第四話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[ストーリー] -ブルーSide-
機械技師達の年の祭りが開かれると聞き、ブルーの面々はカナンへと向かった。
そこでロイドロイと再会する。時を同じくしてジョウは女改造技師のマキナと遭遇する。
その夜、ジョウ達はマキナの家に泊まることとなるが、謎の爆音で目を覚ます。
カナンの町は炎に包まれていた。灰色の邪術師エルキュール・ガンダルフによる侵攻劇の始まりである。
ジョウとロイドは体調の悪かったリコリスネコとマキナに託すと、街の調査へと向かう。
数多の魔族を掻い潜り、居合わせた武人とも協力し、何とか神殿の奪還に成功。
しかしその頃には各所の敗戦の色濃く、ガンダルフ達が撤収した時には街は見るも無残な姿になっていた。
疲労困憊でマキナの家に戻ると、そこに彼女の姿はなかった。時を同じくしてロイの家族も奪われていた。
合流し、ジョウ達は己の無力を強く噛み締めていた。
そんな折。ジョウは街の神官シルヴァから、新たな事実を突きつけられるのである。

[ストーリー] -シルヴァーSide-

[ストーリー] -唐繰丸Side-
カッツセーバートトらと共に見事に賞金首の盗賊団を壊滅させたメイヤと唐繰丸。
協力してくれたセーバーとトトには違う目的があり、二人はそれに協力する事となった。
初めての遺跡探査に浮かれるのもつかの間、そもそも準備の段階で事件は発生する。
「…アリだー!」 ラインに巨大な蟻が大量発生したのである!
カッツと合流し一行は神殿へと足を運ぶ。そこで神官長のランディアに事件の調査を依頼される。
突然の事態にも一行は慌てなかった。元凶がトト達の行こうとしていたダンジョンだと判るや否や、
一行は協力し未だ蟻があふれ出ている穴へと強行突入。カッツの後押しを受け一行は元凶の居る部屋までたどり着く。
原因は際限なく卵を産み、謎の杖を手に入れ力を持ったインフェストアントクィーンだった。
敵の蹂躙を掻い潜り、蟻達を蹴散らして、一行は何とかこの魔獣を倒す事に成功する。
とんだ冒険になったとお互いを認め合う一行。そんな中、メイヤと唐繰丸は功績を讃えられ冒険者銀メダルを得る。

[PC]
ジョウ登場
ロイド登場
シルヴァー登場
唐繰丸登場
メイヤ登場

[公式NPC]
シルヴァ登場 NEW!
シグ登場 NEW!
フィリス登場
ランディア登場 NEW!


[オリジナルNPC]
【ブルーSide】
リコリス登場
ネコ登場
ロイ登場
マキナ登場
ゼノン登場

【シルヴァーSide】

【唐繰丸Side】
カッツ登場
セーバー登場
トト登場