Axim @Wiki FAQ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


よくある問題

  • ソフトリセットしないと電源が入らなくなる
  • 勝手に起動する
  • スタンバイなのに電池が減る、熱をもつ
  • CFやSDカードが行方不明になる
  • 白画面フリーズ

以上の症状が発生する方は以下をお試しください。
ActiveSyncが自動起動しないようにする設定方法です。

  1. X51v側でActiveSyncを起動する。
  2. メニューから「サーバーの構成」を選択する。
  3. 適当なサーバーアドレスを設定。(aaaとかでOK)→次へ
  4. 適当なユーザ名とパスワードを設定(同上)→詳細設定を選択
    →次へ→完了
  5. ActiveSyncの初期画面に戻るので、メニューを開くと「スケジュール」が
    選択できるようになっているはず。ので選択する。
  6. スケジュール設定画面で、同期の間隔を2つとも「手動で同期」にする。→OK
  7. ActiveSyncの初期画面に戻るので、「オプション」を選択する。
    一番上に4.で作ったExchangeServerがあるので削除する。
    (タップアンドホールドで削除メニューが出る)

Part12 287より

注文したけど到着予定日がころころ変わる


そういうものですので気長にお待ちください。
正式受注後、十日間から二週間程度かかるようです。
船便もしくは航空便で日本まで運ばれてきます。航空便にあたったらラッキー?

SDHCには対応していますか?

対応していません。使用不可。
大容量SDカードはTranscend、A-DATAの4GBがいまのところ使用できる最大容量です。フォーマットはFAT32。
SDカードを参照のこと。

電池蓋を開けてないのに、警告表示「バッテリーラッチが開けられました!…」が頻発する


【原因】

スライドレバーによって電池蓋下部の楔状の爪を横から差し込み、ラッチ開閉検出SW
を押下する機構だが、この押下力が不充分な為。
ボタン操作等で筐体が軽く歪むだけでも検出SWがOFFし、誤検出されてしまう。
誤検出→即Suspendとなるので、Flash Memoryへの書き込み時に発生すると、最悪
データ消失やフォーマット破壊の危険性すらある。

【対策例】

要は、楔を少々厚くして検出SW押下力を上げればよい。
セロテープ等を2mm×15mm程度に切り、下図のように楔状の爪に貼り付ける。
爪より幅が広いと、スライドレールに噛んだり、蓋が外れ難くなるので注意。
スライドしても剥がれない様に、爪楊枝の先を転がしながら圧着して完成。

 ┌──┐    ┏━━┓ ←電池蓋を下側から見た図 
 │  /     ┃  /    検出SWがあるのは、No.4/Homeボタン側の方 
─┘ └──∥─━┛ ┗━━─  太字罫線が追加したテープ(/も含む) 

出典: Part20#146


手動でダイアルアップ接続するのが面倒くさいのですが。

easydialが便利です。
http://d.hatena.ne.jp/KOTETU/20051005/p1

通信中でもないのにCFモデムのLEDがつきっぱなしになります。

以下のパッチを適用してください。
Axim X51/X51v Driver Rolling Patch

日本語が□で表示される

フォントの設定が不適切になっていると思われます。
以下のサイトを参考にフォント設定を修正してみてください。
http://smart-pda.net/Members/mikiofuku/software/pockethand2/Chapter-060002.html#060002020000