お茶さんのチラシの裏③


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お茶さんごめんねー;;きちんとできてなかったよぉー


大丈夫です、ちょっと禁断症状で混乱しただけで済みました。
というか、わざわざ書くスペースを作ってもらってすみません。



4/21-22 チラシの裏8、9日目



21日はログイン鯖がどうのこうとメンテナンスをしていたようで、
部曲でログインしてる人が少なかった。
約1名の方がログイン中に落とされるという不運があったものの、
元気に弓道部で活動した。



弓道部の活動の後、いくらか貯まった素材を加工して、木工のレベルを上げた。
現在、生産レベルも30を越えたわけだが、
ココに来るまでに武器などを作った事が数えるぐらいしかない。
霊符はいくらかまとまった数を作ったものの、
武器の必要素材を見ると作る気が起きず、
レベル上げは全て素材の加工品だけだった。
具体的にいうと、コウゾをコウゾ材にコウゾ材を高級紙に、高級紙を・・・。
こういう具合に、コウゾという素材だけで作れるもの、
もしくは、その先の高級白符のように比較的入手の容易な霊石片と組み合わせて作る加工品ばかりを作った。
おかげで、お金は貯まらないが消費もせず、ここまで上げれたわけだが、
技能書の値段を見るからに生産レベルが上がりきっても技能書を集めきれない気がしてきた。



あと、弓の生産を頼まれた場合を考えて、
露店を見て回って自力では集められない加工品などを買った。



4/22



本日は沢山の曲員が集まって、西の野営地で活動。
野営地に向かう時に馬屋を使ったら7銭しか残らなかった、旅が終わるかと思った。



しげぞーさんの断末魔で腹筋崩壊したり、
しげぞーさんの断末魔でポッキーを射出してモニターに痕をつけたり、
なんだか、しげぞーさんにしてやられた感のある一日だった。



自分の旅はここでしげぞー。



                    SHIGEZO END
★舞です
がーん!お茶さんごめんね。
みんなの写真館追加した時の設定不良でした><


がーん!お茶さんごめんね。
みんなの写真館追加した時の設定不良でした><



5000行におよぶ胸囲さんと里芋についての論文を書いて更新しようとしたら
パスワードを要求されて全ておじゃんになって絶望した!!



4/23 チラシの裏11日目
本日は八品官昇進依頼を部曲のメンバーでやった。
以前は長の友人の部曲の方々に手伝ってもらったが、
今回はほぼ全員がばら組メンバーだ。



3徒党からなる連合だったので、ステータスバー恐怖症が発症して目が少々きつかった。



(味方を)やる気まんまんの長に恐怖しながらも、目的の洞窟内部を進む。
道中は特に危なげなく進めた。



順調に目的の糸をゲットして、さて次はここのボスだ。
心の中でボスの混乱技能を喰らって全滅するのを期待していたのは内緒だが、
ボスもなんともあっさりと倒してしまった。
なんたることだ



その後、長安の董ビン迎撃をやった。
みんなが東の陣を必死に守ろうとしている中で、
こっそりと自分だけ北側の陣の防衛を試みた。
結果、守りきれずに北陣は陥落。
なんとも無駄な単独行動でございました。



平和な一日だった。



今日は割りと平和な一日でした。



4/24 チラシの裏12日目
今日は別キャラでニカワを集めたり、菜の花や大豆などを集めたり、
藤蔓を集めたり、採集三昧の一日だった。
採集レベルだけで統合が40越えるのも冗談とは言えなくなってきた。



生産したいらないものをNPC売りしたお金でLv35の防具を買ってみたのだが、
損傷するのが勿体無くて結局いつもの鎧を着てしまった。
貧乏からの脱出はいつになるのか・・。
などと言いつつ、お金に余裕が出てくると物足りなくなるかもしれない。
シムシティとか経営とかのゲームでも、最初の貧乏時代が一番面白く感じます。



現状を見る限り貧乏時代の脱出は相当先になりそうですけど




4/25 チラシの裏13日かそのくらい



合戦に参加した。
今回はばら組の参加メンバーのほとんどが弓を持っての参加。
遠距離から敵を撃ってみるが思うようにダメージが通らなかった。
せめて、火炎矢や波状といった技能があれば、まだやりようはあったのだろうが、
そんな技能はまだ持ってないわけで・・・。
結局の所、死亡回数が増えるばかりだった。
早い所、火炎矢などを取得したいと思う。



その後、軍略に行ってみた。
26軍略に行くことにしたのだが、敵のレベルが30を越えていたり、
評価Bをとるのにも一苦労したりと中々厳しかった。
途中、投石車を使う軍略もやってみたのだが、なんだあれ・・・。
投石車の向きを変えるのも一苦労したり、守るべき村民を撃ってしまったり、
とんでもない数の山賊が沸いてきたり、中々カオスで面白かった。
いつか攻略しよう。



平和な一日だった。



.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|