アリス 第1話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アリス 第1話 活動記録

【←前の話】【一覧に戻る】【次の話→

エルクレストに赴いたアリスは幼馴染みの一人であるトーマスを訪ねた。
渋るトーマスを強引に説き伏せ、引き出したのはジョウが死んだという事実だった。
信じられないアリスを納得させるため、トーマスが連れていったのは研究室の奥。
そこで彼女はホルマリン漬けにされたジョウの遺体と再会を果たす。

その事実を信じたくないアリスを前に現実を受け入れろと諭すトーマス。
しかしアリスは頑として譲らず、逆にジョウを生き返す方法はないのかと彼に詰め寄る。
彼も考えていたことは同じだったようで、四つの方法を提示してくれる。
  • 龍魂を使ってジョウを半龍人として蘇生させる。
  • 反魂の法を使ってジョウの魂を呼び戻す。
  • 死者蘇生のアイテムを使いジョウを蘇生させる。
  • リビングデッドとしてジョウを蘇生させる。
話としてはどれもまゆつばだが、背に腹は代えられない。
トーマスの閃きから三番目の方法「死者蘇生のアイテム」のヒントを求めて地下図書館に潜ることになった。

地下図書館に潜るメンバーを集めるべく、カフェテラスにて依頼の宣伝をするアリス。
そこで彼女はロイ&アリス、クラークと出会い協力してもらえるよう勧誘したのだった。
翌日、彼らを加えた地下図書館探索隊はアイテム探索と称して地下図書館へと潜っていった。

地下図書館内、二人一組で分かれる探索隊。
アリスは少年メイジ・シバと組んで探索を行うことになった。
探索中、なにやら危険そうな本を手に取ってしまい本の中に吸い込まれるアリス。
目を開けるとそこは暗闇。目の前には死んだはずのジョウが立っていた。

そこは本の精(?)が作り出した偽りの世界。偽りのジョウ。
矛盾をはらみながらも理想的な世界に危うく呑まれかけるアリスだったが、
すんでの所で本の世界からは脱出できた。
外に帰ってくると目的の書物は見つかっていたようで、トーマスとロイがその場で鑑定。
「死者蘇生のアイテム」とは魔符であることが分かった。

【←前の話】【一覧に戻る】【次の話→

【関連】