程ほど日記 > 2006年10月18日 > 推理モノの未来


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
これと言って、IQが高くもなく、ずば抜けた洞察力もなく…。
でも、推理モノが大好きだったりする。
過去に読んだ事がある小説の半数は推理モノ(生涯読書数は少ないが)。

推理モノが好きな理由は、作者の考えるトリック。
そのトリックを解ける頭脳があれば更に推理モノが面白くなると思うのだが、生憎そこまで到達出来ない。

『上手いなぁ~』とか『このトリックは不可能じゃない?』とか思うのが好きなのである。

さて、ここ数年は文明の力で様々なモノが世に出回ってきた。
携帯電話が登場した折には携帯電話を使ったトリックなどが考えられた。

が、文明の力は留まる事を知らず、突っ走っている。
携帯電話はかけるだけではなく、その携帯電話の所在地が分かるGPS機能を持つ。
また、近い将来は人間1人1人にGPS機能搭載のマイクロチップなどが埋め込まれ、全てが管理されるかもしれない。

こんなんじゃアリバイが簡単にくずれちゃうよ。
推理モノの未来は真っ暗?!?

そう安易に考えるのが、凡人であり、俺なんでしょうね。
きっと奇才はそれを逆手にとるのだと思う。


カテゴリ: [なし] - &trackback- 2006年10月18日 09:08:54
  • A泉みたいなことを言っているね.なつかしー.そういや,A泉がいってた,耳だか首だがに埋め込む携帯はもう出たのか? -- johnny和 (2006-10-18 10:32:08)
名前: コメント:
#blognavi
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。