ジョウ 第5話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョウ 第5話 活動記録


カナンの神殿でジョウはシルヴァにペンダント"ブルー"を渡すよう迫られていた。
シルヴァの剣幕に押され、ジョウはペンダントを渡してしまう。
ロイドとネコにその事情を説明していると、ロイドの方に神殿から徴用が掛かる。

ラインにて大量のアリ型クリーチャーが発生していてアコライトの応援がいるのだという。
ジョウはロイドとネコを送り出し、一人でリコリスを回復させようと決意する。
まずはリコリスの容態を知るため、セージを探して奔走するジョウ。
酒場にて協力者のリアナ、レヴィン、アイシャを得て神殿に引き返す。
レヴィンとアイシャにリコリスを診てもらうが詳しいことは判らず、
ロクサールの森に住んでいるという魔女の知恵をかりることに。

ロクサールの森にて
  • 槍を探している戦乙女がいたが熱くスルー

森を抜け、魔女シニカの家までたどり着いた一行。
渋るシニカの「なんでも言う事を聞く」という条件を飲んでリコリスを診てもらえることに。
シニカがリコリスを診て下した判断は「彼女には竜、妖魔、人間の三種類の血が混ざっている」というものだった。
彼女の談によればそれら三種の血は魔術で均衡が保たれているらしく、今回の異常は過剰な瘴気に当てられてそのバランスが崩れたためだという。

シルヴァ経由で妖魔化の治療を研究しているク・バルカンというジジイを紹介してもらい、
彼から妖魔化を抑えるアンプルを貰う。
それをリコリスに投与し、なんとか容態は安定した。


【関連】