※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アドラステアMAR-XX177"ADRASTEA"


参照→アマルテア

機体諸元
形式番号 MAR-XX177
所属 火星軍
全高 17.1m
本体重量 50.8t(ジェネレーター起動時は0~∞に変動)
生産形態 実用試作機
動力 重力加速式核融合反応炉
最高速度 C×0.999m/sec(スリーナイン)
装甲 α-ルナチウム
武装 頭部75mm自動対空バルカン
BHライフル
<ゴーゴン>BHソード
“闇の翼”<ティアマト>
左腕部内臓ブラックホールシールド
搭乗者 コユキ・タイヘイジ

武装

75mm対空自動バルカン砲塔システム

主に接近してきた敵MSの牽制や、ミサイルの撃墜に用いられるCIWS。大口径である為、航空機への攻撃力も期待できる。

50mm高縮退ブラックホールライフル

ライフル型の小型BH兵器。

<ゴーゴン>ブラックホールソード

高出力、高圧縮のBHを用いた対艦、対特殊装甲用の大剣。アマルテアの「ペルセウス」の改良版。

“闇の翼”<ティアマト>

本来、亜光速移動中に、臨界稼動するジェネレーターから供給される余剰エネルギー及び膨大な熱を放出&排熱するための装備。アマルテアの“光の翼”と異なり、黒味を帯びている。

左腕部内臓ブラックホールシールド

あらゆる質量を持つ攻撃を、展開した重力場によって吸収・反射するシールド。また仮に、質量を持たない攻撃でも重力レンズを利用して回避が可能である。

解説
アマルテアの兄弟機。
火星軍でBHTを実用的に採用したガンダモ開発プロジェクト“光の翼計画”の試作機テーベ、実験機アマルテアに次ぐ実用機。

略歴
|