ロイド 第3話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロイド 第3話 活動記録


2.5話にて、暗殺者相手にジョウテッドも守りきれなかった事を悔いたロイドは、強くなる為更に冒険を重ねる事を決意。
象退治の依頼を見つけるものの、ブルーには前衛攻撃力が足りない。
その時、ネコ・トゥーカーブがロイドに絡み、ジョウと一悶着あった末、求めていた前衛攻撃能力を持った人材であることが分かり、一緒に依頼を受ける事に。

ネコは十分に能力を発揮し、容易く依頼を達成。
ロイドはネコをギルドに勧誘することをジョウに進言し、ネコはそれを受けた。
その後ネコとじゃれあうジョウを見、もう少し大人しく出来ないものかと思う反面、喧嘩できる相手が出来たことを喜ばしく思うロイドだった。


【関連】