お茶さんのチラシの裏④>


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

③が多くなったので増設です^^


③が多くなったので増設です^^


ここが次のチラシの裏ですね。




4/26 チラシの裏14日目



本日は軍略組とフィールド狩り組の分かれて活動。
自分はフィールド狩り組に編成され、いつもの西の野営地で狩りをした。
新しく部曲に入った方や誰かさんがナンパしてきた若葉の人も交えて狩り狩り。



今までろくに手を出してなかった戦術をやってみようと思い、
技能を買いに行ったのだが、ここで問題が・・。
既に技能の枠が100になってしまっていて、戦術の技能が覚えられない。
仕方ないので戦術でも使いまわせる技能をスロットに実装して戦闘へ



なんとなくだが、戦術の攻撃って盾や双に比べて射程が長い気がする
やはり槍だからか若干長いのだろうか




軍略組の方々に投石車の軍略を気に入ってもらえたようで嬉しい。
頑張って投石車を押してください。



平和な日が続くなぁ



4/27 チラシの裏15日目



本日は対魏の合戦でした。
本当はこの日くらいまでには火炎や波状を使えるようになっていたかったのだが、
残念ながら間に合わなかった。



今日は関羽の陣に参戦した。
ばら組のメンバーで連合を組み前線へ
間もなく魏の部隊と蜀の部隊が激突。
魏の部隊に押されまくって、部隊は壊滅状態、自分もここで無念ながら倒れた。
一旦、城の中まで退き、反撃のチャンスをうかがう。
ここで、指揮が混乱しているのか出撃する際の門の方角が定まらず、
敵が待ち伏せている城門前に出て行って死んでしまう人も出てきた。
そうこうしている内に別の陣で勝利した蜀の援軍が到着し反撃に転じる。



話が前後するのだが、蜀軍が敵城の南門に迫っている中、
後方から前線に移動している投石車を発見。
護衛の数が少なかったようなので、索敵を使いつつ護衛に加わってみた。
その途中に後方から周りこんだのか魏兵と遭遇、戦闘になった。
戦術の兄貴になすすべなくオッスオッスされてやられた。




自分の旅はここで終わってしまった。



4/28 チラシの裏16日



長の独り言を見る限り、かなり重症かなと思う。
さすがにリアルで藤蔓は集めませんよ!




本日は昼間にログインして、なんとも久しぶりなソロ狩りをした。
なんとか次の合戦までには火炎矢と波状を間に合わせたい。
Lv23-27のイナゴを爆裂と近接の壱、弐を主に使い狩りまくる。



バフが何もかかってない状態では気力が足らないので、
活性化の効果がある月餅とかいう食料品を購入して使ってみた。
一個350銭前後のこの食料品だが、買う前は効果時間5分で350銭もかかるのかと思っていたのだが、
いざ使ってみると活性化の効果が350銭で買えるなら安いと思えるようになった。
あるとなしでは全然違う。
敵を一匹倒せば200銭程度は手に入るのだから、
5分350銭でもサイフにもそう痛くは無い出費だ。



2,3時間ほど黙々とソロ狩りを続け、ついに投射がLv30になった。
火炎矢と波状の技能を覚えるお金も狩りの間に貯まっていたので、早速覚えてみる。
思ったよりも範囲が狭い感じもするが、
今度の合戦では射程や範囲の感覚を覚えていきたいと思う。



夜は長が勧誘した新しいメンバーの方たちと狩りに行った。



平和な一日だった。



もうしばらくイナゴは見たくない。



4/29 チラシの裏17日目



夕べから寝ずに軍略に行ってた。
投石の軍略はわけのわからない面白さがあるので楽しいです。
軍略組の方々が攻略するのを楽しみにしています。
投石マジおすすめ。



昼間は採取しながら本読んだりテレビ見たり、
ゆるゆる過ごしていた。
素材が貯まったら、回復波の霊符を作ろうかな。



夜は合戦があった。
本日は張飛の2陣に参加。
いよいよ火炎矢と波状を試す時が来た。
合戦開始直後、北ルートを蜀本隊と進軍し、
まもなく呉軍の本隊とぶつかる。
さぁ火炎矢を!っと張り切って前に行こうとした瞬間、
弓徒党の党首だった西さんが呉軍前衛にズタズタに切り裂かれて恐怖した。
そのため、火炎や波状の届く射程まで前進する事を躊躇してしまい、
結局の所、呉軍に当たらないような手前の方にばかり射撃してしまった。
しかも、逃げる途中に前進してきた呉軍に追いつかれてやられてしまった。
折角の火炎矢や波状も意味が無いじゃないか。



呉軍に城まで押され篭城
城壁に上るのが怖かったので、城門の内側から門に向かって波状や火炎を撃ってみた。
どうやら、火炎矢も波状も範囲攻撃だからか当たってるらしく、
戦闘ログにダメージを与えたというメッセージがもさもさっと表示された。



しばらくして別の陣からの援軍も到着し反撃を開始する蜀軍。
その中にまぎれてなるべく敵中を狙うように火炎矢や波状を撃ち込んでみる。
準備動作と敵の進軍距離を測るのが中々難しい。
慣れてくると火炎矢もそれなりに当たってくるようになったが、
まだまだ練習と経験が必要みたいだ。



それに、自分はどうも単独行動が目立つようで、
今日の合戦でも党首である西さんの影響範囲から、ほとんど抜けた状態で戦っていた。
連携や陣形技などが重要とされる合戦において、この単独行動は今後のためにならないと思う。
次回からは党首と離れずに戦えるようにと、自分に課題をだしてみた。
まぁ、忘れてるんでしょうけどね、次回は。




もうすぐ採集レベルが40になってしまいそうです。




4/30 チラシの裏18日目



今日は夕方辺りから用事を片付けながら採取をした。
白蝋木の集まり難さに泣いた。



その後、西野営で狩りを行っているグループに参加して狩りをした。
毎度、野営だと飽きるだろうという長の考えで場所を移動してみる。
墓荒らしやら幽霊が出るやらで、物騒な墓地での狩りになった。
墓荒らしもこんな幽霊がわんさか出る墓地でよく墓を荒らせるものだわ、
ちょっとだけ感心してしまった。



平和な一日でした。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|