※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雪は固くなり、道は氷の板になる冬の一番寒い日々には簡単にバランスを崩し渓谷の罠に落ちてしまう。
昔も今もとりわけ谷の女性にそれは多かった。なぜなら際限のない雪解けから自由になると、彼女たちは寒い月に男たちによって製造されたキ木の品物を積んだ背負いかごを持って平原へと降りていくからだ。それはキッチン用品や、彩色されたお面、十字架や聖母像であった。
ほかの村やほかの時では彫刻家、石工、刃物売り、時計職人になるべく生まれてくるように、キアーゾの谷ではだれもが木の彫り物師や彫刻家になるべく生まれてくる。
平原では女が、食堂に供給し、空腹に戦い、生存に必要なあらゆるものをかごに積んで帰ってくる。(p. 32, line 15~17が抜けてますww)
我々の生活は平野に頼っている。なぜなら村では牛乳と家畜の肉しか作れず、かつては羊毛と木製の機織り機で作られた重い服しかなかったからだ。平原の人々の手の人質のようなもので、我々の存在は彼らの気分に左右されていた。
(冬が)道や小道が滑りやすく通れない道にするから、冬の前にどの家族も自分の備蓄庫のために、多くの備蓄を余裕を持って用意しなければならない。
そのために、平野にカゴに様々なものを積んだ多くの輸送が必要だった。物置の中にふくろづめされたとうもろこし、くり、麦を一列に並べ、塩の山、ワインや油の瓶を供給する必要があった。スパイスの香りで飽和したワインの貯蔵庫の鉄のフックに一年中育てた豚のサラミやソーセージをつるさなければならない。そして、棚にはチーズの丸い塊やバターのパンも並んでいた。ほぼすべての家族が冬を乗り切り、無事に春を迎えると、予想外の病気や不運に備えて、わずかなお金を準備するために、冬が越した後、彼らは牛を売ったり夏の間牧場を保たなくてはならない。
冬が北から吹く冷たい風の長い遠吠えとともに近づくと、我々は子供も大人もひそかなハッキリしない不安や恐怖に追いつかれた。なぜなら、(冬の間は)家に閉じこもって、木を切って一日中ストーブにくべるため、戒厳令のように感じられたからだ。

(p.34 line22, L'inverno era una・・・から不明ww)