程ほど日記 > 2008年12月02日 > 和解


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
調停が無事終わりました。
結果はこちら側の要求通りのものとなりました。

調停の様子はって言うと、こちら側の主張を調停委員が聞いて、解決の方向性を決める。
それを元に相手方の主張を聞いて、解決の方向性を調整する。
そんな感じでした。

今回の場合、念書が解決方向性をはっきり指し示してくれ、こちらの要求通りになりました。
俺が作成した念書は相互交換していなかったため、法的効力が全くありません。
が、しかし、調停の場では効果があったようでした。

揉め事の殆どが口約束らしく、この調停を機会に、いい勉強になりました。
と同時に、何から何まで書面で明記すると良い人間・近所関係を作る事は出来ないとも。

社会って、白黒はっきりしなければいけないところもありますが、グレーゾーンもある程度は、
そして時には必要である、そう感じました。

改めて、社会で生きるって難しい。



カテゴリ: [なし] - &trackback- 2008年12月02日 14:11:58
名前: コメント:
#blognavi
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。