ロイド 第10話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロイド 第10話 活動記録


前回の幕間にて、ブルーを返してもらう代わりに、『青の剣』を探す事になった“ブルー”の面々。
露店にて不可思議な黄色い本を購入し、ラインへと戻る。神殿に報告後、ロイドはパラディンとなった証にシルバーメダルを貰い受ける。そこに父親母親が現れ、父親を殴り飛ばすも、母親にはタジタジ。あんまり見られたくなかった所を皆に見られてしまうロイドだった。
その後、ジョウリアナはダブラルへ、ロイドとネコリコリスはラインにて二人に帰りを待つ事となった。

ラインにて、穏やかな一日を過ごすロイド。完成間近のギルドハウスによってみると、モーガンが戻ってきていた。モーガンを連れて宿屋に戻り、ネコに紹介する。ネコとモーガンの追いかけっこを、オロオロと見守るロイドだった。

穏やかな時間が過ぎる中、近くに旅一座が来ている事を知る。ジョウ達が戻ってきたら行こうと話をしながらギルドハウスの様子を見に行くと、路地裏でチンピラに絡まれているヴァーナの少女を見かけ、助けに入る。チンピラを追い払うが、何故か怖がられて逃げられる。

翌日、ジョウが帰ってきた。しかし、リアナはいない。今すぐには尋ねず、疲れている様子のジョウを連れて宿屋へと戻った。
世界は少しずつ、だが確実に闇を孕みつつあった――


【関連】