程ほど日記 > 2008年09月10日 > 蜂の巣作り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
最近家の周りで蜂を見かける。
家の隙間から進入している姿を確認したので、屋根裏に巣を作っているようだ。

ひ、非常にまずい事態。

その屋根裏って言うのが、人が出入りする場所は無く、小さい隙間があるくらい。
言わば昆虫の巣窟って言っても過言ではない場所。
どうやって駆除すべきか…。

蜂を駆除してくれる業者のHPを見たが、壁か天井を壊して蜂の巣を取り除くらしい。
蜂の巣駆除で3万から。
勿論壁や天井の修理代は含まれない。

ってな訳で、余計な出費が多い今年は業者には頼れないって訳で。
(戦って駄目なら業者にお願いするんだけど、だったら最初からお願いすれよって…。)


確認は出来ないが、多分蜂の巣はまだ完成していないと思う。
①指を咥えて蜂が大量発生するのを眺め、冬に駆除。
②先手必勝で敵が少ない内に駆除。

やはり②でしょーって訳で。

さすがに梯子を登り、殺虫剤を隙間から噴射する度胸は俺には無い訳でして…。
(ムカデ・蜂はすげぇー嫌いでして…。)
そこで考えたのが、透明チューブを隙間に挿入し、チューブの逆側から殺虫剤を流し込む作戦。
うん、これなら被害は最初のチューブ挿入のみ。
おそらく殺虫剤は空気より重いはずだから、チューブの逆側は2階に設置すれば大丈夫ははず!

って訳で戦う為の準備をしてきます!
頑張れ、俺。


ちなみに、蜂の巣が出来ていた場合、蜂の巣を壊さない限り毎年毎年同じ場所に巣を作るらしく。
また、女王蜂は何層も奥にいるので殺虫剤はなかなか届かないらしく。
不安要素はいっぱいだー。


カテゴリ: [なし] - &trackback- 2008年09月10日 11:12:03
名前: コメント:
#blognavi
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。