細菌カードその2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大腸菌(腸管出血性大腸菌)

2

2

2

1

0

 

赤痢菌

3

2

2

2

1

 

サルモネラ菌

2

2

2

1

0

急性発症:バトル後に感染状態になれる。

腸チフス

3

3

2

2

2

 

ペスト菌(腺ペスト)

5

5

3

2

4

 

コレラ菌

1

2

1

2

0

 

 

腸炎ビブリオ

2

2

1

2

1

 

緑膿菌

1

3

1

2

0

常在菌:分布コスト0

バイオフィルム形成:防御力が高い

カンピロバクター

3

2

2

2

1

ギラン・バレー症候群合併:感染した次のターン、相手のAP2

ピロリ菌

1

2

1

1

0

 

インフルエンザ菌

3

2

2

1

1

髄膜炎:感染した次のターン、相手のAP1か手札-1

レジオネラ

2

4

2

1

2

バイオフィルム形成:防御力が高い

リステリア

2

3

2

1

1

髄膜炎:感染した次のターン、相手のAP1か手札-1

梅毒トレポネーマ

4

5

3

2

3

STI:相手のSTI属性の菌が自分フィールドに移動、転移時にコスト0で転移可能。

ワイル病レプトスピラ

3

2

2

1

2

 

 

肺炎マイコプラズマ

2

2

1

1

1

 

発疹チフスリケッチア

4

3

3

1

2

 

トラコーマクラミジア

2

3

2

2

0

STI:相手のSTI属性の菌が自分フィールドに移動、転移時にコスト0で転移可能。

オウム病クラミドフィラ

2

2

2

1

1

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。