※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リシテアMAR-X111"LYSITHEA"


機体諸元
型式番号 MAR-X111
所属 火星軍
全高 17.63m
本体重量 91.18t
生産形態 エース専用特別機
動力 重力加速式核融合反応炉
装甲 α-ルナチウム
武装 ゲートキーパー
スパイク
頭部バルカン
脚部可動式ビーム砲塔×4
掌底部内臓式ブラックホールサーベル
搭乗者 マッシュ

武装

<ゲートキーパー>掌底部ビーム偏向システム

火星軍のマッシュ特佐のゴールキーパーとしての能力を遺憾なく発揮できるよう開発されたリシテアの攻守の要である掌底部のビームフィールド。敵からのビームによる攻撃を受け止め定着させることが可能であり、完璧なビームへの防御力をほこるだけでなく、スパイクと併用することで攻撃も可能である。

<スパイク>脚部ビーム反射装甲

ゲートキーパーと共にリシテアの要である脚部に装備されたビーム反射装甲。
本来ゲートキーパーで集めたビームを蹴ることで敵を攻撃するための武装ではあるが、パイロットによっては敵のビームをそのまま蹴り返すことも可能ではある。

頭部バルカン

脚部可動式ビーム砲塔×4

掌底部内臓式ブラックホールサーベル


機体概略
|