レヴィン・トーフォード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 レヴィン・トーフォード


クラス(プリースト/メイジ)


  • 性別:♂
  • 年齢:86
  • 種族:エルダナーン
  • 身長:178cm
  • 所属:孤独のグルメ

  • 髪の色:青
  • 瞳の色:青
  • 肌の色:白

「君に幸あれ」

「花に誓いを、世界に光を」

「こらっ、駄目じゃないか。無理しちゃ」


霧の街“スピアルゾン”発の巡礼司祭であり、その地位は高司祭級である青年。
物腰穏やかで心優しく、弱きを救う生粋の聖職者。面倒見も良くまさに理想の近所のお兄さん(ぁ
光の精霊であるウィル・オ・ザ・ウィスプと契約を結んだコンダクター。精霊の名はうぃる君。
女王エアルフィンより勅命を受け、「紅き霧事変」解決の協力者を探すため旅に出た。

旅先でアイシャと出会い彼の運命の歯車は大きく動き出す。
彼女の性質をいち早く見抜いた彼は、彼女の面倒を見る使命を己に課す。
以後は彼女の良き理解者兼保護者として彼女の行く道を支えている。
彼女を連れスピアルゾンに帰還した彼はクレイズと出会い行動を共にするようになる。
本来の目的である事件の解決が主な要因だったが、現在はそれ以外の絆と呼べる何かを感じているようだ。

【以下各キャラクターからのご意見】
アイシャ「駄目な事をわかるように怒ってくれるのはレヴィンくらいなのだ」
リアナ「一緒に居ると安心する人ってこういう人の事を言うんだろうな。お兄ちゃんがいたらこんななのかも」
エリック「ミクのお姉ちゃんの情報をくれた、頭がいい人と見た!!」