことですか? ▲

 「NOiSE」に書いてあります。珪素生物の体はセーフガードの技術を流用して開発されました。誕生から数十世紀は経っているので独自に進歩させてきた機能もあります。ほとんど同じというのはそういうことです。


霧亥って記憶喪失なんですよね? ▲

 調査中です。


乾人はなんで人間を襲ってたんですか? ▲

 人間が乾人を捕らえて移植用臓器(または移植先の体)を手に入れるために売買していたからです。


1巻で霧亥が朗読したあの文章に元ネタはありますか? ▲

 J・ディプトリー・ジュニア 「雪はとけた、雪は消えた」 からだそうです。「冷たく静かな大地が明るくなる頃~」という文章、あの女性のもこの本から。


そもそも霧亥にネット端末遺伝子探索の使命を与えた連中って何者ですか? ▲

 調査中です。


シボはなぜ霧亥についていったのですか? ▲

 生電社のある階層とその上の階層を隔てる超構造体を突破したかったからと2巻で言っています。しかしシボの究極的な目標は「ネットスフィアを見てみたい」という事。もちろん生電社にいたときはその有用性から研究、合成にまでこぎつけたのでしょうが彼女自身の好奇心、探究心があってのことだと思います。「いいコンビが組めそう」という言葉がどこまで本気かは分かりません。


「都市構造自体にネットスフィアのハードが内蔵されている」というのは・・・ ▲

 非常にぬるい説明になりますが私たちの家を構成する構造物の中にコンピュータが、もしくはその家自体がコンピュータで構成されているような状況を考えていただければよいかと。ただし統治局の代理構成体も言っていますが都市全体がネットスフィアとしての機能を果たしているわけではなく、「都市の主要構成体(超構造体は最たる例)」にハードウェアが内蔵されているとのこと。


キリイが食ってたトランクに入ってた棒状の食品は未来のカロリーメイトですか? ▲

 非常に良くある質問です。「パキン」「シャキ、サク」という食感が妙に頭に残るあの物体は、二瓶先生が本誌で答えた所によるとグリスだそうです。それにしても霧亥は美味しそうにほおばっていますね・・・


まじめな話シボが生きたり死んだりでっかくなったりちっちゃくなったり・・・ ▲

 調査中です。


重力子放射線射出装置撃った後、キリィがかなり疲労してたけど・・・ ▲

 調査中です。


霧亥とかクスリみたいの打つよね。あれなんだろ。 ▲

 調査中です。







一巻で珪素生物なオッサンが駆除系を殲滅した兵器は何なんだろう ▲

 スレ内の考察では放射線の一種を撒き散らしたのではないかという見解でした。確かに目立つ物理的な破壊も無く、駆除系も人も煙らしきものを吹き上げています。体内のインプラントや制御系に作用する電磁的な兵器であることは間違いありません。


なぜ、セウの人格が戻ったのかわからなかったです。 ▲

 作中の描写を確認してみました。これといった“説明的な描写”は例に漏れず一コマもありません。なのでここからは推測になります。メイヴとイヴィとの戦闘から帰還し「要求通りの物を何でも作る機械」でセウの傷を癒した直後の場面より。

「セウったら毎回どんどん馬鹿になっていってるよ」「あの機械は傷しか治せないんだ」

 このセリフから察するに外傷は全て完治できると思って間違いないようです。傷を治したあとセウは中央AIのセキュリティと闘います。この場面から、脳の生理的な機能はたとえ“頭部に負った傷が原因で人格再生する必要がある”ケースでも完全に治せることが分かります。次に着目すべきはセウの人格再生を中央が許していない、ということです。許可しないということは許可が下りれば可能だという事。その設備は中央AIがいた場所にあるようです(メンサーブのセリフ5巻P182)。サナカンと霧亥が打ち合う場面の裏で中央AIの隙を突いてメンサーブが治療したと考えても良いですし、また、運動機能等は完全に再生できることから脳内の物理的なネットワークもある程度(ひょっとしたら完全に)治せることが分かります。記憶・人格を司る部分も“形の上では”再生できており、それが何らかの刺激で“つかえが取れて”元に戻ったと解釈しても良いのではないでしょうか。


霧亥の銃にもセーフガードの頭部のものと同じ紋様が付いていますね? ▲

 現在具体的にどのカットにということを確認中ですが、セーフガードの文様が付いていてもおかしくはありません。
「・・・・・・キリイは・・・・・・違う・・・・・・セーフガード以前のシステムの・・・密使―」
(4巻31P、統治局代理構成体の言葉)
「登録コードを削除された跡がある!!!」
(7巻51P、イコの無線通話)
 のようなセリフや、霧亥へのサナカンの言葉の数々を鑑みると“霧亥はセーフガードだった時期がある”と断定しても良いと思います。
 「NOiSE」に出てくる結が所有していた剣状の武器にも同様の文様が確認できます。駆除系に代表される技術や重力子放射線射出装置といい、組織の性格上「NOiSE」時代で既にかなりの軍事技術を確立していたようです。


結局シボは何でも作ってくれる機械でもうひとつ何を作ったんだ? ▲

 調査中です。


教団の幹部っぽい巨人達ってダフィネルリンベガに似てるね。先祖? ▲

 その可能性は高いと思います。


あの世界の30世紀後ってのはBLAMEの世界と同じ時系列上にあるのかなあ? ▲

 そうだと思って頂いて結構でしょう。これ否定する材料は私が見るかぎりではありませんでした。同じ時系列上にあるという根拠の一つとして「NOiSE」 143Pの建設機械の額部分が挙げられます。これは「BLAME!」の東亜重工の社表(ロゴ)と一致します(4巻93Pなど)。二瓶先生も「NOiSE時代に霧亥は既に活動していた」といった旨の発言をなされていたようです(未確認です。ソースをお持ちの方はご一報を)。


ノイズのラストの『ネットスフィアは増殖・・・』って何?あの舞台は・・・ ▲

 「NOiSE」の舞台は「BLAME!」内で言われる基底現実と同等です。当時のスレ内の解釈の一つに「ネットスフィアのハードウェアを内包した都市が増殖…と、いうことではないか」というレスがありました。この解釈が妥当だと思います。
 また、霧亥が求めているのはネットスフィアそのものではなく、厳密な言い回しのみの違いですが「ネットスフィアと基底現実の交流を正常化するために必要なネット端末遺伝子保持者(もしくは端末遺伝子サンプル)」です。

 NOiSEのラストの語りにも元ネタがあるようで、「グレッグ・ベア」の「飛散」という小説からだそうです。


ヤキとクモイの関係ってなんだったんだろう? ▲

 調査中です。


ネット端末遺伝子の原理ってどんなんだろうね?その遺伝情報を・・・ ▲

 端折って説明しますと、ネット端末遺伝子保持者は
「装置を体内に埋め込む(インプラント)などをせずともネットと交信出来る」
「網膜に文字が映る(それに順ずる処理)が行われる」
 といった点を、我々とは違う生物的な機能として生まれながらに持っています。
 肝心の原理ですがこれはヒトがヒトとしての性質を崩さない程度に遺伝子をうまく操作し、体内にその機能に必要な器官を発生させる、という所に集約できると思われます。そしてそれは遺伝します。

 ネット端末遺伝子はそれ自体がパスワードのようなもの、という指摘は恐らく正しいと思います。自然発生したものかどうかということをネットスフィア側は判断できるようです(シボの接続実験より)。そのパスワードが正しくなければネットスフィア内の機能を使うことはおろか、接続すらできません。


ところで、今のシボの本体はどうやってメガストラクチュアを越えたのか? ▲

 調査中です。


そういやなんで対大嚢王の時だけ禁圧解除できたんでしょーか? ▲

 調査中です。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|