ペットたち


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コタロー


朔矢のペット。
雑種犬のオス。
額に星のような白い模様がある。
朔矢が以前飼っていたと言う雑種犬のタローより一回り体が小さい事からこの名がついたが
コタローは『ダセェな』と感想を洩らす。
見た目は可愛らしいが強気で腹黒い面を持つ。





クルミン


シマリスのメス。
ペット達の中で唯一飼い主が不明。
見た目に似合わないギャル口調で喋る。
朝二や薫幸と言った人間の男子に恋してしまう事が多い。





クロマル


和弥のペット。
柴犬(黒)のオス。
普段は店の前で寝ている事が多い。
人に馴れており、店に来る人々に愛想を振りまいている。
陰ながら飼い主の和弥の恋を応援している。
リョースケとの仲は悪い様子。





リョースケ


つむぎのペット。
アライグマのオス。
前の飼い主に虐待され逃げ出した為、人間不信だった過去がある。
つむぎに介抱されてつむぎの優しさに触れ、つむぎとその家族のみ信頼するようになった。
飼い主に似て人懐っこい面もあるが竜ヶ崎と雨佐山にだけ牙を剥く(気に入らないかららしい)。
つむぎに1番懐いている様子。
また、タンポポと結ばれ夫となると同時に父親となった。





マーシャ


麻琴のペット。
フェネックのメス。
メスでありながら自分の事を『僕』と言う(僕っ娘)。
元はペットショップで売られていたが、不味い餌や汚い水などを出される事に嫌気が差し、ペットショップから逃げて来た。
行く宛て無く彷徨っていた結果、九重中学校の中庭にたどり着いたとされる。
麻琴の言葉に胸打たれ、瀬名家のペットとなった。
朝は玄関前に座って瀬名一家の送り出しや出迎えをする。





さくら


直のペット。
フェレット(セーブル)のメス。
ヤンキー口調で一人称は『アタイ』。
ちゃん付けで呼ばれると赤面する。





ジャスミン


春輔のペット。
パピヨンのオス。
オネエ言葉で喋るニューハーフ犬。去勢済み。
飼い主同様、リボンやイチゴ、ピンク色などが好きな乙女趣味。





メロディ


薫幸のペット。
チンチラのメス。
飼い主とは正反対と言っていいほど活発でポジティブ思考。
とにかく元気で『ひゃっほーい!』と言いながら走り回る。





セリーヌ


竜ヶ崎のペット。
スタンダード・プードルのメス。
高慢で潔癖症。
よく悲惨な目に遭う不幸体質。





アンドレ


雨佐山のペット。
ボルゾイのオス。
飼い主とは違って優しい性格をした犬。
雨佐山には逆らえないらしい。





キウイ


ゆかりのペット。
フサオマキザルのオス。
イタズラ好きで可愛い女の子に目がない(よく由貴やつむぎ、杏祷に跳びつく)。
果物のキウイが大好物であることからこの名がついた。










タンポポ


茅のペット。
アライグマのメス。
リョースケの初恋の相手として登場。一目でメスと分かるように首に桃色のリボンを巻いている。
人見知りが激しく、初対面だと飼い主の茅の後ろに隠れてしまう。
つむぎと茅に秘密で駆け落ちし、めでたく両思いになった上、子供まで授かった。
つむぎも茅も2匹の仲を認めている。





ルシファー


慎介のペット。
アライグマのオス。
タンポポの最有力の婿候補として登場。
高慢な王様気質でタンポポにしつこく迫るが、リョースケとタンポポが駆け落ちした事で負けを認める。
何故か慎介を『パパン』と呼ぶ。