|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

線路は続くよどこまでも?

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なあ」
「なんだよ」
「寒いな」
「ああ、寒いな」
「俺達いつまで立ってりゃいいんだろうな」
「知るかよ、敵が通るまで立ってろって言われただろ。それより話しかけるなよ、俺までしかられるだろ」
「でもよ、敵なんて本当に来るのかな。それに敵が来たら飛び降りろって言ってただろ。俺やだよ、線路なんかに飛び降りるの。轢かれたら
どうするんだよ」
「大丈夫だよ。線路て言ったってトロッコ位しか走ってないんだから」
「でもよ、トロッコだって轢かれたら痛いよな。て言うか死んじゃうよな」
「し~。もういい加減黙れ。お前はいつも心配し過ぎなんだよ、トロッコの上に飛び降りりゃいいだろ。それにどうせ誰も来やしないよ」
「そうかなあ、あ!」
「どうした?」
「首が痒くなってきた」
「出すなよ!、こんな狭いところで出すなよ!、危ないだろ!、こんな狭いところでヒュンヒュン振り回したら」
「大丈夫だよ。味方には当たらないようになってるらしいから」
「当たらなくても嫌なんだよ!やめろよ!この間なんか両隣が出しやがって、人の頭の上で両側からヒュンヒュンヒュンヒュン、しまいに
お互い絡んじゃってお前ほどいてやれって言われたんだぞ、しかもなぜか固結び。あれが出ると知能がなくなるって話は本当らしいな」
「大丈夫、もうおさまった」
「そうか、気をつけろよ。つまんないぞ、敵もいないのにあんなもの出すの。俺も隣が口も利けなくなるの嫌だしよ」
「なあ」
「なんだよ」
「お前いい奴だな」
「何言ってるんだよ、それより寒いな」
「うん、寒いな」

「なあ」
「なんだよ」
「すこしそっちに詰めてくれないか」
「嫌だよ、狭いのに」
「だって隣のおばさんが怖いんだよ。青白い顔してなんかブツブツ言ってるし」
「ふさげんなよ、こっちのとなりはアレだぞ。こっちが詰めて欲しいくらいだぞ」
「ああ、アレか。アレも何考えてるか分からないよな。知能あるのかな」
「まあ、チェーンソー振り回す位だから知能がないわけじゃなさそうだけど。やっぱり顔が見えないから怖いよな。それに気づいたか」
「なにを」
「ときどきこっちを見てるぞ。あれはお前の首の辺りを見てる気がするんだが」
「やめてくれよ。いくらなんでも味方くらいわかってるはずだろ」
「いや、’湧き上がる破壊衝動が抑えられない’って書いてあった。我慢できなくなったらたとえ味方でも」
「頼むからやめてくれよ。やだよ、そんなの。大体書いてあったってどこに書いてあったんだよ」
「あれ、どこだっけな、どこかで読んだ記憶があるんだけど。まあ心配するな。いざとなったらチェーンソーのエンジンかけたら逃げりゃいいんだから」
「もうやだよ、脅かさないでくれよ。隣のおばさんは相変わらず気持ち悪いし、ワッ!」
「どうした」
「おばさん、こっち見てニターって笑った」
「お前の事、好きなんじゃないか」
「冗談よせよ、いやだよ、青白い顔していつも包丁持ってる女なんか」
「そうかなあ、なかなかいないぞこんな個性的な女、それに良く見りゃ結構かわいいと思うんだが。あ、今、青白い顔が少し赤くなったぞ」
「もういい、詰めないなら場所換わってくれ」
「バカ、勝手に場所換わったらしかられるぞ。それにお前の首狙ってる奴の隣でいいのか」
「貞操と首なら俺は貞操を守る。そこをどけ」
「落ち着け、お前自分で何言ってるか分かってるのか。悪かったよ、全部冗談だよ、だから落ち着け、ワッ、お前首が落ちかかってるぞ、興
奮するな、興奮すると出ちゃうぞ、落ち着け、落ち着けったら.......」

「なあ」
「なんだよ」
「寒いな」
「ああ、寒いな」
「こう寒いと気が滅入るな。それに嫌なうわさ聞いたんだが」
「なんだよ」
「俺達こうしてじっと待ってるだろ、で、敵が来たら飛び降りろって言われてるだろ」
「ああ」
「なんか飛び降りる前に撃たれるとさあ、落ちて死んじゃうんだって。そうしたらせっかく待ってたのに無駄死にだなと思ってさあ」
「うそだろ、うそに決まってるだろ!だれが言い出したんだよそんな話!」
「さあ。でも’熟練したプレーヤーは皆そうする’って言ってた」
「何の話だよ!熟練したプレーヤーって何のことだよ!」
「分からない、でも嫌だよ、こんなところでずっと待ってて無駄死になんて」
「そんな事あるわけないだろ!、俺達何のためにこんなところにずっと立ってるんだよ!、敵と戦うためだろ!、敵と戦う前に落ちて死んじゃうなんてそんな事あるわけないだろ!」
「そうかなあ」
「そうだよ、お前もそんなくだらないうわさ信じるなよな、まったく」
「そうだよな、うん、そうだ。あれ、泣いてるの?」
「バカ、泣いてるわけないだろう。それより寒いな」
「うん、寒いね」

メニュー



作品集引用


  • Gon様作
  • 偽りの初心者様作
  • へたれエージェント様作
  • ピンキー様作
  • 紅華様作
  • ドロップ様作

  • バイオ辞書