程ほど日記 > 2007年05月07日 > エキスポランド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
絶叫マシンは苦手なので、遊園地は正直好きではありませぬ。
落下時の内臓が浮き上がる瞬間が非常に苦手でして…。
エレベータの止まる瞬間とかも好きじゃない。
おまけに高所恐怖症。
まさに現代の遊園地には不向きな人間。

遊園地。
楽しさを求める地に絶叫を求めるのは逆ベクトルじゃないの?!って長年思い続けています。
絶叫マシンなんて、まさに求める事は相反する事。
絶叫と安全を求めている訳ですから。
安全と言うバックボーン在っての絶叫マシン。

ヌルイ。
温過ぎる…。

絶叫を求めるなら、安全と言うバックボーンを求めてはいけない。
危険と背中合わせという状態こそが本当の絶叫ではないだろうか?

ある意味今回の事故は本当の絶叫。
確かに遊園地側の整備点検不測に非がある事は確かだと思う。
だが、絶叫マシンが必ずしも安全だと思っている意識にも非があると思う。

バンジージャンプは飛ぶ前に一筆書くと聞いた事がある。
死んでも遊園地側に100%非がないように。
アトラクションと言えども、万が一の事がありますからね。

同様な事を絶叫マシン全てに当てはめるべきだと思いますけど?!


カテゴリ: [なし] - &trackback- 2007年05月07日 12:40:00
名前: コメント:
#blognavi
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。